春日井製菓

日本の菓子メーカー

春日井製菓株式会社(かすがいせいか、: Kasugai Seika Co.,Ltd.)は、愛知県名古屋市西区に本社を置く日本菓子メーカーである。

春日井製菓株式会社
Kasugai Seika Co.,Ltd.
Kasugai Confectionery Headquarter Office 20140827.JPG
本社(2014年8月)
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 春日井製菓、Kasugai
本社所在地 日本の旗 日本
451-0062
愛知県名古屋市西区花の木1丁目3番14号
北緯35度11分11秒 東経136度53分15.3秒 / 北緯35.18639度 東経136.887583度 / 35.18639; 136.887583座標: 北緯35度11分11秒 東経136度53分15.3秒 / 北緯35.18639度 東経136.887583度 / 35.18639; 136.887583
設立 1948年4月
(創業1928年4月)
業種 食料品
法人番号 8180001025070 ウィキデータを編集
事業内容 キャンディ菓子、チョコレート他の製造・販売
代表者 春日井康仁代表取締役会長
春日井大介(代表取締役社長
資本金 1億円
売上高 184億6千万(2018年実績)
純利益 3億4305万円(2018年12月31日時点)[1]
総資産 117億5885万9000円(2018年12月31日時点)[1]
従業員数 589名(2018年12月現在)
外部リンク https://www.kasugai.co.jp/
テンプレートを表示

概要編集

キャンディ、グミ、ラムネ、菓子、金平糖、ゼリービーンズ、チャイナマーブルを製造・販売している。「グリーン豆」や「いかピーナ」、「ゼリービンズ」、「ニッキ飴」、「ハッカ飴」、「黒あめ」などはロングセラー商品として有名。1960年代には粉末ジュースシトロンソーダ」で一世を風靡した(現在は製造中止)。

社名の由来は創業者の姓であるが、本社所在地が愛知県であるせいか、県内の春日井市から命名した、と誤解されるケースも少なくない。なお、工場の一部はその春日井市にも所在している。

広告宣伝活動編集

自社イベント:2018年11月から、社員が企画運営する「スナックかすがい」を開始。ことわざの「子はかすがい(鎹)」をヒントに、異なる分野で活躍する二人のゲストがテーマに沿って”かすがう”様子を聴衆と楽しむ趣向のトークイベントで、2020年からはオンライン・無観客で開催を継続している。

自社メディア:2021年5月から、お菓子の楽しみ方を広げるサイト「おかしなくらい、おかし好き」をオープン。お菓子を使った料理レシピや暮らし術の他、お菓子好きの人の紹介や、お菓子にまつわるエッセイなどを紹介する。

ラジオ:地元のCBCラジオにおいては、日中だけでなく夜間・深夜帯に至るまで、各種商品のスポットCMを流している。かつてニッポン放送他、全国ネットで放送されている「オールナイトニッポン」の協賛スポンサーでもあった。当社の番組内でのCMが特殊的で1時台の最初のCMで10秒流し、その後他社の20秒CMを3本流した後、最初のCMで流した以外の商品のCMを10秒流した。また、TBSラジオMBSラジオでもスポットCMを流していた。

テレビ:過去にはCBCテレビの『名古屋発!新そこが知りたい』、『そこが知りたい 特捜!板東リサーチ』が番組スポンサーについていた他、他の番組でも番組スポンサーとしてついている。

歴史編集

事業所編集

本社編集

  • 本社(総務部、営業管理部、商品開発部、CSR促進室、生産管理室)
    • 愛知県名古屋市西区花の木1-3-14

支店編集

工場編集

  • 本社工場
    • 名古屋市西区花の木1-5-2
  • 笠取北工場
    • 名古屋市西区笠取町4-106
  • 笠取工場
  • 春日井工場(品質管理室、改善室)
  • 相生工場

商品編集

キャンディ(春日井工場、キシリクリスタルは相生工場)編集

  • 黒あめ(1980年)
  • のどにスッキリ(1985年)*丸型のキャンディが多い中でホタテ貝の独特な形状をしている[5]
  • 塩あめ(1981年)
  • 抹茶あめ(1986年)
  • ハッカ飴(1970年)
  • ニッキ飴(1970年)
  • 花のくちづけ(1984年)
  • ミルクの国(1984年)
  • キシリクリスタル(2001年)*2017年10月にモンデリーズ・ジャパンから事業譲受。2018年2月5日からKasugaiブランドで販売開始[6]
  • 女王のミルク(2021年)
  • ツムラのおいしい和漢ぷらす たかめるのど飴(2022年)*株式会社ツムラと春日井製菓の共同開発による、高麗人参と沖縄産黒砂糖を配合した黒あめ[7]

