昭和モダン

1930年代に花開いた、和洋折衷の近代市民文化

昭和モダン(しょうわモダン)とは、昭和時代の初めの1930年代に花開いた、和洋折衷の近代市民文化のことである。現在では1920年大正9年)以後の文化(大正ロマン)も含む。昭和時代は第二次世界大戦を挟んで戦前と戦後に分かれるが、昭和モダンは戦前に該当する。

淡交社「写真集成・京都百年パノラマ館」昭和天皇即位礼1928年

歴史編集

第一次世界大戦の後で編集

1926年昭和という時代が始まり、第一次世界大戦の戦勝国で、アジアで唯一の先進国かつ独立国の日本でも東京、横浜、大阪、神戸など大都市を中心に大量消費社会が本格化し、旺盛な日本市場を狙いヨーロッパアメリカ企業の進出が相次いだ。

その一方で、1910年頃にヨーロッパで花開いたアール・ヌーボーアール・デコといった機能と美しさと兼ね備えた様式が日本にも浸透していった。フランスシャンソンアメリカ合衆国で流行ったジャズチャールストンカルロス・ガルデルが歌うアルゼンチンタンゴといった大衆音楽蓄音機の普及やラジオ放送の開始などで多くの人が聞くようになった。

またハリウッド映画の草創期であり、チャールズ・チャップリンバスター・キートンと言ったコメディアングレタ・ガルボマレーネ・ディートリヒといった女優の出演する映画が映画館で娯楽として見られ、アメリカ映画企業の日本進出も進んだ。チャップリンはこの時期に来日している。映画の技術革新が進み、サイレント映画からトーキー映画への移行が見られたのもこの時期である。

このように大衆文化が開花した時期にはクラシック音楽ではトスカニーニラフマニノフコルトーエンリコ・カルーソーティノ・ロッシなどの優れた音楽家、ピアニスト、歌手が活躍し、日本でも人気を博していった。山田耕筰はラフマニノフの来日を後年出迎えている。

国内の風俗編集

このように、ヨーロッパやアメリカの新しい文化、消費文化が流入、受容される中、日本でも大都市を中心に、西洋と日本独自の近代的な影響を独自に消化した文化が醸成されていった。

大正時代に引き続き竹久夢二の美人画や高畠華宵の美少年・美少女の挿絵などが絶大な人気を得、日本独自の識字率の高さから北原白秋西條八十などの作詞による抒情詩が愛読・愛謡された。また『改造』、『キング』、『文藝春秋』などといった総合雑誌や、岩波文庫円本と呼ばれる廉価な書籍が刊行され、教養の大衆化が進んだ。

川端康成横光利一などの新感覚派文学や、吉川英治中里介山などの大衆文学が出現。雑誌『新青年』などでは江戸川乱歩夢野久作などの怪奇幻想趣味、あるいはエログロナンセンスと呼ばれる作風が一世を風靡し(この分野の開拓者は大正時代の谷崎潤一郎である)、また日夏耿之介が東西古今の怪奇・幻想作品の紹介を行った。黄金バットフクちゃんのらくろ少年探偵団シリーズといった児童向けの娯楽作品が隆盛を極めた。

その他、映画では嵐寛寿郎大河内伝次郎阪東妻三郎といった時代劇スターが現れ、音楽では服部良一古賀政男中山晋平と言った作曲家や淡谷のり子藤山一郎東海林太郎ディック・ミネなどの歌手が活躍した。川畑文子ベティ稲田バッキー白片日系アメリカ人が本場仕込みのジャズやハワイアンを武器に活躍したのも、この時代の特徴である。

大劇場の建築ラッシュが起こり、都心部に東洋劇場日本劇場東京劇場宝塚大劇場東京宝塚劇場日比谷映画劇場が建設された。

新生活編集

   
1933年頃の大阪市営地下鉄御堂筋線
 
水の江滝子を使ったダットサンの広告

また生活様式も大きく変わり、第16回衆議院議員総選挙(普通選挙)が開始、服装も女性は着物和服)に日本髪といったものから洋服を着、断髪し帽子をかぶるといったことが一部の勤め人では一般に浸透しつつあり、それにともない都会では女性の社会進出も進み、タイピストや「バスガール」と呼ばれたバスの女性車掌、ウェイトレス(当時は女給と呼ばれた)など職業婦人が出現するようになった。最先端の洋装を着た女性は「モダン・ガール(モガ)」と呼ばれるようになった(男性版の「モダン・ボーイ(モボ)も存在した)。

市民の足として鉄道会社が開発する沿線の土地には住宅が建てられ、そこに暮らす人々がターミナル駅デパート自家用車で休日に買い物などに立ち寄るといった、中流層の市民生活が一般的になったのも昭和初期からであった。

