星野立子賞(ほしのたつこしょう)は、財団法人上廣倫理財団が主催する俳句の賞。昭和期に活躍した星野立子の名を冠し、女性俳人を顕彰する目的で2013年に開始された。公募形式で、女性俳人の出版された句集が選考対象である。同時期に星野立子新人賞も開催しており、こちらは20歳以上、50歳未満の作者による未発表の投句50句を選考し、男女1名ずつを選出している。受賞は雑誌『俳句』(発行:角川文化振興財団)で発表され、受賞作の一部が掲載されている。

選者編集

受賞一覧編集

  • 第1回(2013年)
    • 星野立子賞 - 津川絵理子 『はじまりの樹』
    • 星野立子新人賞 - 抜井諒一 「秋ともし」、糸屋和恵 「姉妹」
  • 第2回(2014年)
    • 星野立子賞 - 西嶋あさ子 『的礫』
    • 星野立子新人賞 - 若杉朋哉 「一秋四冬」、馬場君江 「飛沫」
  • 第3回(2015年)
    • 星野立子賞 - 高田正子 『青麗』
    • 星野立子新人賞 - 小助川駒介 「消失点」、吉田林檎 「太古の空」
  • 第4回(2016年)
    • 星野立子賞 - 藺草慶子 『櫻翳』
    • 星野立子新人賞 - 涼野海音「手毬つく」、大西朋「初筑波」
  • 第5回(2017年)
    • 星野立子賞 - 駒木根淳子 『夜の森』
    • 星野立子新人賞 - 金澤諒和「静かな器」、秋山夢「朝な夕な」
  • 第6回(2018年)
    • 星野立子賞 - 瀬戸内寂聴 『ひとり』
    • 星野立子新人賞 - 小山玄黙「雲と父」、古川朋子「下睫毛」
  • 第7回(2019年)
    • 星野立子賞 - 対中いずみ 『水瓶』
    • 星野立子新人賞 - 小野あらた「去りぎは」、冨士原志奈「聖五月の懺悔」

外部リンク編集