株式会社春秋社(しゅんじゅうしゃ)は、日本出版社仏教を主とした宗教書を軸に哲学思想心理文学音楽の各部門の専門書・入門書を刊行している。ほかに音楽書の『世界音楽全集 ピアノ篇』シリーズで、井口基成編集による校訂版は1949年に初出版。

株式会社春秋社
Shunjusha Publishing Company
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
101-0021
東京都千代田区外神田2-18-6
設立 1935年(昭和10年)7月
業種 情報・通信業
法人番号 5010001018944 ウィキデータを編集
事業内容 宗教書を中心に哲学・思想・心理・文学・音楽の各部門の専門書の刊行
代表者 代表取締役 澤畑吉和
資本金 2,000万円
従業員数 33名(2015年4月1日現在)
外部リンク https://www.shunjusha.co.jp/
テンプレートを表示

概要編集

所在地編集

沿革編集

1918年大正7年)8月22日、神田豊穂、古館清太郎、加藤一夫直木三十五らにより創設される[1]。なお、これは法的な登記上の話であり、実質的には神田豊穂と古館清太郎によるものとされる[2]。わんや書店で総編集長をしていた神田が、編集助手の古舘に相談して創業を決意し、加藤一夫、直木三十五、中尾文次郎を加え、東京市日本橋区に事務所を構えた[3][4]

直木が処女出版として『トルストイ全集』を提案し、編集者として木村毅柳田泉浜田広介、監修者として内田魯庵片上伸昇曙夢、翻訳者として米川正夫中村白葉らが動員される[4][5]。新聞広告を出してから3日ほどで予約が殺到し、当時の相場が初刷500部であるのに対し、3000部を超える申し込みがあった[4]。これにより、春秋社は基盤を固めた[5]

1919年(大正8年)、神田神保町に新事務所を構える[6]1921年(大正10年)、西田天香の『懺悔の生活』と中里介山の『大菩薩峠』が大ヒットとなる[6][7]昭和恐慌の後の円本ブームに『世界大思想全集』を出し、莫大な利益を得る[8]。その利益で、1928年昭和3年)に日本橋呉服橋に自社ビルを建造し[1]静岡県田方郡伊東町に別荘を購入する[8][注釈 1]

1935年(昭和10年)、株式会社春秋社に改組する[1]1941年(昭和16年)、神田豊穂が逝去[10]1945年(昭和20年)、戦災によって社屋在庫品や紙型の一切を消失する[1]

息子の神田龍一が復員後に社長となり、1947年(昭和22年)に社屋を千代田区外神田に移して出版活動を開始する[1][10]。入社させた戦友の1人が一橋大学出身だったこともあり、一橋大学の教科書類を春秋社が一手に引き受けることになる[10]

1976年(昭和51年)、新社屋を落成させる[1]

創業者・神田豊穂編集

神田豊穂(1884年 - 1941年)は、茨城県出身、麻布中学校卒、久米邦武の書生、1911年わんや書店に入り、『能楽雑誌』の編集に当たる。1918年独立。中里介山と親しく、能楽研究でも知られたが晩年失明。長男・神田龍一が後を継ぐ。三男貢は鷲尾雨工の養子となる。社の幹部として野口兵蔵、香原一勢がいる。著書に『皇室皇族聖鑑』(東洋文化協会 1933年)、翻訳にトルストイ『神の国は爾曹の衷にあり』(春秋社、1922年)がある。

主な発行物編集

他多数。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 円本ブームが去った後の資金繰りの結果として別荘は手放すこととなる[9]

出典編集

  1. ^ a b c d e f 会社情報”. 春秋社. 2021年10月9日閲覧。
  2. ^ 神田 2012a, p. 9.
  3. ^ 小田 2009, pp. 155–156.
  4. ^ a b c 神田 2012a, p. 10.
  5. ^ a b 小田 2009, p. 156.
  6. ^ a b 神田 2012b, p. 25.
  7. ^ 小田 2009, p. 157.
  8. ^ a b 神田 2012b, p. 26.
  9. ^ 神田 2012b, pp. 26–27.
  10. ^ a b c 神田 2012c, p. 30.

参考文献編集

  • 小田光雄 『古本探究』論創社、2009年2月20日。ISBN 9784846007003 
  • 神田有「こころざし 風雪九十四年 「春秋社」小史(1)」『春秋』第537号、春秋社、2012年3月25日、 9-12頁、 NAID 40019277961
  • 神田有「こころざし 風雪九十四年――「春秋社」小史(2)」『春秋』第538号、春秋社、2012年4月25日、 25-27頁、 NAID 40019319025
  • 神田有「こころざし 風雪九十四年――「春秋社」小史(3)」『春秋』第540号、春秋社、 29-31頁、 NAID 40019378721

関連項目編集

外部リンク編集