メインメニューを開く

星田 啓三(ほしだ けいぞう、1917年1月8日 - 1995年7月20日)は、将棋棋士。棋士番号36。大阪府大阪市出身。阪田三吉贈名人・贈王将門下。

 星田啓三 八段
名前 星田啓三
生年月日 (1917-01-08) 1917年1月8日
没年月日 (1995-07-20) 1995年7月20日(78歳没)
プロ入り年月日 1944年1月1日(26歳)(四段)
棋士番号 36
出身地 大阪府大阪市
師匠 阪田三吉贈名人・贈王将
段位 八段
戦績
2018年9月6日現在

目次

棋歴編集

  • 第1期順位戦で四・五段戦に参加。第2期順位戦ではC級西組。
  • 第3期順位戦からはC級1組。
  • 第8期順位戦からはB級2組に昇級。
  • 第10期順位戦からはC級1組に降級。
  • 第11期順位戦からはC級2組に降級。
  • 第12期順位戦のC級2組で降級となり、「予備クラス」(旧 三段リーグの当時の呼称)に陥落。
  • 「予備クラス」には1959年後期まで在籍し、第15期順位戦のC級2組への復帰を果たす。
  • 54歳になった年の第21期(1971年度)王将戦一次予選を勝ち抜き、二次予選で塚田正夫加藤一二三を破り、挑戦者決定リーグに進出。リーグ戦では1勝6敗に終わるも、その1勝は当時棋聖に在位していた中原誠から挙げたものである。
  • 第28期順位戦のC級2組で降級点3回となり、降級が決定。
  • C級2組からの降級により引退となるところ、規定変更により順位戦以外の棋戦での対局が認められる[1]

弟子編集

なし

人物・エピソード編集

  • 初の「三段リーグ」陥落からの順位戦C級2組への復帰者。
1958年度順位戦・C級2組での降級により、1958年前期から「予備クラス」(旧 三段リーグの当時の呼称)に陥落。
1959年「予備クラス」後期で関西優勝、東西決戦で平野広吉に勝ち、1961年度順位戦へのC級2組に復帰。C級2組から「予備クラス」を経てC級2組に復帰した初のケースとなった。
  • 初の「C3」制度適用者の一人
第28期順位戦のC級2組からの降級が決定し、引退となるところ、規定変更により順位戦以外の棋戦での対局ができる「C3」制度が認められ、初の適用者2名のうちの一人となる(もう一人は橋本三治[1]

昇段履歴編集

  • 1933年 入門
  • 1944年1月1日 四段
  • 1947年5月10日 六段(順位戦C級上位)
  • 1973年 七段(贈七段:表彰感謝の日表彰)
  • 1986年3月31日 引退[2]
  • 1993年 八段(贈八段:将棋の日表彰)

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b 棋士生命にも影響する順位戦・C級2組の降級制度の変遷 - 田丸昇のと金横歩き・2010年8月13日
  2. ^ 将棋連盟の棋士データベースでは、引退日が「1993年11月1日」になっているが、公式戦の現役最終局は1986年3月27日棋王戦予選・本間博戦であり、1986年度以降の公式戦には参加していない。

外部リンク編集