この時期に開店した主なデパートとして、世界初のターミナル駅デパートである阪急百貨店を始め、三越百貨店大丸百貨店などが挙げられる。都心部では地下鉄の建設が始まった。日本における最初の地下鉄である「東京地下鉄道(現・銀座線)」は1927年昭和2年)に、続いて「大阪市営地下鉄(御堂筋線)」が1933年昭和8年)にそれぞれ開業している。

洋行帰りの実業家らが洋食レストランを開き、都心で成功をおさめるようになったのもこの頃である。当時のカフェーは独身男性の利用が主であったが、いずれもモダンさが受け、人気が高かった。ライスカレーオムライスカツレツなど現在では定番となった洋食メニューが、好んで賞味された。またお子様ランチ森永ミルクキャラメル三ツ矢サイダーカルピスインスタントコーヒーネスカフェ)、サントリー角瓶など、現在でも愛食・愛飲される商品が数多く開発された時期でもある。

前述の鉄道沿線開発では阪急電鉄小林一三東武鉄道根津嘉一郎の近代田園都市建設は名高い。宝塚大劇場甲子園球場が開場(甲子園球場の開場は大正13年)したのはこの頃である(阪神間モダニズム)。

モダニズム建築アール・デコ様式が持てはやされ、旧山邑家住宅甲子園ホテル同潤会アパート聖路加国際病院(旧病院棟)、伊勢丹新宿店、旧朝香宮邸などが建設された。

昭和モダンの終わり編集

五・一五事件二・二六事件以降の軍部の台頭と、政党政治の終焉以降の1930年代後半頃には、1937年勃発の日中戦争の激化と世界的な国際関係の緊張を受け、国家総動員となり、1938年には東京オリンピックも返上。1939年には第二次世界大戦がヨーロッパで始まった。

以降はこれらの文化は「軟弱で贅沢」、「反“新体制”的」として排斥され、昭和モダンは終わりを迎えるが、1941年の対英米戦開始まで欧米の映画や音楽、服装などは高い人気を保り、その後も洋食の外食や演劇、野球などの人気も高かった。

