メインメニューを開く

春日井 建(かすがい けん、1938年12月20日 - 2004年5月22日)は、日本歌人。父・春日井瀇、母・春日井政子はともに太田水穂に師事した歌人であり、建も実質「潮音」系と云える。作家ゲームデザイナー小太刀右京は大甥にあたる。第99回 全国高校野球選手権大会甲子園)に出場した早稲田佐賀高等学校の春日井湧も大甥。大姪の春日井美月は第68回全国高等学校スキー大会(インターハイ)アルペン大回転に出場した。

初期は幻想・耽美的かつ背徳的な作風で知られるが、次第に肉体と精神の観念を中心とした美学に移り、死病を得た晩年は、病と対峙する劇化された自己および現実に近い場面を均整のとれた文語体で詠んだ。前衛短歌運動の一人とされることもある。

目次

経歴編集

愛知県江南市出身。南山大学文学部仏文科中退。

父の編集発行する歌誌「短歌」(中部短歌会)に作品を発表し始め、1958年角川書店の「短歌」に「未青年」50首を発表。中井英夫に認められ、1960年、歌集『未青年』を刊行、三島由紀夫が「われわれは一人の若い定家を持ったのである」と激賞した。塚本邦雄岡井隆寺山修司らと同人誌『極』を創刊、その後、ラジオテレビ舞台などの仕事を手がける。1970年、歌集『行け帰ることなく』刊行。作歌を中断する。

1973年、演劇集団「グループ鳥人」を組織。1979年、父の死により中部短歌会主幹となり、「短歌」編集発行人を引き受け、作歌に復帰する。1980年、超結社の集まり「中の会」を岡井隆、斉藤すみ子らと発足させる。1985年愛知女子短期大学教授に就任。1992年、中日歌人会委員長。1998年、「白雨」30首・「高原抄」21首により短歌研究賞を受賞。2000年、『友の書』、『白雨』により、日本歌人クラブ賞迢空賞を受賞。2003年、歌集『井泉』刊行。2004年、「短歌創作と歌誌発行による短歌界への貢献」に対し中日文化賞受賞[1]。死後、歌集『朝の水』、エッセイ集『未青年の背景』刊行。

同門に稲葉京子、門下に水原紫苑大塚寅彦喜多昭夫古谷智子菊池裕黒瀬珂瀾都築直子大澤優子杉森多佳子長谷川と茂古堀田季何らが居る。

著作編集

  • 『未青年』作品社 1960
  • 『行け帰ることなく』深夜叢書社 1970
  • 『春日井建歌集』 国文社 1977(現代歌人文庫)
  • 『東海詞華集』 大和書房 1982
  • 『青葦 風の薔薇』 1984
  • 『友の書』 雁書館 1999(短歌叢書)
  • 『白雨』 短歌研究社 1999(中部短歌叢書)
  • 『水の蔵』 短歌新聞社 2000(昭和歌人集成)
  • 『井泉』 砂子屋書房 2002(中部短歌叢書)
  • 『春日井建歌集』 短歌研究社 2003(短歌研究文庫)
  • 『朝の水』 短歌研究社 2004(中部短歌叢書)
  • 『続春日井建歌集』 国文社 2004(現代歌人文庫)
  • 『春日井建歌集』 砂子屋書房 2004(現代短歌文庫)
  • 『未青年の背景』 エッセイ集 雁書館 2005
  • 『春日井建全歌集』 砂子屋書房 2010
  • 『詩集 風景』人間社 2014

研究書編集

  • 岡嶋憲治『評伝 春日井建』(2016年、短歌研究社)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 中日文化賞:第51回-第60回受賞者”. 中日新聞. 2009年10月19日閲覧。