メインメニューを開く

春の夢』(はるのゆめ)は、1960年1月3日日本で公開された映画

春の夢
監督 木下惠介
脚本 木下惠介
製作 細谷辰雄
出演者 岡田茉莉子
小沢栄太郎
音楽 木下忠司
撮影 楠田浩之
編集 杉原よし
製作会社 松竹
公開 日本の旗 1960年1月3日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

ストーリー編集

2000人の従業員を持つ会社の社長、奥平庄兵衛の邸宅に焼き芋を届けに来た焼き芋屋の老人が突然脳溢血に襲われ、応接間で倒れる。医者はそのまま絶対安静を命じ、老人は1週間滞在することになる。スト対策に頭を痛める庄兵衛は老人を疎んじるが、脳溢血で父を亡くした秘書はそんな社長の態度に反発を覚え、社長を諌めてくれた医者に恋心を抱く。

次女の千鶴子は貧乏画家との結婚を望んでいるが、一家の主である祖母はそれを許さない。長女は若い男たちにうつつを抜かし、世間知らずの大学生の長男は幼稚な変人のため、祖母と父親は千鶴子にしかるべき婿を取らせて跡を継がせるつもりでいる。

焼き芋屋の老人のもとには、同じアパートの住人たちが見舞いに来るが、みな老人の貯め込んでいるであろう貯金を狙っている。唯一隣室の青年だけは親身に思っているのだが、老人には伝わらない。ある日、奥平家でボヤ騒ぎが起こり、駆け付けた青年の涙を見て老人は青年の心を知る。一方祖母は老人がかつて家のために恋を諦めた若き日の初恋の人であることを知り、千鶴子の恋も許してやる。

スタッフ編集

キャスト編集

参考文献編集