星野 智樹(ほしの ともき、1977年7月29日 - )は、三重県員弁郡東員町出身の元プロ野球選手投手)。左投左打。

星野 智樹
Hoshino tomoki.jpg
西武時代
(2011年8月30日、こまちスタジアムにて)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 三重県員弁郡東員町
生年月日 (1977-07-29) 1977年7月29日(40歳)
身長
体重
179 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1998年 ドラフト3位
初出場 1999年4月6日
最終出場 2013年7月12日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

経歴編集

プロ入り前編集

1977年に三重県員弁郡東員町で生まれる。三重県立四日市工業高等学校に進学後は、1995年第77回全国高等学校野球選手権大会において、三重県予選2回戦(対三重県立鳥羽高等学校戦)でノーヒットノーランを達成するが、甲子園出場は果たせなかった。

高校卒業後はプリンスホテルに入社し、1998年のドラフト会議において西武ライオンズから3巡目で指名を受け、入団。背番号は26

西武時代編集

1999年4月6日の対日本ハムファイターズ戦(東京ドーム)で3番手としてプロ初登板を果たすと、2回2/3を無失点に抑え、当初から役割として求められていた左打者への対応を見事にこなした。同年5月2日の対福岡ダイエーホークス戦(福岡ドーム)でプロ初先発を果たした際は敗戦投手となるものの、同年5月29日の対福岡ダイエーホークス戦(福岡ドーム)で初勝利を先発で飾った。これ以降は松坂大輔の活躍もあって中継ぎに回ったが、16試合に登板して防御率3.47、32奪三振の成績を残した。

2000年からは本格的に中継ぎとして大車輪の活躍が求められたが、前年以上の安定した投球が発揮できずに防御率7.94と大幅に悪化、5回2/3で9四球と制球力に大きな課題を残した。

2001年は先発で2試合に登板したが、プロ初被弾を受けるなど防御率40.50と大幅に精彩を欠き、この年は先発した2試合のみの出場に終わった。これ以降も制球難から登板試合数が増えず、2002年は防御率こそ改善したものの前年の影響から8試合の登板に終わり、2003年は改善した防御率が再び悪化するなど、なかなか一軍に定着することができなかった。

2003年の日本シリーズをテレビ観戦していたところ、自身と同じ左腕投手である吉野誠阪神タイガース)がサイドスローで福岡ダイエーホークス打線を抑える場面を目にしたことで、投球フォームをサイドスローに変更した。これが功を奏し、2004年土肥義弘に代わって左のワンポイントとして一軍に定着、チーム最多となる56試合に登板して四死球が36個と制球難は改善されなかったが、防御率2.15と結果を残すことができた。

2005年から開始されたセ・パ交流戦においても好投を見せ、同年7月11日の対千葉ロッテマリーンズ戦(インボイスSEIBUドーム)でプロ初セーブを記録した。この年は前年と同じく56試合に登板し、左打者に対しては被打率.087(パシフィック・リーグ1位)という数字を記録した反面、右打者に対しては被打率.432(リーグ最悪)とかなり苦手にしていた。

2006年は自己最多となる58試合に登板し、これによって2004年から3年連続で50試合以上登板を果たしたが、2007年は左打者へのワンポイントから中継ぎ投手として起用されたものの、疲労から得意にしていた左打者に対しても痛打を浴びる場面が目立ち、4年連続50試合登板は果たせなかった。

2008年は前年まで左の中継ぎエースだった三井浩二の不振をきっかけに、左の中継ぎとして起用され、自己最多となる63試合に登板して防御率2.38、被本塁打0と、三井の抜けた穴を見事に埋めた。リーグ2位の29ホールドポイントを記録したが、川崎雄介(千葉ロッテマリーンズ)に2ポイント及ばず、最優秀中継ぎ投手のタイトルは獲得できなかった。セ・パ交流戦においては対戦したセントラル・リーグの打者20人に対して1人も安打・得点を許さない完璧な救援を果たし、とりわけ阪神タイガース打線に対しては打者11人に1安打も許さなかった。日本シリーズ(対読売ジャイアンツ戦)では第2戦・第3戦・第7戦に中継ぎで登板すると、小笠原道大へ死球を与えた以外は安打すら許さない完璧な投球を披露した。日本一が決まった第7戦では1点を追う場面での登板だったが、直後に逆転、最後はアレックス・グラマンが抑えたことで星野が勝利投手となった。リリーフ陣は不安定だったが、星野はその中で安定感抜群だった。アジアシリーズにも登板すると、予選リーグと決勝戦の計3試合に登板し、打者8人に対し無安打無失点と素晴らしい投球を見せるなど、公式戦からポストシーズンにかけて大きく飛躍した年となった。

