メインメニューを開く

春夏秋冬』(しゅんかしゅうとう)は、かつて存在した日本のトーク番組である。1956年(昭和31年)の放送開始時の番組名は『雨・風・曇』(あめ・かぜ・くもり)であった[3]

春夏秋冬
ジャンル トーク番組
出演者 徳川夢声
奥野信太郎
サトウハチロー
プロデューサー 片柳忠男
制作 日本テレビ放送網
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1956年6月23日 - 1982年3月28日[1]
放送時間 水曜日 22:30 - 23:00
水曜日 23:00 - 23:30
水曜日 23:15 - 23:45
水曜日 22:30 - 23:00
日曜日 09:00 - 09:30
日曜日 12:15 - 12:45
日曜日 08:30 - 08:55[2]
放送分 30→25分
テンプレートを表示

略歴・概要編集

1956年(昭和31年)6月、日本テレビ放送網が、社会時評番組『雨・風・曇』として放送を開始した[3]オリオン社の社長で、日本テレビの番組に関わり、本番組のプロデューサーを務める作家・画家の片柳忠男[4]が、同年、『雨・風・曇 - 宣伝という窓から見れば』を新聞研究社から上梓した[5]。初期のレギュラー出演者は、作家・俳優の徳川夢声、元朝日新聞記者でジャーナリスト渡辺紳一郎慶應義塾大学教授の奥野信太郎、詩人のサトウハチロー漫画家近藤日出造であった。20局ネットの人気番組となる。

1959年(昭和34年)6月25日、プロ野球の「天覧試合」が行われ、NHKとともに同局が放送権を獲得、テレビ中継を行い、中継終了と同時に本番組を開始した[6]。番組内では、天覧試合について語られた。同年11月に『春夏秋冬』と改題して放送はつづいた。当初は水曜日夜の番組であったが、途中で日曜日の朝の番組に変更になった。

1963年(昭和38年)、井上和男監督の映画『「可否道」より なんじゃもんじゃ』に、「春夏秋冬の名士たち」の役で、本番組のレギュラー出演者の、徳川夢声、渡辺紳一郎、奥野信太郎、サトウハチロー、近藤日出造がそろって出演している[7]。徳川夢声は、放送開始当初からのレギュラー出演者で、1971年(昭和46年)8月1日に死去するまで15年間出演をつづけ、徳川の最後のレギュラー番組となった。奥野は1968年(昭和43年)、サトウは1973年(昭和48年)、渡辺は1978年(昭和53年)、近藤は1979年(昭和54年)に死去している。

長寿番組であったが、1982年3月28日に放送を終了した。片柳忠男は1985年(昭和60年)に死去した。

放送データ編集

  • 放送時間 : 毎週水曜日 22:30 - 23:00→毎週水曜日 23:00 - 23:30→毎週水曜日 23:15 - 23:45→毎週 22:30 - 23:00 → 毎週日曜日 9:00 - 9:30→毎週日曜日 12:15 - 12:45(30分)→毎週日曜日 8:30 - 8:55(25分。残り5分は『レースガイド』)
  • 放送期間 : 1956年6月23日 - 1982年3月28日
  • 放送国 :   日本
  • 制作局 : 日本テレビ放送網

主な出演者編集

ビブリオグラフィ編集

国立国会図書館所蔵のもの[8]

関連事項編集

出典・脚注編集

  1. ^ 「読売新聞・縮刷版」より。
  2. ^ 参考文献「大衆とともに25年・沿革史」
  3. ^ a b 日本テレビ社史 1950年代日本テレビ放送網、2009年12月19日閲覧。
  4. ^ みんなで語ろう民放史椎橋勇、中国民放クラブ岡山支部、2009年12月19日閲覧。
  5. ^ a b 雨・風・曇 - 宣伝という窓から見れば国立国会図書館、2009年12月19日閲覧。
  6. ^ 『キネマ旬報』第236号(1959年7月上旬号)、キネマ旬報社、1959年、p.129.
  7. ^ 「可否道」より なんじゃもんじゃキネマ旬報、2009年12月19日閲覧。
  8. ^ 国立国会図書館NDL-OPAC 検索結果、国立国会図書館、2009年12月19日閲覧。
  9. ^ 雨・風・曇、国立国会図書館、2009年12月19日閲覧。
  10. ^ なんでも喋ろう、国立国会図書館、2009年12月19日閲覧。
  11. ^ 春夏秋冬、国立国会図書館、2009年12月19日閲覧。
日本テレビ系列 火曜21:15 - 21:45枠
前番組 番組名 次番組
21:15-映画案内
21:20-ケンシ電話博士
21:30-家庭グラフ
雨・風・曇
(1956年6月 - 1957年9月)
日本テレビ系列 木曜21:15 - 21:45枠
ムーラン劇場
雨・風・曇
(1957年10月 - 1959年10月)
不明
日本テレビ系列 水曜22時台後半枠
前番組 番組名 次番組
22:30-ゴルフ・ドクター
22:45-テレニュース
22:55-あしたのお天気
春夏秋冬
(1959年11月 - 1962年3月)
ヒッチコック劇場
※土曜21:15から移動
日本テレビ系列 水曜23時台前半枠
23:00-テレニュース
23:10-あしたのお天気
23:15-ニュース最終版
春夏秋冬
(1962年4月 - 1963年3月)
22:45-ノンフィクション劇場
23:15-春夏秋冬
※15分繰り下げ
日本テレビ系列 水曜23:15 - 23:45枠
23:00-春夏秋冬
23:30-天気・ガイド
23:35-プロ野球ハイライト
春夏秋冬
(1963年10月 - 1965年9月)
日本テレビ系列 水曜22時台後半枠
春夏秋冬
(1965年4月 - 1966年3月)
日本テレビ系列 日曜9時台前半枠
コンサートホール
(8:30 - 9:30)
※8:05へ移動
春夏秋冬
(1966年4月 - 1976年3月)
日本テレビ系列 日曜12:15 - 12:45枠
時間だヨ!アイドル登場
※土曜17:30へ移動
春夏秋冬
(1976年4月 - 1977年3月)
日本テレビ系列 日曜8:30 - 8:55枠
アジアの旅
(8:30 - 8:45)
埼玉だより
(8:45 - 9:00)
春夏秋冬
(1977年4月 - 1982年3月)
遠くへ行きたい
(8:30 - 9:00)
※10:30から移動
読売テレビ製作】