春木川(はるきがわ)は、大阪府岸和田市内を流れる河川で、同府が管理する二級河川である[1]。同市尾生町の東谷橋より上流を轟川(とどろきがわ)と呼ぶ。

春木川
Haruki River Kishiwada City.jpg
水系 二級水系 春木川
種別 二級河川
延長 10.0 km
流域面積 14.4 km²
水源 神於山岸和田市
水源の標高 295 m
河口・合流先 大阪湾(岸和田市)
流路 大阪府岸和田市
流域 日本の旗 日本 大阪府岸和田市
テンプレートを表示

流域編集

 
『岸和田市全図』(『岸和田要鑑』1924年)の北部分抜粋。同川河口部分である。埋め立てで生まれた臨海町・新港町はまだない。
 
市立岸和田市民病院(額原町1001番地)。手前が同川。
 
春木川に注ぎ込む久米田池(岡山町)。

大阪府岸和田市北阪町の神於山(295メートル[2]大阪50山)に源を発し、市内山間部を北へ流下し、市内尾生町で北西へ向きを変え、大阪湾に注ぐ[1]。全流域が同市内に終始し、流域面積は14.4平方キロメートル、流路延長は約10.0キロメートルであり、そのうち二級河川指定区間は5.7キロメートルである[1]。水源の神於山は、和泉葛城連山の前山にあたる[1]。同川が形成する浸食谷は尾生谷(おぶだに)と呼ばれる。

以下、流域は全域が岸和田市内であるためその町丁大字を上流から列挙する。

  • 北阪町
  • 三ヶ山町
  • 尾生町
  • 額原町
  • 西之内町
  • 加守町
  • 春木泉町・下野町

環境編集

治水事業編集

第二次世界大戦後、1950年9月3日に上陸したジェーン台風の際、おもに高潮により流出家屋6戸、床上浸水611戸、床下浸水1300戸の被害が発生した。その後、1967年7月の集中豪雨の際にも、河口部で床上浸水55戸、床下浸水105戸の被害が発生した。これを受けて、河口部付近の改修を1971年度から行い、1991年に完成した[1]。計画進行中、1982年8月の台風10号の際に床上浸水15戸、床下浸水225戸の被害が出ただけでなく、1989年の台風22号の際にも、床上浸水34戸、床下浸水108戸の被害が発生した[1]

地域活動編集

「春木川・轟川をよくする市民の会」が1996年11月9日に設立され、源流から河口までの一斉清掃等に取り組んでいる[3]

歴史編集

弥生時代から同川流域に人が住み始め、河川の水を利用しての水田耕作が行われ、久米田古墳群などの遺跡が多く残っている[4][5]。歴史が進み、流域の水田開発が進むと、久米田池や蜻蛉池のような溜池が多く造成された[4]。久米田池は府内最大規模の溜池で、8世紀聖武天皇行基に命じて建造させ、これを守るために久米田寺が開かれた[6]。久米田池の水は同川に流れ込んでいる[7]

永禄5年3月5日(1562年4月8日)に三好実休畠山高政が攻め込んだ久米田の戦いにおいて、同川は重要な舞台装置の役割を果たした[7]

流域の岸和田市三ヶ山町、尾生町、西之内町、加守町はそれぞれ和泉国南郡の三ヶ山新田、尾生村、西之内村、加守村であったが、1889年(明治22年)4月1日付で同郡南掃守村になり、同じく額原町は額原村であったが、同日付で八木村になり、同じく春木泉町は春木村であったが北掃守村になり、同じく下野町は野村であったが、沼野村になった。いわゆる岸和田町岸和田浜町岸和田村といった岸和田地域は、同川の流域に含まれていない。

近代になると、河口付近に工場がつくられ、泉南郡沼野村大字野(現在の岸和田市下野町)に和泉煉瓦の工場(のちの大阪窯業岸和田工場、現在の岸和田コーポラス)、あるいは岸和田紡績野村工場の社宅(現在の一般の住宅地)、同郡北掃守村大字春木(現在の岸和田市春木泉町)に和泉紡績の工場(のちの東洋紡春木工場、現在のUR都市機構春木団地)等が川沿いに大規模に建設された(右上『岸和田市全図』抜粋参照)。

1942年(昭和17年)4月1日の自治体合併により、全流域が岸和田市域内に入った。

第二次世界大戦後は、河口付近を中心に市街地化が進行し、川沿いには、春木体育館(春木泉町)、岸和田徳洲会病院(加守町)、岸和田市中央公園(西之内町)、岸和田市総合体育館(同)、市立岸和田市民病院(額原町)等が建設された。古くから存在した岸和田漁港(左岸[8])は、埋め立てにより新しくできた臨海町に移転し、春木港も新港町に移った。

交通編集

同川と交差・並行するおもな道路・鉄道を上流から列挙する。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f 春木川水系河川整備基本方針大阪府、2007年12月、2014年2月4日閲覧。
  2. ^ 岡田敏昭・岡田知子「分県登山ガイド26 大阪府の山」山と渓谷社(2016年4月)ISBN978-4-635-02056-5、106ページ
  3. ^ 春木川・轟川をよくする市民の会、岸和田市、2014年2月4日閲覧。
  4. ^ a b 神於山の歴史、岸和田市、2014年2月4日閲覧。
  5. ^ 久米田古墳群、岸和田市、2014年2月4日閲覧。
  6. ^ 久米田池、岸和田市、2014年2月4日閲覧。
  7. ^ a b 大阪府 地理 (1973年), p.262.
  8. ^ 岸和田漁港岸和田市、2014年2月4日閲覧。
  9. ^ a b 環境計画改定に係る基礎調査報告書、岸和田市、2007年3月、2014年2月4日閲覧。
  10. ^ 春木川 春木橋、大阪府、2014年2月4日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集