星野 英彦(ほしの ひでひこ、1966年6月16日 - )は、日本ミュージシャンBUCK-TICKギターを担当。群馬県藤岡市出身。

星野 英彦
出生名 星野英彦
別名 ヒデ
生誕 (1966-06-16) 1966年6月16日(51歳)
出身地 日本の旗 日本, 群馬県藤岡市
学歴 群馬県立藤岡高等学校卒業
ジャンル ロック
職業 ミュージシャン
担当楽器 ギター
キーボード
コーラス
活動期間 1985年 -
2007年dropz
レーベル HAPPY HOUSE
事務所 BANKER
共同作業者 BUCK-TICK
dropz
公式サイト dropz|@Victor Entertainment
著名使用楽器
Burny・BSF-HH CUSTOM
Burny・LG-85BT MSV
バウハウス
ビートルズ
ディープ・フォレスト
など

1987年11月21日、BUCK-TICKの一員としてメジャーデビュー。 デビュー初期の頃は「HIDE」と表記されていた。愛称は「ヒデ」。

身長179cm。血液型はA型

2007年4月にソロ作品を「dropz(ドロップス)」名義でリリース。

目次

経歴編集

人物編集

バンドでの役割編集

  • BUCK-TICKにおいては主にリズムギターを担当。アルバム1作品につき2、3曲程度作曲する。基本的には今井寿の指向に合わせて作曲しているようであるが、「幻想の花」のように「どうしてもシングルで出したい」と主張した楽曲も存在する。総じてメロディアスで叙情的な傾向が強く、自身がアコースティックギターでバッキングを担うものが多い。
    • 曲数こそ今井より圧倒的に少ないもののファン投票で上位にランクインする楽曲も多く、ファンクラブ会報誌「FISH TANK」で行われた第1回アンケートでは好きな曲第1位に「JUPITER」が選ばれ(第二位は「さくら」)、『CATALOGUE 2005』リリースに際しHMVが行ったファン投票では「ミウ」が1位を[1]、またファンクラブ会報誌でのB面曲投票でも「ナルシス」が1位をそれぞれ獲得している。
    • また、過去に1曲だけ作詞を担当したことがある(『悪の華』の「PLEASURE LAND」)。『Mona Lisa OVERDRIVE』の「BLACK CHERRY」も櫻井敦司と星野の共作となっているが、星野が考えたのはサビの「BLACK CHERRY」というフレーズのみである。
    • 自作曲のレコーディング時はこだわりが強く、具体的な要求をしてくるケースが多いとのことである。ヤガミトールは「昔からヒデの方がこだわりが強い。本人のイメージとちょっと違うとチェックが入る(笑)。今井は面白かったらアリだから」と語っている。[2]
  • 1992年ごろよりキーボードを習い始め、一時期ステージ上でも演奏していた。近年は曲作りやレコーディングでこそ使用するものの、「ステージ上で演奏することは二度とない」と語っている。[3]
  • ギターとキーボード以外にもオールマイティに様々な楽器を演奏する。
  • BUCK-TICKで最初にオリジナル曲を作曲した。タイトルは「ソルジャー」[4]。後に「フリークス」と改名したが、結局お蔵入りとなり音源化もされていない[5]。本人いわくミディアムでマイナーコードの楽曲だったという。
  • デビュー当初は「やさしさ自然体」というキャッチコピーを付けられていた。雑誌のインタビュー記事でも無口で穏やかな雰囲気であることを記されることが多い。
    • 櫻井敦司曰く「バンドのオアシス」。デビュー当時の「メンバーを植物に例えると?」というインタビューでは「盆栽」に例えられていた[5]。また1980年代はメンバー内で最も顔が老けていると言われ、他メンバーから「(10年後のメンバーについて)ヒデだけいいジジイ」などと度々ネタにされていた。[5]

生い立ち編集

  • 3人兄妹の次男であり、5歳上の兄と4歳下の妹がいる[5]。実家はかつて鮮魚を中心とした食料品店を営んでいた。兄は現在ローランドにて開発の仕事をしている。また従姉妹は、通っていた大学の学園祭にバンドが出演するためのブッキングをしたり、「FULL VOLUME」という初のファンクラブを立ち上げ会報も作成するなど、インディーズ時代のBUCK-TICKの活動をサポートしていた。[6]
  • 幼少時代から背が高く、整列するとだいたい一番後ろだったという。[5]
  • 物心がついた頃より左耳の聴力障害を患っており、現在に至るまでまったく聴こえないという状態である。そのため、ステレオの感覚がよく分からないと語っている。しかし音楽活動をする上での支障はほとんどなく、むしろ日常生活の方がストレスを感じる機会が多いという。[6]
  • 群馬県立藤岡高等学校出身。小・中・高とサッカー部に所属。中学3年時にはゴールキーパーとして群馬県の中学選抜チームに抜擢されるほどの腕前だった[6]。現在の趣味はスノーボードであるなどスポーツマンな一面もある。
  • 高校時代にクラスメートだった樋口豊に連れられていったのがきっかけで、今井の実家に出入りするようになる。当時のバンドメンバーでは一番最後の加入となった。身長が高くルックスも良かったことから、当初樋口は星野をボーカリストに置こうと推していた。[6]
    • しかし星野と櫻井は「(バンド内で)自分1人だけ年下というのが嫌だったんだろう」とも推測している。[6][7]
  • 最初のギターは先輩から2万円で買ったグレコストラトキャスター[5]。当時はギターケースを持っていなかったため、紙袋に入れてネックがはみ出た状態で持ち歩いていた。[6]
  • 実家が食料品店だったことから、高校卒業後は調理師の専門学校入学を名目に上京。バンド活動と並行して調理師免許を取得し、ストレートで卒業している。料理に関してはBUCK-TICKメンバーでキャンプに行った際、料理長に抜擢されるほどの腕前である。[3]