グミ(春日井工場)編集

  • つぶグミ(1994年)
  • つぶグミプレミアム(2020年)
  • リプトンフルーツインティーグミ(2020年)
  • まるごと果実(2020年)

豆菓子(春日井工場)編集

  • グリーン豆(1973年)
  • うすピー(1973年)
  • いかピーナ(1967年)
  • えびピーナ(1969年)
  • まぜまぜ一番(1988年)
  • わさび茶屋(1998年)
  • 唐揚革命(2020年) 
  • お麩のスナック

ラムネ(相生工場)編集

  • ラムネいろいろ(1979年)湿式製法
  • スイッチONタブレット(2019年)

掛物(糖蜜を掛けながら生産する砂糖菓子のこと)編集

  • こんぺいとう(1957年)
  • ゼリービンズ(1950年)
  • チャイナマーブル(1950年)
  • 塩こんぺいとう(2020年)

過去の商品編集

  • カフェオーレの季節(キャンディ)[8][9]
  • ペロジュー(粉末ジュース)
  • トッピキャラ(キャラメル)
  • 甘納豆

CM出演タレント編集

現在編集

  • テレビCMは行っていない。

過去編集

  • サンドウィッチマン(キシリクリスタル)- 2018年に春日井製菓傘下で改良新発売を機に、3層構造にちなんでCM起用。
  • 坂本冬美(のどにスッキリ)
  • 氷川きよし(黒あめ/塩あめ)
  • 安岡力也(黒あめ) - CMでは少年がガキ大将にいじめられる女の子を助けようと、黒あめを舐めて安岡力也扮する「黒あめマン」に変身し、ガキ大将を成敗するが元の姿に戻れなくなり、医者からも匙を投げられ途方に暮れてしまう。また、お爺ちゃんが「わしは黒あめマンなんじゃ!!」と黒あめマンに変身し、妻であるお婆ちゃんにカミングアウトする「老夫婦篇」にも出演した。
  • 目黒祐樹(黒あめ) - 「老夫婦篇」で安岡力也と共演。お婆ちゃんが黒あめを舐めて変身した「黒あめウーマン」を演じた。ちなみに飼い犬も「黒あめ犬」に変身するオチがある。
  • 谷津勲(黒あめ) - 「老夫婦篇」で黒あめマンに変身するお爺ちゃん役
  • 伊集院光(のどにスッキリ)
  • 和田勉(炭焼珈琲キャンディ)
  • 浦辺粂子(グリーン豆)
  • 高木ブー(黒あめ)
  • 鈴木ユカリ(花のくちづけ)
  • 加藤晴彦(のどにスッキリ)
  • 奄美大島の大家族Tさん一家(※一般人のため名前は伏せる。CMでは実名で出演。)(グリーン豆)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 春日井製菓株式会社 第74期決算公告
  2. ^ 春日井製菓、キシリクリスタルの製造・販売権取得合意”. LOGISTICS TODAY (2017年10月13日). 2017年11月3日閲覧。
  3. ^ 「キシリクリスタル」事業譲渡のお知らせ モンデリーズ・ジャパン
  4. ^ 春日井製菓相生株式会社 国税庁法人番号公表サイト
  5. ^ 春日井製菓. “のどにスッキリのおいしい話”. 2012年12月6日閲覧。
  6. ^ 「キシリクリスタル」Kasugai 商品として販売開始 春日井製菓 2018年2月
  7. ^ ツムラのおいしい和漢ぷらす たかめるのど飴
  8. ^ 春日井のキャンディー ラジオCM 1980年代末 - YouTube(ミルクの国・花のくちづけ・カフェオーレの季節とコメント)
  9. ^ '78-91 お菓子CM集vol.2 春日井製菓 - YouTube(ミルクの国・花のくちづけ・カフェオーレの季節の順番で放映、放映時間帯は30秒から1分15秒)

関連項目編集

外部リンク編集