中国の歴史
元謀藍田北京原人
神話伝説三皇五帝
黄河長江遼河文明
西周
東周 春秋
戦国
前漢
後漢
三国
西晋
東晋 十六国
南北朝 北魏
西魏 東魏
北周 北斉
 
 
五代十国
北宋 西夏
南宋
北元
後金  
 
満洲 中華民国
 
中華人民共和国 中華民国
台湾
中国の歴史年表
中国朝鮮関係史
中国の歴代王朝一覧
Portal:中国

春秋戦国時代(しゅんじゅうせんごくじだい)は、中国史において、紀元前770年が都を洛邑(成周)へ移してから、紀元前221年が中国を統一するまでの時代である。この時代の周が東周と称されることから、東周時代(とうしゅうじだい)と称されることもある。

概略編集

紀元前403年の三国に分裂する前を春秋時代、それ以降を戦国時代と分けることが多い。この時代を「周の統一時代が終わって分裂状態になり、最後に秦によって再統一された」とする解釈があるが、秦が統一した領域は周が影響力を及ぼした領域よりも広い。他にも南のは元々は自ら王号を称える自立した国であった。また東・北についてもなどの国により領域が拡大された。

周辺部だけではなく、内地に関しても大きな変化が起こった。春秋時代の半ば頃まではそれぞれの邑(村落)が国内に点在し、その間の土地は必ずしもその国の領域に入っている訳ではなく、周(もしくは周の諸侯)に服属しない異民族が多数存在していた。しかし時代が下るにつれ、そうした点と線の支配から面の支配へと移行していった。

政治制度においても、それまでの封建制から郡県制へと移行する段階にあり、思想においても諸子百家と呼ばれる思想家たちが登場し、様々な新しい思想が形作られた。

時代区分編集

春秋時代の終わり・戦国時代の始まりについては諸説ある。の家臣であった韓・魏・趙の三国が正式に諸侯として認められた紀元前403年とする説、紀元前453年に韓・魏・趙が智氏を滅ぼして独立諸侯としての実質を得た時点を採る『資治通鑑』説の2つが主流である。この他に、『春秋』は哀公十四年(紀元前481年)に「獲麟」(麒麟を獲た)の記述で終了するので、これをもって春秋時代の終わりとする説、『史記』の『六国年表』が始まる紀元前476年とする説などがある。主要な7説を列挙すると、

  1. 紀元前481年(周の敬王39年)
  2. 紀元前476年(周の敬王44年[注釈 2]
    • 史記の『六国年表』の記載が始まった年[1]
  3. 紀元前475年(周の元王元年[注釈 3]
    • 前年に周の敬王が在位44年で死去し、周の元王元年を戦国時代の始めとする[2]
  4. 紀元前468年(周の貞定王元年)
  5. 紀元前453年(周の貞定王16年)
  6. 紀元前441年(周の哀王元年)
    • 朔雪寒が《孫子兵法論正》で提言した説[3]
  7. 紀元前403年(周の威烈王23年)
    • 三晋が周により正式に諸侯に認められた年。一般的にはこの年からを戦国時代とする。

春秋時代には周王は政治の実権は握っていなかったが、依然として精神面の中心であり、諸侯は王に次ぐ2番目の地位たる覇者となろうとしていた。それに対して戦国時代は、諸侯自らがそれぞれ「王」を称して争うようになり、残っていた周王の権威は殆ど無くなった。