2009年も交流戦でセ・リーグチームには13試合で1点も許さず、防御率0.00・7ホールドを挙げた。8月にはリーグ最多の14試合に登板して防御率1.35をマークし、同年9月15日の対千葉ロッテマリーンズ戦では「日替わり抑え投手」の中で3年ぶりのセーブを記録した。しかし、シーズン終盤から疲労や自滅によって降板することが多くなり、チームが3位争いをしている中で二軍降格となった。防御率4.08とやや安定感に欠けたが、チーム最多となる62試合に登板して23ホールドポイントを記録した。

2010年藤田太陽ブライアン・シコースキーと共に「勝利の方程式」として期待されたが、不調から精彩を欠く場面が多くなり、中盤には二軍降格となった。

2011年は前年より課題の四死球の比率は下がったものの、得意としていた左打者に打たれる機会が増えてしまい、クライマックスシリーズには登録されなかった。

2012年は開幕から中継ぎに起用されたが、制球が定まらずに6試合で防御率10.80の結果に終わり、同年10月1日に球団から戦力外通告を受けた[1]。その後、12球団合同トライアウトを受験して打者4人を無安打に抑えたことが評価され、11月26日に東北楽天ゴールデンイーグルスとの契約が発表された[2]。背番号は当初25と発表されていたが[3]アンドリュー・ジョーンズの入団によって00へ再変更された[4]

楽天時代編集

2013年は新天地である楽天の1軍で開幕を迎え、左のワンポイントリリーフとして起用された。しかし防御率12.71と全く通用しなかった上に、投球回を上回る四死球を記録する等の不安定さが露呈し7月12日の登板を最後に登録を抹消される。10月4日、球団より戦力外通告を受けた[5]。その後自身のブログにて15年続けた現役を引退することを発表した。

現役引退後編集

引退後は、文化放送ライオンズナイターのベンチサイドリポーターの他、西武時代からのインタビューコーナー「智樹の部屋」を放送している。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1999 西武 16 5 0 0 0 1 3 0 -- .250 198 46.2 49 0 23 0 0 32 0 0 19 18 3.47 1.54
2000 9 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 31 5.2 5 0 9 1 0 6 1 0 5 5 7.94 2.47
2001 2 2 0 0 0 0 1 0 -- .000 15 1.1 9 1 2 0 0 0 0 0 6 6 40.50 8.25
2002 8 0 0 0 0 2 0 0 -- 1.000 38 8.1 11 0 3 2 0 8 1 0 1 1 1.08 1.68
2003 8 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 64 13.0 18 1 7 0 1 12 1 0 10 10 6.92 1.92
2004 56 0 0 0 0 4 3 0 -- .571 199 46.0 26 0 31 2 5 59 0 0 12 11 2.15 1.24
2005 56 0 0 0 0 1 2 1 15 .333 176 37.2 35 4 22 2 5 40 1 0 16 13 3.11 1.51
2006 58 0 0 0 0 1 3 1 16 .250 149 36.2 21 4 16 2 2 39 1 0 17 16 3.93 1.01
2007 37 0 0 0 0 0 0 0 10 ---- 126 28.1 25 1 15 1 5 25 0 0 12 11 3.49 1.41
2008 63 0 0 0 0 4 1 0 25 .800 140 34.0 22 0 15 1 5 23 2 0 9 9 2.38 1.09
2009 62 0 0 0 0 1 1 1 22 .500 152 35.1 34 4 14 2 5 25 2 0 17 16 4.08 1.36
2010 27 0 0 0 0 0 0 0 8 ---- 63 13.1 14 0 8 0 2 10 0 0 12 12 8.10 1.65
2011 37 0 0 0 0 0 0 0 9 ---- 88 20.1 21 0 9 0 0 20 1 0 7 6 2.66 1.48
2012 6 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 19 3.1 7 0 2 1 0 4 0 0 4 4 10.80 2.70
2013 楽天 11 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 32 5.2 8 1 6 0 1 4 0 0 10 8 12.71 2.47
通算:15年 456 7 0 0 0 14 15 3 105 .483 1490 335.2 305 16 182 14 31 307 10 0 157 146 3.91 1.45

表彰編集

  • 東員町町民栄誉賞 (2009年)[6] ※受賞者第1号

記録編集

背番号編集

  • 26 (1999年 - 2012年)
  • 25 (2013年暫定)
  • 00 (2013年)

登場曲編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 埼玉西武ライオンズ選手来季契約について”. 埼玉西武ライオンズ (2012年10月1日). 2012年10月2日閲覧。
  2. ^ 契約合意に関して”. 東北楽天ゴールデンイーグルス (2012年11月26日). 2012年11月26日閲覧。
  3. ^ 星野智樹選手・森山周選手・福山博之選手の入団会見”. 東北楽天ゴールデンイーグルス オフィシャルサイト (2012年11月26日). 2012年12月16日閲覧。
  4. ^ 背番号変更のお知らせ”. 東北楽天ゴールデンイーグルス オフィシャルサイト (2012年12月13日). 2012年12月16日閲覧。
  5. ^ 来季の選手契約に関して楽天球団公式サイト2013年10月4日配信
  6. ^ 東員町町民栄誉賞”. 東員町. 2017年12月4日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集