その他編集

  • 2004年にBUCK-TICKの各メンバーがソロ活動を行う中、1人だけ表立った活動がなかった。これは何もしていなかったわけではなく、ボーカリストのスケジュールの都合や、自身のマイペースな性格から。またこの年以前からケリー・アリーをボーカリストとして想定したデモテープを制作していた。『音楽と人』の単独インタビューにおいても度々「BUCK-TICKとは別に、ある女性ボーカルを想定した楽曲を作っている。」と語っていた。
  • BUCK-TICKの他メンバー同様愛酒家であり、芋焼酎ワインがお気に入りである。一方で日本酒は苦手だという。
  • 初めて買ったレコードはピンクレディーの「ペッパー警部」とジューシーフルーツの「ジェニーはご機嫌ななめ」。
  • かつて「じゅぴ太」という名のトイプードルを飼っていた。「じゅぴ太」はファッションショーに出演したことがあり、ファンクラブの会報にも写真が掲載されていた。また「銀次」という犬を飼っていた時期もある。
  • 「STOP THE AIDS」の企画ファッションショーにモデルとして出演したことがある。
  • かつては喫煙者であったが、2005年頃より禁煙を始め、2006年に卒煙している。
  • 『音楽と人』の毎年7月号(6月発売)に単独インタビューを掲載されるのが恒例となっている。

エピソード編集

  • 2003年のツアー『Tour Here we go again!』のZepp Sendai公演において、「極東より愛を込めて」を演奏中にステージから落下したという珍エピソードがある[8]。ステージに戻った直後の星野は、樋口をして「今までに見たことのない顔」をしていたという[3]。本人も公式サイト上にて忘れがたい思い出と語っている[9]
    • 後に2007年のツアー『PARADE』同会場公演ではアンコールでわざとステージから飛び降り、オーディエンスを大いに沸かせた。
  • 1989年に今井がLSD使用により逮捕された際、新聞に誤って星野の写真が掲載されてしまった。
  • 上京した当初、今井に自宅のアパートを毎日のように荒らされ、用便をわざと流されなかったり、風呂の浴槽に味噌汁を作られたりしたなどの逸話がある。
    • 今井と同居していた時期には、今井が熟睡していたため家に入れず、玄関の外で夜明かしするはめになったというエピソードもある。
  • ツアー中、他メンバーよりも後からホテルに到着することになった際、「壁」という名前で予約されてしまったことがある。フロントで「壁です」と告げる星野をメンバーたちは物陰から笑って見ていたという。[3]

作品編集

BUCK-TICK、dropzでの活動については該当する欄を参照。

他作品へ参加編集

  • オムニバス アルバム 『DANCE 2 NOISE 001』(1991年10月21日
    「星野英彦」名義で参加。「Jarring Voice」を作詞・作曲・編曲し、ボーカルも担当した。事実上のソロ曲といえる。
  • ISSAY アルバム『FLOWER』(1994年9月21日
    「恋のハレルヤ」、「朝まで待てない」、「シーサイドバウンド」の3曲にギターで参加。
  • FAKE? アルバム『MARIL YN IS A BUBBLE』 (2006年11月22日
    「TURTLEDOVE(introducing THE GLOW ROOM)」にギターで参加。
  • 栗山千明 アルバム『CIRCUS』(2011年3月16日
    「深海」に作曲、編曲、プロデュース、ギターで参加。櫻井敦司も作詞で参加している。

CMソング編集

  • 株式会社エンパシ [EMPATHY] (2016年)
    同社のCM楽曲を担当。

参考文献・出典編集

  1. ^ HMV ONLINE”. BUCK-TICK Catalogue 2005. 2010年2月11日閲覧。
  2. ^ 『音楽と人』特別増刊「PHY」vol.8 インタビューより
  3. ^ a b c d ファンクラブ会報誌のインタビューより
  4. ^ 音楽と人 2003年7月号
  5. ^ a b c d e f BUCK-TICK LOVE ME (1989年 シンコー・ミュージックISBN 4-401-61275-2
  6. ^ a b c d e f Simply Life 星野英彦 (2012年 音楽と人ISBN 978-4-903979-17-5
  7. ^ ニコニコ生放送西川貴教のイエノミ!!』(第71夜)に櫻井敦司今井寿が出演した際のコメント
  8. ^ DVD「at the night side」にて確認することが出来る
  9. ^ B-T-B vol.23”. 2010年2月11日閲覧。

外部リンク編集