メインメニューを開く

日経「星新一賞」(にっけい「ほししんいちしょう」)は、2013年より始まった日本経済新聞社が主催する理系的な発想に基づいたショートショート、および短篇小説を対象とした公募文学賞。ショートショート作品で知られた作家・星新一の名を冠している。

目次

概要編集

一般部門、ジュニア部門、学生部門(第3回から新設)[要出典]に分けて募集されている[1]。ジュニア部門は中学生以下、学生部門は専門学校を含む学校に在学中の25歳以下が対象[1]。日経新聞社と電通の協力による無料の「超ショートショートの書き方講座」などを開催し[2]テレビCMも放映された[1]

一般部門は人工知能など人間以外からの応募も可能[1]。その際は、連絡可能な保護者か代理人を立てる必要がある。受賞作は、日本経済新聞社より無料で電子書籍配信される。

賞創設の経緯編集

2009年に「小松左京賞」「日本SF新人賞」が相次いで休止されたことに危機感を抱いた日本SF作家クラブが、何らかの新人賞の創設を企図し「星新一賞」を前提にスポンサーを探していたところ、星新一の次女でハワイ在住の星マリナの紹介により電通CDC(コミュニケーション・デザイン・センター)と接触、電通CDC側の吉崎圭一プロデューサーも理系文学の構想を持っていたため、日経新聞社を主催者として2013年から応募が始まった[3][4]

人工知能(AI)との関係編集

公立はこだて未来大学とも賞新設を前提に接触がもたれており、これが「人工知能など人間以外からの応募も可能」となった経緯である[4]。現在は公立はこだて未来大学と、鳥海不二夫東京大学准教授などによる「きまぐれ人工知能プロジェクト 作家ですのよ」のプロジェクトが進行している[4][5]

第3回では、人工知能(AI)による小説の創作に取り組んでいる研究者らが、4編の応募を行い、1次審査を通過した作品もあったことを報告した[5]NHKの取材によれば、その時点ではAIが2割で、人間が8割というのが実感であるという[6]。人工知能が関わった小説は、合わせて11作品の応募があった[6]

選考委員編集

最終選考委員
中間選考委員

受賞作編集

一般部門は優秀賞以上、ジュニア部門・学生部門はグランプリのみ記載する。

応募総数 部門 受賞者 受賞作
第1回
 
(応募締切
2013年9月30日)
 
(審査結果発表
2014年3月12日)
3057 2546 一般 グランプリ(星新一賞) 遠藤慎一 「恐怖の谷」から「恍惚の峰」へ ~ その政策的応用
準グランプリ(IHI賞) 相川啓太 ピロウ
優秀賞(JBCCホールディングス賞) 春名功武 認証
優秀賞(東京エレクトロン賞 窓川要 朝に目覚ましの鳴る世界
511 ジュニア グランプリ(星新一賞) 松田知歩 おばあちゃん
第2回
 
(応募締切
2014年9月30日)
 
(審査結果発表
2015年3月4日)
1954 1187 一般 グランプリ(星新一賞) 相川啓太 次の満月の夜には
準グランプリ(IHI賞) 岩田レスキオ 墓石
優秀賞(JBCCホールディングス賞) 本間かおり ママ
優秀賞(東京エレクトロン賞) 馬場万番 世界が2019年を勝ち取るためのアイデアを募集します
優秀賞(アマダ賞) 遠無計太 神の双曲線
767 ジュニア グランプリ(星新一賞) 利根悠司 回路
第3回
 
(応募締切
2015年9月30日)
 
(審査結果発表
2016年3月7日)
2561 1449 一般 グランプリ(星新一賞) 佐藤実 ローンチ・フリー
準グランプリ(IHI賞) 人鳥暖炉 その空白を複製で
優秀賞(JBCCホールディングス賞) 相川啓太 第37回日経星新一賞最終審査 -あるいは、究極の小説の作り方-
優秀賞(東京エレクトロン賞) 佐原淘 プロテイナ
優秀賞(アマダホールディングス賞) 月立淳水 ビットフリップ
優秀賞(日本精工賞) 鈴木創 プラスチドα
763 ジュニア グランプリ(星新一賞) 新井清心 無色の美しさ
349 学生 グランプリ(星新一賞) 松尾泰志 2045年怪談
第4回
 
(応募締切
2016年9月30日)
 
(審査結果発表
2017年2月23日)
2572 1449 一般 グランプリ(星新一賞) 之人冗悟 OV元年
優秀賞(JBCCホールディングス賞) 良野一 天資に手を伸ばす
優秀賞(東京エレクトロン賞) 澤英明 パーフェクト・ケア
優秀賞(アマダホールディングス賞) 木山省二 水仙
優秀賞(日本精工賞) 本間かおり 赤い靴
807 ジュニア グランプリ(星新一賞) 上西那智 ボクのしょうかい。
255 学生 グランプリ(星新一賞) 佐久間真作 バベル以後

脚注編集