星野 伸之(ほしの のぶゆき、 1966年1月31日 - )は、北海道旭川市出身の元プロ野球選手投手)。野球解説者野球評論家、野球指導者。

星野 伸之
Hoshino nobuyuki.jpg
2012年7月8日、QVCマリンフィールドにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 北海道旭川市
生年月日 (1966-01-31) 1966年1月31日(51歳)
身長
体重
183 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1983年 ドラフト5位
初出場 1985年7月9日
最終出場 2002年10月14日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

タイトル獲得は多くないものの、11年連続二桁勝利を記録するなど、パ・リーグを代表する投手として活躍した。その実績と端正な顔立ち、およそ野球選手らしくない細身な体型から同リーグの西崎幸広阿波野秀幸渡辺久信らと共に「トレンディエース」と呼ばれ[1]、「星の王子さま」の愛称で親しまれた(「トレンディエース」の時代背景等は西崎の項を参照)。

目次

経歴編集

現役時代編集

北海道旭川市出身。土地柄、阪急との接点はほとんどなかったが、家に山田久志福本豊山口高志のポスターが貼ってあり、兄と一緒に日本シリーズで見た山田や山口のフォームを真似していたという[2]

旭川工業高校から1983年ドラフト5位で阪急ブレーブスに入団。後述するように細身で球も速くない星野はプロでやっていく自信は全くなかったが「大学に入るつもりで4年間は頑張ってみよう」と思い入団を決意した[2]

ルーキーイヤーの1984年に阪急は優勝しているが、星野の一軍登板はなかった。2年目の1985年に一軍初登板、今井雄太郎をリリーフした試合でプロ初勝利を挙げた。1987年には、パ・リーグ5球団完封を含むリーグ1位の6完封を記録して11勝、以降1997年まで11年連続2桁勝利を挙げ、1995年1996年のリーグ連覇にエースとして大きく貢献した。1989年と1996年には最高勝率のタイトルも獲得。

1999年にチームメイトのイチロー戎信行と共にメジャーリーグシアトル・マリナーズの春季キャンプに参加した。オープン戦では、対サンディエゴ・パドレス戦で先発するも1回2/3を投げて3本塁打を含む8失点と精彩を欠き、2試合で0勝1敗・防御率27.00の成績が残っている[3]

2000年FA権を行使して阪神タイガースに移籍。そのとき阪神を選んだ一つの理由にはオリックスの本拠地が神戸市に移っても西宮市[要出典]に在住していたためでもある。2年連続で開幕投手を務めたが、2001年に患った頻脈が原因で2002年に現役引退。このとき球団からは「星野君、来年も」と言われていたという。

現役引退後編集

2003年から2005年まで関西テレビフジテレビ野球解説者サンケイスポーツ野球評論家を務め、プロ野球マスターズリーグの札幌アンビシャスに参加。2006年から2009年まで阪神の二軍投手コーチを務めた。

2010年から、オリックスの一軍投手コーチへ就任した。6月8日より自律神経失調症の治療のために休養に入った[4]が、6月22日より復帰。残りシーズンおよび2011年には、体調面などを考慮しながら、二軍投手コーチを務めた。

2012年5月22日に、小林宏と入れ替わる格好で一軍投手コーチに復帰。2016年から二軍育成コーチに就任したが、同年4月17日には、酒井勉と入れ替わる格好で一軍投手コーチへ再び復帰した。2017年も引き続き一軍の投手部門を担当していたが、シーズン中に体調不良を訴えたため、6月23日から一時休養。球団ではこの休養を機に、一軍のブルペン担当コーチだった平井正史を星野の代役(ベンチ担当)、二軍投手コーチから小林を一軍のブルペン担当に異動させるという措置を暫定的に講じた[5]。星野自身は、体調が回復した同年7月1日から、二軍の練習に同行[6]7月11日には、星野に二軍、小林に一軍を担当させることが球団から正式に発表された[7]。10月2日に来年度の契約更新を行わない旨を通告された[8]