昭和モダンを扱った作品編集

いずれも1941年12月に対英米蘭戦争開戦前、及び開戦後1944年の空襲開始前、当時の明るい面での市民生活を偲ばせる内容となっている。

内地が舞台編集

外地(但し、都市)が舞台編集

昭和モダンの対象となる事物・人物編集

事物編集

人物編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ この内、「紀元二千六百年奉祝東亜競技大会」については、開催中止された昭和15年東京オリンピック大会の代替イベント的役割も担わされ、「アジアのオリンピック」とも呼ばれた。
  2. ^ 南樺太豊原会場および大泊会場の二箇所で開催。
  3. ^ 陸軍特別大演習については、現代での陸上自衛隊による富士総合火力演習同様、一般人も多数見学出来た。明治22年より昭和11年まで毎年、日本各地で実施・巡演。参加兵員・見学一般人員は共に大きく、事実上、観光イベントの側面も持ち合わせたので開催地にもたらされる経済効果は大きかった。 参考HP
  4. ^ 戦前において、東洋一の国際空港。当時の民間航空機技術水準の問題上、関東・関西の空港よりも地理的に上海などの中国大陸に近い北九州に開港されていたこの空港が中心的な役割を果たし、国際便数も圧倒的に多かった。関東・関西に住む当時の富裕層や著名人は、一旦最寄の飛行場より飛行機でここへ向かい、雁ノ巣飛行場発の国際路線に乗り換えて海外旅行を行った。
  5. ^ 講談社が発売していた濃縮タイプの滋養ジュース飲料。
  6. ^ 第一次世界大戦ドイツ軍捕虜ドイツ人食肉マイスター ヘルマン・ウォルシュケにより、日米野球開催中の甲子園球場で売られた日本最初のホットドッグ解説HP
  7. ^ 篠崎商店により製造・販売された国産初のバターボール
  8. ^ 銀座若松が発祥とされている。
  9. ^ オープン当初の名称は「関西国民航空錬成場」。軍用機啓蒙テーマパーク施設。
  10. ^ 後に、→吉行あぐり美容室→吉行あぐりサロンに改称。 http://www.sainet.or.jp/~junkk/mavo/aoi.htm 参考画像HP ※ 上から二番目]
  11. ^ 後に西武福井店となる福井県福井市地元百貨店。松竹歌劇団を模した「だるま屋少女歌劇部」創設および同組織用常設劇場の建設なども手掛けた。
  12. ^ 当時、まだまだ高層建築が殆ど無かった東京都内で愛宕山(標高25.7m)頂上に建築・運営される。
  13. ^ 戦前の日本が、ドイツの国民ラジオの影響を受け、出来るだけ低価格で販売する事を目指したラジオ受信機。基本的な全体デザイン・回路の共通化について、国産家電メーカー全社に徹底させ、昭和10年代の各世帯へ広く普及させる事に成功している。
  14. ^ 民生技術研究成果の商品化は理研グループ
  15. ^ 太宰治など文豪が多数、愛用していた東京市京橋区(現東京都中央区)銀座最初のバー。
  16. ^ 東京方言の一種。例えば女性用では語尾に「ですの」「ですのよ」といった言葉が付く。関東大震災東京大空襲で使い手が激減したと言われる。著名な使い手として、女性タレント兼高かおるなど。
  17. ^ 陸軍皇道派主導による天皇制社会民主主義国家化・寄生地主撤廃による農地開放・財閥企業体の接収国営化。後にGHQ民政局の手により多くの政策が具現化される。
  18. ^ 陸軍統制派主導による社会主義国家創立・計画経済採用の提唱。
  19. ^ クリスマスと同じ12月25日、大正天皇崩御して設けられた新たな祝日。1947年(昭和22年)まで続き、日本でのクリスマス普及に大きな役割を果たす。
  20. ^ 講談社が日本全国から集め、毎年30倍近い競争率で採用の後、修養教育を施しながら労働させた社員見習い児童勤務部署。ただでさえ講談社が雑誌少年倶楽部などを通じ当時の児童達憧れの人気出版企業であったばかりでなく、家庭の経済的事情で中学への進学が適わない事が珍しく無かった時代に、三食付きの全寮制で剣道や勉強も学べ、月5円の給料が支給され、やがては大卒社員と一緒に正社員いわゆるサラリーマン採用の途も開かれている夢の様な民間企業主催制度として羨望の的だった。
  21. ^ 独ダイムラーベンツ社DB 601液冷エンジンのライセンス購入、ハ40液冷エンジンとして国産化成功。外見もBf109に似ていた事から「和製メッサー」とも呼ばれた。他、「ロクイチ」「キのロクイチ」「ロクイチ戦」」など呼称が付く。
  22. ^ 民間旅客機会社「大日本航空」名義で米国より輸入した最新鋭旅客機「ダグラス DC-4E」をベースに、次世代陸軍爆撃機として大幅改良開発。意図していた性能は満たせなかったが、後に輸送機として活躍。
  23. ^ 日本陸軍および日本海軍落下傘部隊(空挺部隊)もしくは落下傘兵(空挺兵)。
  24. ^ 漫画雑誌ではなく、紙芝居を通じ知れ渡る。
  25. ^ 戦後に製作・公開される『若大将シリーズ』の戦前版的作品。
  26. ^ 「我が闘争」日本版の書籍名。日本人、及びアジア人全般への蔑視的表現部分は削除の上、出版された。
  27. ^ 小説雑誌だが、邦訳された「ポパイ」なども連載されていた。
  28. ^ 国際情報社。邦訳された「黒猫フェリックス(フィリックス)」(ジョー・オリオロ作)等を掲載。
  29. ^ 古川ロッパ(古川緑波)生駒雷遊徳川夢声など十数名が参加。
  30. ^ 当時、有名子役として「日本のシャーリー・テンプル」と呼ばれた。
  31. ^ 大河内傳次郎阪東妻三郎嵐寛寿郎片岡千恵蔵市川右太衛門長谷川一夫(旧芸名:林長二郎)七剣聖(時代劇六大スターに、月形龍之介を加えたもの)。
  32. ^ 血筋が由緒ある五摂家の近衞家第30代目当主であり後陽成天皇の12世孫、更に左右思想・国内外を問わず広い人脈を持つなど、当初は大きな期待を寄せられ人気があった。
  33. ^ 立憲政友会ニューリーダーとして国民から人気があったが、急逝。
  34. ^ 官僚でありながら国民的人気・知名度は高く、「東京市長」「逓信大臣」「内務大臣」「外務大臣」「台湾総督府民政長官」「南満州鉄道(満鉄)初代総裁」を歴任。
  35. ^ 日本式の漢字など、日本語の独学にも熱心に取り組んでいた。
  36. ^ 芥川賞直木賞を創設した流行有名作家の他、雑誌文藝春秋創業社長で大映初代社長という実業家の面を持つ。麻雀愛好家で馬主であり愛人も多数、当時まだ航空運賃相場が超高額で利用者も珍しかった旅客機国内便(大日本航空)を頻繁に利用するなど生活も華美で派手だった。

出典編集

参考資料編集

  • 『女学生手帖—大正・昭和乙女らいふ』内田静枝/弥生美術館・編 河出書房新社 2005年
  • 『女学校と女学生—教養・たしなみ・モダン文化』稲垣恭子・著 中央公論新社 2007年
  • 『教科書には載っていない! 戦前の日本』武田知弘・著 彩図社 2008年

関連項目編集