メインメニューを開く

星 純夫(ほし すみお、1952年7月31日 - )は、日本の俳優福島県出身[1]

人物編集

中学を卒業後、親戚の経営する建設会社に就職して5年間勤務する[1]

その後、役者を志して建設会社を退職。「劇団あすなろ」に入団[1]東映演技研修所でもレッスンを積んで、1976年に研修終了[1]

1975年、CMで『がきデカ』の主人公・こまわりくん役に扮して有名となる。当時のインタビューでその件について聞かれ、「街を歩いてると、周りが振り返って笑う。シャクにさわるが、CMの影響は強いと思った」[1]とコメントしている。

出演作品編集

テレビドラマ編集

映画編集

出典編集

  1. ^ a b c d e 福島民友 1976年6月2日。