メインメニューを開く

昭侯(しょうこう、生年不詳 - 紀元前739年)は、中国春秋時代の君主。姓は姫、名は伯。

昭侯 姫伯
王朝
在位期間 紀元前746年 - 紀元前739年
都城
姓・諱 姫伯
諡号 昭侯
没年 紀元前739年
文侯

生涯編集

晋の文侯の子として生まれた。紀元前746年、文侯が死去すると、後を嗣いで昭侯が晋侯として即位した。文侯の弟の成師が曲沃に封ぜられ、桓叔と号した。紀元前739年、晋の大臣の潘父が昭侯を殺害し、曲沃の桓叔を迎えようとした。桓叔が晋の都の翼に入ろうとすると、晋の人々は兵を発して桓叔を攻撃した。桓叔は敗れて曲沃に撤退した。晋の人々は昭侯の子の孝侯を晋侯として擁立した[1]

脚注編集

  1. ^ 史記』晋世家
先代:
文侯
君主
前746年 - 前739年
次代:
孝侯