春日部共栄中学高等学校

春日部共栄高等学校から転送)

春日部共栄中学高等学校(かすかべきょうえいちゅうがくこうとうがっこう)は、埼玉県春日部市に所在し、中高一貫教育を提供するとともに、学校法人共栄学園が運営する男女共学私立中学校高等学校である。高等学校において、中学校から入学した内部進学の生徒と高等学校から入学した外部進学の生徒との間では、3年間別クラスになる併設型中高一貫校[1]

春日部共栄中学高等学校
Kasukabekyoei highschool.jpg
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人共栄学園
校訓 自主自律、協調奉仕
明朗勤勉
設立年月日 1980年
共学・別学 男女共学
中高一貫教育 併設型(外部混合無)
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 3学期制
高校コード 11534H
所在地 344-0037
埼玉県春日部市上大増新田213
北緯35度57分36.3秒東経139度44分29.6秒
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

目次

概要編集

1年次は選抜・特進E系・特進S系の3コース。
1年次は全コースで月曜日に7限授業を実施し、さらに月曜日は原則、全部活動が放課後の活動を休止している。2年次からは、選抜コースと特進コースE系は金曜日も7限授業を行う。

2年次からは選抜コース(文系・理系)、特進コース(文系・理系)の4コースに分かれる。2年次からのコースは希望と成績により決定。各コースとも2年次終了までに大学入試センター試験の出願範囲をほぼ終了させ、3年次2学期から大学の入試問題の演習が中心となる。

開校以来、運動系・文化系共に部活動が非常に盛んであるが、一貫した文武両道を教育方針に掲げてきたため、学習との両立について学校をあげて積極的に図られている。また、大学受験対策にも熱心であり、国公立大学や難関私立大学へも多数合格者を輩出している。

沿革編集

設置学科編集

  • 普通科
    • 選抜コース
    • 特進コース(E系・S系)

進路編集

系列校の共栄大学へ進学する人はわずかで、ほとんどの人は他大学へ進学する。

国公立大学へは2015年は現役41名、2014年は現役40名、2013年は現役49名が合格し、2010年には東京大学に現役3名が合格した。[2]

部活動編集

運動部では野球部が強豪として知られ、夏の甲子園では1993年に埼玉県勢42年ぶり2度目の決勝進出を果たし、準優勝に輝いた。水泳部も強豪で、6名のオリンピック選手を輩出し、男女ともインターハイ総合優勝の経験がある。
文化部では吹奏楽部が強豪で、2000年に全日本吹奏楽コンクールに初出場し、金賞受賞。通算5回金賞を受賞している。

運動部編集

野球部
水泳部
女子バレーボール部
男子バレーボール部
アーチェリー部
パワーリフティング部
  • 全日本高等学校パワーリフティング選手権大会(男子団体:優勝3回、女子団体:優勝1回)

文化部編集

吹奏楽部
管弦楽部

施設・設備編集

  • 中学校舎
  • 高校校舎
  • 多目的ホール
  • 食堂
  • 体育館
  • 至誠館(2017年3月に竣工した新体育館)
  • 25m屋内プール(6レーン)
  • テニスコート(校内に3面、第3グラウンドに6面)
  • 柔道場
  • 総合グラウンド
  • 第2グラウンド(ソフトボール・ハンドボール場)
  • 第3グラウンド(隣の春日部市立大増中学校の奥にあるテニスコート)
  • 野球場
  • 春栄寮(野球部寮)
  • 学習センター(春日部駅西口から徒歩1分)

最寄駅編集

  • 東武野田線豊春駅」、東武伊勢崎線・東武野田線「春日部駅
    • 豊春駅より徒歩約25分
    • 春日部駅西口から朝日バス「かすかべ温泉・ウイングハット春日部」行きに乗り、「春日部共栄前」バス停で下車(約10分)。
    • 春日部市コミュニティバス「春バス」の「春日部駅西口~増戸・豊春駅ルート」に乗り、「大増中学校」か「春日部共栄入口」バス停で下車(1日6~7便しかないので注意)[3]
    • 春日部駅西口からスクールバスで約10分。朝の登校時は7:30始発、下校時は19:00(冬季は18:30)最終で、在校生は料金無料。

不祥事編集

  • 2004年、2年生の野球部員(当時16歳)が、中学1年の女子生徒(当時12歳)に「騒ぐと殺すぞ」と言って腕を引っ張ったとして、暴行容疑で5月11日、杉戸署に逮捕された。その後、別の強制わいせつ容疑で再逮捕され、さいたま家裁に送られている。[4]野球部は5月15日から春季関東大会に出場、20日の大会終了後に県高野連に事件を報告した。その後、日本高野連からは厳重注意処分が下され、夏の県大会には第1シードとして出場したが3回戦で敗れた。
  • 2006年麻原彰晃の次男が春日部共栄中学校に合格したものの、麻原の息子だという理由で入学を拒否された[5]。次男らは、憲法で禁止された不当な差別によって精神的苦痛を受けたとして、共栄中学校に損害賠償を求める訴えを起こした[6]。2017年現在、裁判の方は係争中である。
  • 2007年大学合格実績水増し問題が発覚した。同校は1993年頃からデータ収集のために一部の生徒に大学受験を依頼して、受験料の負担を始めた。2007年春は4人に早稲田や慶應義塾、上智、明治など計8大学の受験を依頼し、73学部・学科に合格した。1人で20学部・学科に合格したケースもある。4人の受験料(合計100万円以上)は同校が負担した。負担は続けるが、合格実績の発表方法は改めたいとしている。

著名な関係者編集

出身者編集

教職員編集

  • 星善博(詩人・朝日新聞「詩壇」選者)

脚注及び参照編集

[ヘルプ]
  1. ^ 春日部共栄高校の学校情報(高校受験パスナビ)(旺文社)の「ワンポイント情報」の冒頭に「●内部進学生とは3年間別クラス。」と掲載されている。
  2. ^ 進学実績 過去の主な大学合格者(延べ数) 春日部共栄高等学校
  3. ^ 春日部市コミュニティバス「春バス」 春日部市
  4. ^ 「春日部共栄の野球部員逮捕 中1女子生徒の暴行容疑」 共同通信 2004年6月16日付
  5. ^ “「オウム松本被告の二男入学、私立春日部共栄中が拒否」”. 読売新聞社. (2006年3月2日). http://www.yomiuri.co.jp/feature/fe4900/news/20060302i513.htm 
  6. ^ “私立中を賠償提訴へ 入学拒否の松本被告次男”. 朝日新聞 朝刊 (朝日新聞社): p. 33. (2006年4月7日) 

系列校編集

関連項目編集

外部リンク編集