星野金吾
星野金吾

星野 金吾(ほしの きんご、1863年12月30日文久3年11月20日) - 1933年5月29日)は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍中将

経歴編集

新潟県出身。1880年(明治13年)1月、陸軍士官学校に入学。1882年(明治15年)12月、砲兵少尉任官。1884年(明治17年)7月、陸軍士官学校(旧5期)を卒業。1890年(明治23年)12月、陸軍大学校(6期)を首席で卒業。陸大勤務となる。日清戦争第3師団参謀として出征。

1901年(明治34年)2月、第1師団参謀長に就任し、1902年(明治35年)12月、砲兵大佐に昇進。日露戦争に出征し、旅順攻囲戦に参戦し苦闘を続けた。1907年(明治40年)11月、陸軍少将に進級し関東都督府参謀長となる。

1912年(大正元年)9月、参謀本部付に転じ、1913年(大正2年)8月、野砲兵監に着任し、同月、陸軍中将に進んだ。1916年(大正5年)8月、第17師団長に親補された。1918年(大正7年)7月、待命となり、1919年(大正8年)4月、予備役に編入された。

栄典・授章・授賞編集

位階
勲章等
外国勲章佩用允許

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第1034号「叙任」1886年12月9日。
  2. ^ 『官報』第2558号「叙任及辞令」1892年1月13日。
  3. ^ 『官報』第3535号「叙任及辞令」1895年4月16日。
  4. ^ 『官報』第4943号「叙任及辞令」1899年12月21日。
  5. ^ 『官報』第5920号「叙任及辞令」1903年3月31日。
  6. ^ 『官報』第7352号「叙任及辞令」1907年12月28日。
  7. ^ 『官報』第150号「叙任及辞令」1913年1月31日。
  8. ^ 『官報』第1236号「叙任及辞令」1916年9月12日。
  9. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1889年12月29日。
  10. ^ 『官報』第3578号「叙任及辞令」1895年6月5日。
  11. ^ 『官報』第3693号「叙任及辞令」1895年10月19日。
  12. ^ 『官報』第6426号「敍任及辞令」1904年11月30日。
  13. ^ 『官報』第1194号「叙任及辞令」1916年7月24日。
  14. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  15. ^ 『官報』第3578号「叙任及辞令」1895年6月5日。

参考文献編集

  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。