メインメニューを開く

春の予感‐I've been mellow‐」(はるのよかん アイヴ・ビーン・メロウ)は、南沙織通算25枚目のシングル。1978年1月21日発売。発売元はCBS・ソニー

春の予感 -I've been mellow-
南沙織シングル
初出アルバム『I've been mellow
B面 もどかしい夢
リリース
規格 シングルレコード
ジャンル J-POPアイドル歌謡曲
時間
レーベル CBS・ソニー
作詞・作曲 尾崎亜美
プロデュース 酒井政利
チャート最高順位
南沙織 シングル 年表
木枯しの精
1977年
春の予感 -I've been mellow-
1978年
愛なき世代
(1978年)
収録アルバムI've been mellow
アンコール
(11)
春の予感 -I've been mellow-
(12)
テンプレートを表示

目次

解説編集

1978年、資生堂春のキャンペーン・ソングに起用された本楽曲は、シンガーソングライター尾崎亜美が他者に楽曲提供をした初めての作品にあたる。作詞・作曲・編曲すべてを尾崎が担当しているが、南沙織の全シングルA面楽曲中、作詞・作曲・編曲すべてが同一の作家によるものは本楽曲のみである。尾崎は同曲で、東京音楽祭ゴールデンカナリー賞作詞賞を受賞した。

2006年6月14日発売の35周年CD-BOXCynthia Premium』に付属のシンシア本人解説によると、レコーディングは歌い方が「沙織節」にならないよう、厳しく行われたとのこと。

本楽曲の歌詞中に「ワイン」というフレーズが登場するが、これについて尾崎は「(楽曲制作した当時)透明感のある南沙織を見たとき、ワインのイメージが浮かんだ」と、NHK音楽番組『第89回 SONGS[1]』に出演した際、自らのナレーションで明らかにしている。

PV集『Hello!Cynthia』(1984年11月21日発売[2])には、ミュージック・ビデオが収録されている。ただし、フルコーラスでは収録されておらず、フルサイズが現存するかは不明である。またこの映像は、上記『第89回 SONGS』の冒頭一番で放送された。

資生堂のコマーシャルソングを集めたコンピレーション・アルバム『音椿 〜The greatest hits of SHISEIDO〜 赤盤[3]』に収録されたほか、春の曲を集めたアルバム『春の桜と優雅に語らう17の知恵[4]』、『春歌[5]』にも収められている。なお、本楽曲は1990年代にDDI(当時「DDI」、現「KDDI」)のCMソングに起用されている。

2008年9月から放送が始まったNHK連続テレビ小説だんだん』では、各週の放送サブ・タイトルが歌謡曲の楽曲名から取られている。その中で、同年10月27日から11月1日週分の放送タイトルが本楽曲から引用された「春の予感」であった(項目『だんだん#各週のサブタイトル』参照)。

春の予感 -I've been mellow-」のシングル発売から約半年後、B面曲の「もどかしい夢」を含めて尾崎がセルフカバーをして発表している[6]。また、「もどかしい夢」は1979年に浅野ゆう子がカバーした[7]

2006年に公開された日本映画虹の女神の本編中、ヒロイン佐藤あおい(上野樹里)が生まれた頃のヒット曲として使用されている。サントラにも収録されている。

収録曲編集

両楽曲とも、作詞・作曲・編曲: 尾崎亜美

  1. 春の予感‐I've been mellow‐(3:10)
    • 資生堂 春のキャンペーンソング
    • DDIコマーシャルソング
  2. もどかしい夢(3:56)

収録作品(LP・CD)編集

セルフカバー編集

参考文献編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 『第89回 SONGS』は、2009年5月13日に初回放送。
  2. ^ 歌手デビュー30周年記念メモリアル特別企画CD-BOX『CYNTHIA ANTHOLOGY』(2000年6月7日発売)でDVD化されて収められた。
  3. ^ オムニバス盤『音椿 〜The greatest hits of SHISEIDO〜 赤盤』は2003年8月27日に発売された。規格品番はMHCL-312。
  4. ^ オムニバス盤『春の桜と優雅に語らう17の知恵』は2005年2月23日に発売された。規格品番はMHCL-516。
  5. ^ オムニバス盤『春歌』は2006年3月1日に発売された。規格品番はMHCL-720。
  6. ^ スタジオ・アルバム『STOP MOTION』(1978/7/5発売、東芝EMI、ETP-80022)に収録された。
  7. ^ スタジオ・アルバム『ストップ・ザ・カンバセーション』(1979年発売、RCAレコード)に収録された。同アルバムでは、南沙織のアルバム『Simplicity』(1978年10月1日発売、CBS・ソニー、25AH-553)に収録された「しなやかなケ・ダ・モ・ノ」もカバー。