春なのに

柏原芳恵の楽曲

春なのに」(はるなのに)は、1983年1月11日に発売された柏原芳恵の12枚目のシングル。

春なのに
柏原芳恵シングル
初出アルバム『春なのに
B面 渚便り
リリース
規格 レコード
録音 1982年
ジャンル アイドル歌謡曲
レーベル フィリップス・レコード
作詞・作曲 中島みゆき(作詞・作曲)
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間6位オリコン[1]
  • 1983年度年間31位(オリコン)[1]
  • 2位ザ・ベストテン[1]
  • 1983年上半期10位(ザ・ベストテン)[1]
  • 1983年年間24位(ザ・ベストテン)[1]
  • 3位ザ・トップテン
  • 柏原芳恵 シングル 年表
    花梨
    よしえのクリスマス
    (企画盤)
    (1982年)
    春なのに
    (1983年)
    ちょっとなら媚薬
    (1983年)
    テンプレートを表示

    解説編集

    • 本楽曲は、シンガーソングライター中島みゆきが作詞・作曲を手掛けた。また、その後も中島は柏原に楽曲を提供している。
    • オリコンチャートでは最高位は6位まで上昇、33万枚以上を売り上げ、柏原にとって「ハロー・グッバイ」に続くヒットシングルとなった。公称シングル売上は61万枚を記録[2]。また、同曲で『紅白歌合戦』へ初出場を果たした。
    • 柏原は自著『恋人模様』で「芳恵が選んだシングルA面曲ベスト5」の1位にこの曲を挙げた[3]
    • 現在も卒業ソングの定番としてよく知られる楽曲である。
    • カップリングの「渚便り」は中島のカバー楽曲で、オリジナルは中島のアルバム『私の声が聞こえますか』(1976年)に収録されている。

    収録曲編集

    1. 春なのに (3分24秒)
    2. 渚便り (3分25秒)

    セルフカバー・カバー編集

    その他編集

    • 刑事ドラマ『太陽にほえろ!』第639話「春なのに…」は同曲をモチーフにした作品で、劇中でも2番が流れた。
    • 今上天皇の好きな曲としても知られている(この曲がきっかけで当時親王(皇孫)だった天皇は柏原のコンサートへ行き、コンサート後に柏原と初対面した)。

    参考文献編集

    • 『1971⇒1989アイドル・シングル大全集』

    脚注編集

    1. ^ a b c d e オリコンランキング情報サービス「you大樹」
    2. ^ 柏原芳恵『恋人模様―Lovely eighteen』(ボム!アイドル ブックス)、1984年、学習研究社、205頁。ISBN 4-05-100800-2
    3. ^ 柏原芳恵『恋人模様―Lovely eighteen』178頁。