春の歌/テクテク

スピッツの楽曲
スピッツ (バンド) > スピッツの作品 > 春の歌/テクテク

春の歌/テクテク』(はるのうた/テクテク)は、日本ロックバンドスピッツの通算30作目のシングルで、両A面シングル。2005年4月20日にユニバーサルミュージックより発売。レーベルはユニバーサルJ

春の歌/テクテク
スピッツシングル
初出アルバム『スーベニア(#1)』『おるたな(#2)』
A面
  • 春の歌
  • テクテク
リリース
規格
録音
  • 2004年9月(#1)
  • 2005年2月 - 3月(#2)
ジャンル ポップ・ロック
時間
レーベル ユニバーサルJ
作詞・作曲 草野正宗
プロデュース スピッツ & 亀田誠治
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間5位(オリコン[3]
  • 2005年5月度月間18位(オリコン)
  • 2005年度年間149位(オリコン)
  • スピッツ シングル 年表
    • 春の歌/テクテク
    • (2005年)
    ミュージックビデオ
    テンプレートを表示

    概要編集

    前作『正夢』より約半年ぶりのリリースで、『スーベニア』の2枚組限定アナログ盤と同時発売された[4]。初回盤のみスリップケース & デジパックトレイ仕様。

    表題曲のうち、「春の歌」は11thアルバム『スーベニア』の1曲目に収録された楽曲。アルバム発売後にコカ・コーラアクエリアス」CMソングのタイアップが決定したことを受けて、シングル・カットされることとなった[5]ミュージック・ビデオは、2005年3月5日に名古屋センチュリーホールでのライブ公演のアンコール後の会場で撮影されたもの。楽曲の発表から9年後の2014年にロッテガーナチョコレート」のCMソングとしても使用された[6]

    もう1曲の「テクテク」は新曲で、﨑山龍男ドラムスのほかにジャンベの演奏も担当。オリジナル・アルバムやシングル・コレクションには未収録となっており、2012年に発売されたスペシャル・アルバム『おるたな』でアルバム初収録となった。ミュージック・ビデオは、勝股秀之が手がけたアニメーションとなっている。

    オリコン週間シングルランキングで最高位5位を獲得し、日本レコード協会からはゴールド認定を受けた[1]

    収録曲編集

    全作詞・作曲: 草野正宗、全編曲: スピッツ & 亀田誠治
    #タイトル作詞作曲・編曲時間
    1.「春の歌」草野正宗草野正宗
    2.「テクテク」草野正宗草野正宗
    合計時間:

    演奏編集

    スピッツ

    外部ミュージシャン

    「春の歌」のカバー編集

    藤原さくらによるカバー編集

    春の歌
    藤原さくらシングル
    初出アルバム『PLAY
    A面 Someday(両A面)
    B面
    リリース
    規格
    ジャンル
    時間
    レーベル SPEEDSTAR RECORDS
    作詞・作曲 草野正宗
    チャート最高順位
    藤原さくら シングル 年表
    • Soup
    • (2016年 (2016)
    • Someday/春の歌
    • (2017年 (2017)
    ミュージックビデオ(short ver.)
    「春の歌」 - YouTube
    テンプレートを表示

    2017年にシンガーソングライター藤原さくらによって「春の歌」がカバーされた。藤原によるカバー・バージョンは同年に公開された映画『3月のライオン』後編の主題歌で、3月29日にオリジナル曲「Someday」との両A面シングル『Someday/春の歌』として発売された[10]

    原曲と趣が異なり、アコースティック・ギターの弾き語りから曲が始まり、サビに近づくにつれて音が増えていくというアレンジになっている。藤原は、「自分は1人ではないと気付いた雫への、祝福の気持ちを込めてほしい」という映画の監督である大友啓史の要望を取り入れたとしている[11]

    演奏編集

    その他のアーティストによるカバー編集

    • SOTTE BOSSE (2006年、アルバム『Essence of life』収録)
    • ARTS(2007年、アルバム『元気でSKA~!?春夏秋冬』収録)
    • MAYUMI YAMAMOTO (2008年、オムニバスアルバム『Sundy Fun Picnic』収録)

    脚注編集

    [脚注の使い方]

    注釈編集

    1. ^ a b 両A面シングル『Someday/春の歌』としてチャートイン。

    出典編集

    1. ^ a b Gold Album +... 認定」『The Record』第547号、日本レコード協会、2005年6月、 14頁。
    2. ^ “レコ協 3月度有料音楽配信認定を公表、back number「クリスマスソング」がミリオン認定”. Musicman (エフ・ビー・コミュニケーションズ). (2016年4月20日). https://www.musicman.co.jp/business/15485 2020年7月8日閲覧。 
    3. ^ “スピッツ、映画『ハチミツとクローバー』主題歌リリース!”. ORICON NEWS (オリコン). (2006年4月28日). https://www.oricon.co.jp/news/20083/full/ 2020年7月10日閲覧。 
    4. ^ “スピッツがニュー・シングル“春の歌”発表”. TOWER RECORDS ONLINE (タワーレコード). (2005年3月2日). https://tower.jp/article/news/2005/03/02/100004675 2020年7月8日閲覧。 
    5. ^ “【10リスト】スピッツ、一生聴き続けられる名曲10はこれだ!”. rockin'on.com (ロッキング・オン). (2017年7月4日). https://rockinon.com/news/detail/163258 2020年7月8日閲覧。 
    6. ^ “スピッツ、“春の歌”がロッテ『ガーナミルクチョコレート』CMソングに決定”. rockin'on.com (ロッキング・オン). (2014年4月14日). https://rockinon.com/news/detail/100313 2020年7月8日閲覧。 
    7. ^ Someday/春の歌 | 藤原さくら”. ORICON NEWS. オリコン. 2020年7月2日閲覧。
    8. ^ Billboard Japan Top Singles Sales | Charts”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク (2017年4月10日). 2020年7月2日閲覧。
    9. ^ Billboard Japan Hot 100 | Charts”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク (2017年5月1日). 2020年7月8日閲覧。
    10. ^ “藤原さくら、新シングル『Someday / 春の歌』リリース カップリングに初ワンマンツアー音源収録”. リアルサウンド (株式会社blueprint). (2017年2月6日). http://realsound.jp/2017/02/post-11269.html 2020年7月8日閲覧。 
    11. ^ 藤原さくら「PLAY」インタビュー (3/4). (インタビュー). ナターシャ. 音楽ナタリー.. https://natalie.mu/music/pp/fujiwarasakura04/page/3 2019年5月8日閲覧。