主要国家編集

 
春秋時代の諸侯の勢力図
姓氏 領域 国都 爵位 存在年 初代君主 最後の君主 滅国者
周朝
東周 姫氏 名義上、全国を統治。
実際は首都洛邑(河南省洛陽市)の周囲の狭小地区
洛邑 天子 前770年[4] - 前256年[注釈 4][5][4] 平王紀元前770年 - 紀元前720年 赧王紀元前314年 - 紀元前256年 秦国
東周の滅亡
戦国七雄
嬴姓趙氏 陝西省中南部、甘粛省東部、四川省重慶市河南省西部、湖北省西部など。前221年に中華を統一した[6][7] 秦邑・汧邑・汧渭の会平陽中国語版[8][8]櫟陽中国語版[8]咸陽中国語版[8] (前770年受封)→王(前325年自称[4])→帝(前288年に西帝自称[9])→王(復称)→皇帝(前221年全国統一後改称) 前770年 - 前206年 襄公紀元前777年 - 紀元前766年 秦王政紀元前246年 - 紀元前210年 西楚
姞姓 遼寧省南部、北京市天津市河北省北部 [10](副都:下都[10] →王(前323年自称[4] 前1046年 - 前221年[注釈 5][11] 燕侯克召公奭 燕王喜[11]紀元前254年[11] - 紀元前222年[11] [11]
燕の滅亡[11]
羋姓熊氏 湖北省湖南省北部、安徽省西部、江西省西部、河南省南部、江蘇省浙江省 丹陽[12][12]寿春[12] →王(前704年自称[4] 殷代 - 前223年[13] 鬻熊中国語版 負芻[14]紀元前227年 - 紀元前223年[14][注釈 6] [13]
楚の滅亡[13]
嬴姓趙氏 河北省西部、山西省北部、内モンゴル自治区南部 邯鄲[16] 侯→王(前296年自称) 前403年[注釈 7] - 前222年[注釈 8][17] 列侯紀元前408年 - 紀元前400年 幽繆王紀元前235年 - 紀元前228年[18][注釈 9] [17]
趙の滅亡[17]
姫姓魏氏 山西省南部、河南省北部、陝西省東部、河北省の一部 安邑[19]大梁[19] 侯→王(前344年自称) 前403年[注釈 7] - 前225年[20] 文侯紀元前445年 - 紀元前396年 王假[21]紀元前227年 - 紀元前225年 [20]
魏の滅亡[20]
姫姓韓氏 河南省 陽翟新鄭[19] 侯→王(前324年自称[22] 前403年[注釈 7] - 前230年[22] 景侯紀元前408年 - 紀元前400年 王安[22]紀元前238年[22] - 紀元前230年[22] [22]
韓の滅亡[22]
(田斉) 媯姓田氏 山東省東部、河北省南部 臨淄[23] 侯→王(前334年自称[4])→帝[9]→王 前386年[24] - 前221年[9] 太公紀元前386年 - 紀元前385年 王建紀元前265年 - 紀元前221年[9] [9]
斉の滅亡[9]
その他諸侯国
姓氏 領域 爵位 存在年 滅国者
(姜斉) 姜姓呂氏 山東省東部、河北省南部 前1046年 - 前379年[25][26] 田斉
姫姓魯氏 山東省曲阜市 前1046年 - 前256年
姫姓衛氏 河南省淇県濮陽市 侯→君(前330年改称) 前1040年 - 前209年
子姓宋氏、子姓戴氏 河南省商丘市通許県 →王(前323年自称) 前1040年 - 前286年 田斉、魏、楚(宋の滅亡
姫姓 山西省、河南省北部、陝西省東部、河北省東部 前1033年 - 前349年 韓、趙、魏
姒姓 浙江省の中心、山東省南部、福建省北部 子→王(自称) 前2032年 - 前222年
姫姓鄭氏 河南省新鄭市 前806年 - 前375年
中山 姫姓 河北省中部、太行山の東の麓 前507年 - 前406年
中山 姫姓 河北省中部、太行山の東の麓 侯→王(前323年自称) 前380年頃 - 前296年
四川省中部 周の冊封を受けていない為無爵位 ? - 前316年
中国語版 姫姓 重慶市、四川省東部 ? - 前316年
媯姓 宛丘 前1046年 - 前478年
姫姓蔡氏 上蔡新蔡下蔡 前1046年 - 前447年
姫姓 陶丘 前1046年 - 前487年