選手としての特徴編集

プロ野球選手としては非常に細身な体型で、最速130km/hそこそこの速球に70~90km/h台のスローカーブ、110km/h前後のフォークボールという、先発投手としては非常に少ない球種で勝負する異色の投手だった。球速の遅さにまつわる逸話として、1990年9月20日の対日本ハム戦(東京ドーム)で星野のすっぽ抜けたカーブを捕手中嶋聡右手で直接捕球し、星野を超える球速で返球したことで失笑が起こった。ベンチに帰り星野は「素手で取るなよ。ミットが動いてなかったぞ」と機嫌を悪くしていたが、中嶋は「ミットが届かなかったんです」と誤魔化し事態は収まった[9]。ちなみに中嶋は1995年のオールスターで行われたスピードガン競争で146km/hを記録するなど球界屈指の強肩捕手だった。他にも完封されたチームの打者から「今日の星野は一段と遅かった」と言われるなど球速の遅さにまつわる話題は枚挙にいとまがない。

しかし、しなやかに腕を振る投球フォームから投げる速球は伸びがあり、1989年頃からはテイクバックを小さくして投げる直前まで左手を体の横に隠すフォームにした。これにより打者からは投げる瞬間まで握りが見えず球種が読みにくく、ボールの出所も見えにくくなった。これらに加え40km/h以上のスローカーブとの緩急差により打者には速球が数字以上に速く見えたと言われる。その緩急差に、梨田昌孝は「ストレートが一番速かった投手は?」という雑誌の取材に対し星野の名を挙げて「あまりにも速く感じて金縛りのようになった」と語り、初芝清は「(当時日本最速の158km/hを記録した)伊良部より星野さんのほうが速いと思う」と発言、清原和博は「星野さんのストレートが一番打ちにくい」と評し、他にも中村紀洋タフィ・ローズなど複数の打者が星野のボールは速かったと証言している。また、トニー・バナザードは星野のストレートの遅さと、それにもかかわらず打てないことからかなり苛立ち、よく星野に向かって怒っていたという[2]

星野の特徴にいち早く気がついたのが入団時の捕手だった中沢伸二で、星野の新人時代、「球は遅いけど、なかなか打てない面白いピッチャーがいるぞ」と二軍に調整に来ていた山沖之彦に話していた[2]

奪三振が多く、2015年シーズン終了時点で日本プロ野球歴代21位の通算2041奪三振を記録している[注 1]。また通算与四球率3.13と制球力はあまり良くなく、球速の遅い投手ではあるものの伸びのあるストレートと少ない球種で三振を奪っていた。また129完投を記録している。

人物編集

少年時代からプロ入りを目指していたが、180cm台の身長に対して体重65kgが精一杯という華奢な体格にプロの水準には遠く及ばない球速から、プロ入りは無理と酷評されていた。しかし、それをバネにして力任せや球威偏重ではない独自のスタイルを洗練することでプロ入りを果たし、球界を代表する投手の一人にまで上り詰めた。星野と同学年で同じく「球の遅い一流投手」に山本昌香田勲男小宮山悟などがいる。

北海道出身だったことから、当時の阪急の主力投手であった山田久志秋田県出身)、今井雄太郎新潟県出身)、佐藤義則北海道出身)ら北国出身の先輩に可愛がられ、3人の「北の会」にも入れてもらった[2]。佐藤、今井は豪快だったが山田は自己節制も厳しく、星野は山田に「オーラを感じた。一流ってこういうものかと思った」と語っている[2]

テレビゲームではゲームの仕様やシステムの都合上、実際の球速を忠実に再現すると、現実通りに活躍させることが難しくなることから、ファミリースタジアムシリーズでは1990年版までは138km/h - 140km/h、「燃えろ!プロ野球シリーズ」では140km/h - 149km/h、実況パワフルプロ野球シリーズでは130km/h台後半と実際の球速よりもかなり速い設定となっていた。

漫画『ドカベン プロ野球編』では、登場人物である山田太郎をカモにすると描かれていた。水島漫画では『遅球王』とも[要出典]

