メインメニューを開く

昭公(しょうこう)は、春秋時代の第19代君主。桓公と葛嬴の間の息子。

昭公 姜潘
第19代公
王朝
在位期間 前632年 - 前613年
姓・諱 姜潘
生年 不詳
没年 前613年
桓公
葛嬴

前633年、異母兄の孝公が没すると、公子開方の助力を借りて、甥でもある孝公の太子を弑して、公を継いだ。文公とともに城濮の戦いを破った後、文公は践土で斉(昭公)、宋、魯、蔡、鄭、衛、莒と会盟した。

前613年、昭公が死去し、子の公子舎が後を継いだ。

在位中、崔夭中国語版国荘子中国語版が執政を務めた。

参考文献編集

  • 『史記·齊太公世家』