関連項目編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 記載は哀公十四年(紀元前481年)に「獲麟」(麒麟を獲た)
  2. ^ 『史記』では周の元王元年
  3. ^ 『史記』では周の元王2年
  4. ^ 周が申国犬戎滅ぼされた紀元前771年から、晋の分裂中国語版紀元前403年までを春秋時代、以降を戦国時代と呼ぶ。両時代の違いは主に、春秋時代は周が重んじられていた(尊王攘夷)のに対し、戦国時代は周が軽んじられていた(王号自称)ことなどが挙げられる。
  5. ^ BC226とも
  6. ^ 昌平君紀元前223年)とも[15]
  7. ^ a b c BC453〜とも
  8. ^ と結んだ残党が滅んだBC222とも
  9. ^ 代王紀元前227年 - 紀元前222年)とも

出典編集

  1. ^ 「秦既得意,焼天下《詩》・《書》,諸侯史記尤甚,為其有所刺譏也……独有《秦記》,又不載日月,其文略不具。然戦国之権変亦有可頗采者。……余於是因《秦記》,踵《春秋》之後,起周元王,表六国時事,訖二世,凡二百七十年,著諸所聞興壊之端」《史記 六国年表》
  2. ^ 《左伝 哀公十九年》:冬,叔青如京師,敬王崩故也。
  3. ^ 「前453年由三家瓜分晋国的局面便已形成,但直到前403年,韓・趙・魏三家才敢封侯,因此考量到以周王元年為断代点此一条件,自然以周哀王元年,也即前441年為戦国時代的起点為最適当的選擇」《孫子兵法論正》
  4. ^ a b c d e f 島崎 2019, p. 66.
  5. ^ 佐藤 2016, p. 209,210.
  6. ^ 佐藤 2016.
  7. ^ 島崎 2019, p. 103.
  8. ^ a b c d 島崎 2019, p. 35.
  9. ^ a b c d e f 島崎 2019, p. 102.
  10. ^ a b 島崎 2019, p. 44.
  11. ^ a b c d e f 島崎 2019, p. 92.
  12. ^ a b c 島崎 2019, p. 43.
  13. ^ a b c 島崎 2019, p. 98.
  14. ^ a b 島崎 2019, p. 101.
  15. ^ 島崎 2019, p. 100.
  16. ^ 島崎 2019, p. 40.
  17. ^ a b c 島崎 2019, p. 88.
  18. ^ 島崎 2019, p. 90.
  19. ^ a b c 島崎 2019, p. 45.
  20. ^ a b c 島崎 2019, p. 95.
  21. ^ 島崎 2019, p. 97.
  22. ^ a b c d e f g 島崎 2019, p. 86.
  23. ^ 島崎 2019, p. 42.
  24. ^ 史記・巻四十六・田敬仲完世家第十六》:康公貸立十四年,太公遷康公于海上。明年,魯敗斉平陸。三年(康公十八年、紀元前387年),太公与魏文侯会濁澤,求為諸侯。魏文侯乃使使言周天子及諸侯,請立斉相田和為諸侯。周天子許之。康公之十九年,田和立為斉侯,列于周室,紀元年。
  25. ^ 史記・巻四十六・田敬仲完世家第十六》:康公貸立十四年,太公遷康公于海上。明年,魯敗斉平陸。三年(康公十八年、紀元前387年),太公与魏文侯会濁澤,求為諸侯。魏文侯乃使使言周天子及諸侯,請立斉相田和為諸侯。周天子許之。康公之十九年,田和立為斉侯,列于周室,紀元年。
  26. ^ 佐藤 2016, p. 204.

参考文献編集

  • 佐藤信弥 『周-理想化された古代王朝』 中央公論新社、2016年。 
  • 島崎晋 『春秋戦国の英傑たち』 双葉社、2019年。