阪急時代に親会社の阪急電鉄の1988年初詣CMにて、当時宝塚歌劇団所属だった天海祐希と共演している。

家族については、1989年(平成元年)、前年のミス・ユニバース・ジャパンであり、同年のミス・ユニバース世界大会でも第4位となった坂口美津穂と結婚した。結婚後、坂口は専業主婦となり、2人のあいだには娘2人と息子1人ができた。二女の芽生(めばえ)は女優・タレントとして芸能界にデビューしている。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1985 阪急
オリックス
17 3 0 0 0 2 2 1 -- .500 220 46.1 43 5 39 2 1 43 1 0 26 23 4.47 1.77
1986 35 20 4 0 0 9 8 0 -- .529 664 153.0 145 27 68 2 3 129 5 0 69 66 3.88 1.39
1987 29 28 13 6 3 11 12 0 -- .478 738 179.0 138 16 67 2 3 170 8 1 81 77 3.87 1.15
1988 27 27 16 1 0 13 9 0 -- .591 862 209.0 168 29 79 2 1 163 3 0 85 71 3.06 1.18
1989 28 27 11 4 2 15 6 0 -- .714 808 194.0 173 24 78 0 2 160 11 0 78 75 3.48 1.29
1990 27 27 10 1 2 14 9 0 -- .609 810 190.1 188 33 60 0 1 163 4 0 100 85 4.02 1.30
1991 28 25 9 1 1 16 10 1 -- .615 806 193.2 165 17 75 1 0 138 6 0 82 76 3.53 1.24
1992 27 25 16 5 2 13 9 0 -- .591 826 196.2 188 17 66 1 3 175 9 0 81 79 3.62 1.29
1993 25 24 13 2 1 10 12 0 -- .455 760 185.1 172 10 52 2 3 153 5 0 73 69 3.35 1.21
1994 22 22 8 0 1 10 10 0 -- .500 610 143.1 143 14 49 2 3 119 0 0 73 57 3.57 1.34
1995 24 24 3 0 0 11 8 0 -- .579 647 156.2 133 15 51 1 1 112 4 0 65 59 3.39 1.17
1996 22 22 6 3 2 13 5 0 -- .722 594 144.2 137 9 38 1 1 85 2 0 54 49 3.05 1.21
1997 29 29 9 2 1 14 10 0 -- .583 845 202.2 194 16 54 1 2 121 3 0 87 73 3.24 1.22
1998 22 22 4 2 1 6 10 0 -- .375 570 128.1 152 15 47 2 2 76 6 0 76 73 5.12 1.55
1999 26 26 4 1 1 11 7 0 -- .611 669 156.2 151 16 62 1 1 96 4 0 77 67 3.85 1.36
2000 阪神 21 21 3 1 0 5 10 0 -- .333 515 122.2 120 14 30 3 5 85 2 0 59 55 4.40 1.22
2001 10 5 0 0 0 1 2 0 -- .333 126 29.1 32 4 5 1 2 28 1 0 15 15 4.60 1.26
2002 8 7 0 0 0 2 1 0 -- .667 153 37.2 33 1 7 0 2 25 0 0 10 10 2.39 1.06
通算:18年 427 384 129 29 17 176 140 2 -- .557 11223 2669.1 2475 282 927 24 36 2041 74 1 1191 1079 3.64 1.27
  • 阪急(阪急ブレーブス)は、1989年にオリックス(オリックス・ブレーブス)に球団名を変更

タイトル編集

表彰編集

  • 月間MVP:1回 (投手部門:1989年9月)

