メインメニューを開く

春照駅(すいじょうえき)は、かつて滋賀県坂田郡春照村(現在の米原市)の東海道本線旧線に設けられていた日本の国有鉄道鉄道作業局)の廃駅)である。

概要編集

東海道線は当初、関ヶ原駅から深谷地区を通過し、長浜駅に至って琵琶湖海運に接続する形で敷設された。その際、関ヶ原 - 長浜間に設けられた唯一の駅が、当駅であった。

開業時は村民が繰り出し、旗を揚げて祝ったという。

その後、湖の南を通る鉄道が敷設されると、東海道線は米原駅を経由するように切り替えられたため、当駅は廃止になった。

歴史編集

隣の駅編集

官設鉄道
東海道本線(通称・長浜関ヶ原線)
関ヶ原駅 - (深谷駅) - 春照駅 - (上阪駅) - 長浜駅
※ 深谷駅は当駅廃止後の開業。上阪駅は廃線以前に廃止済。

脚注編集