記録編集

初記録
  • 初登板:1985年7月9日、対ロッテオリオンズ13回戦(川崎球場)、8回裏1死に2番手として救援登板・完了、2/3回無失点
  • 初奪三振:同上、8回裏に芦岡俊明から
  • 初勝利:1985年7月29日、対西武ライオンズ14回戦(阪急西宮球場)、2回表1死に2番手として救援登板・完了、7回2/3を1失点
  • 初先発:1985年8月15日、対近鉄バファローズ16回戦(平和台球場)、4回1/3を4失点で敗戦投手
  • 初セーブ:1985年10月7日、対近鉄バファローズ25回戦(藤井寺球場)、6回裏2死に2番手として救援登板・完了、3回1/3を1失点(自責点0)
  • 初先発勝利:1985年10月13日、対南海ホークス25回戦(阪急西宮球場)、6回3失点(自責点2)
  • 初完投勝利:1986年5月11日、対南海ホークス7回戦(大阪球場)、9回2失点
  • 初完封勝利:1987年4月14日、対西武ライオンズ1回戦(阪急西宮球場)
  • 初安打:2000年6月6日、対読売ジャイアンツ10回戦(東京ドーム)、3回表に工藤公康から二塁内野安打
節目の記録
  • 1000投球回数:1991年5月2日、対日本ハムファイターズ5回戦(グリーンスタジアム神戸) ※史上239人目
  • 1000奪三振:1992年5月6日、対近鉄バファローズ6回戦(藤井寺球場)、11回裏に石井浩郎から ※史上84人目
  • 100勝:1993年8月17日、対日本ハムファイターズ18回戦(東京ドーム)、先発登板で8回2失点 ※史上108人目
  • 1500投球回数:1993年9月1日、対福岡ダイエーホークス23回戦(北九州市民球場) ※史上136人目
  • 1500奪三振:1995年8月20日、対福岡ダイエーホークス22回戦(グリーンスタジアム神戸)、2回表に安田秀之から ※史上38人目
  • 2000投球回数:1997年4月8日、対西武ライオンズ1回戦(西武ライオンズ球場) ※史上74人目
  • 150勝:1997年9月13日、対西武ライオンズ22回戦(グリーンスタジアム神戸)、9回3失点完投勝利 ※史上41人目
  • 2500投球回数:2000年4月23日、対ヤクルトスワローズ4回戦(阪神甲子園球場)、1回表に佐藤真一を中飛で2死目をとり達成 ※史上40人目
  • 2000奪三振:2001年8月1日、対ヤクルトスワローズ18回戦(阪神甲子園球場)、9回表にアレックス・ラミレスから ※史上17人目
その他の記録

背番号編集

  • 53 (1984年 - 1986年)
  • 28 (1987年 - 1999年)
  • 34 (2000年 - 2002年)
  • 70 (2006年 - 2009年)
  • 71 (2010年 - )

登場曲編集

関連情報編集

著書編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 星野と同じ時期に150km/h台の速球を武器に活躍した槙原寛己は通算2111奪三振である。

出典編集

  1. ^ キビタキビオ (2014年6月1日). “イケメンエースなんてまだまだ青い! 『俺たちの時代』を語り尽くそう 〜トレンディエース編〜”. BASEBALL KING. フロムワン. 2015年9月19日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 『阪急ブレーブス 黄金の歴史 1936→1988 よみがえる勇者の記憶』 ベースボール・マガジン社2011年[要ページ番号]ISBN 9784583617756。「山沖之彦との対談」
  3. ^ Bob Finnigan (1999年3月24日). “Growing Pains -- Ryan Anderson -- M's Young Pitcher Learning To Control His Mouth” (英語). シアトル・タイムズ. http://community.seattletimes.nwsource.com/archive/?date=19990324&slug=2951277 2016年11月9日閲覧。 
  4. ^ 星野コーチが休養=プロ野球・オリックス”. 時事通信 (2010年6月8日). 2010年6月8日閲覧。[リンク切れ]
  5. ^ オリックス・星野一軍投手コーチが体調不良で休養”. サンケイスポーツ (2017年6月23日). 2017年7月7日閲覧。
  6. ^ 体調不良のオリックス星野コーチ、1日ファーム合流”. 日刊スポーツ (2017年6月30日). 2017年7月7日閲覧。
  7. ^ 体調不良のオリックス星野伸之コーチ、二軍担当に”. 日刊スポーツ (2017年7月11日). 2017年7月11日閲覧。
  8. ^ コーチ人事のお知らせオリックス・バファローズ公式サイト 2017年10月2日配信
  9. ^ 『プロ野球「絶対エース」の豪腕伝説』 宝島社別冊宝島〉、2009年[要ページ番号]ISBN 9784796666701
  10. ^ 月刊タイガース』、阪神タイガース、2000年5月、 45頁。

関連項目編集

外部リンク編集