メインメニューを開く

昭和史発掘』(しょうわしはっくつ)は、小説家松本清張によるノンフィクション作品1964年7月6日号から1971年4月12日号まで文藝春秋の週刊誌『週刊文春』に連載された。発行部数は300万部を突破している[1]。1967年の第1回吉川英治文学賞、1970年の第18回菊池寛賞受賞作品。

昭和史発掘
著者 松本清張
発行日 1965年 - 1972年
発行元 文藝春秋新社
ジャンル ノンフィクション
日本の旗 日本
言語 日本語
前作 現代官僚論
次作 火の虚舟
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

田中義一陸軍機密費問題から日本近代史の分岐点と捉えた二・二六事件までを、関係者への取材や膨大な史料を駆使して描いている。

内容編集

文春文庫新装版(全9巻、2005年)による。

※単行本(1965-1972)及び文庫旧版は全13巻。なお、単行本第13巻の末尾には、74ページにわたる全巻の人名索引が付されているが、文庫新装版では索引が省略されている。内容の詳しい検討を望む人は留意されたい。

単行本未収録作品編集

単行本に再録されなかったものに以下の2編がある(『対談 昭和史発掘』文春新書、2009年、および『昭和史発掘 特別篇』文春学藝ライブラリー、2019年、に再録)。

  • 第16話「政治の妖雲・穏田の行者」『週刊文春』第9巻第1 - 2号(1967年1月2日号 - 1月9・16日合併号) - 飯野吉三郎
  • 第18話「「お鯉」事件」『週刊文春』第9巻第14 - 19号(1967年4月10日号 - 5月15日号) - 1934年に起こった事件。小山松吉法相が検事総長時代に赤坂の待合「鯉住」で接待を受けた、として岡本一巳代議士らにより告発されたが、逆に岡本が誣告として有罪となった。「鯉住」の女将が、元芸妓で桂太郎の愛妾であったお鯉こと安藤てるであり、彼女が小山が「鯉住」に来たことを証言した(のち偽証で有罪)ことからこの名がある。

担当編集者であった藤井康栄によれば、この2編はもともと当初の予定にはなく、番外編のつもりで書かれたもので、単行本化に際しては松本自身から「あの二本ははずす」という指示があったという[2]

脚注・出典編集

  1. ^ 佐野洋・半藤一利・郷原宏による「週刊誌連載時代の松本清張」(『松本清張研究』第8号 北九州市立松本清張記念館 2007年)
  2. ^ 松本清張 『昭和史発掘 特別篇』 文藝春秋〈文春学藝ライブラリー〉、2019年8月10日、8頁。ISBN 978-4-16-813082-3 

関連書編集

  • 『二・二六事件 研究資料』(1976年・1986年・1993年、文藝春秋、全3巻):連載の過程で発掘した新史料を収録。
  • 『松本清張の残像』(藤井康栄、2002年、文春新書):連載当時の担当編集者で史料収集をしていた藤井(現:北九州市立松本清張記念館館長)による回想。
  • 『対談―昭和史発掘』(2009年、文春新書):城山三郎五味川純平鶴見俊輔との対談、及び単行本・文庫本未収録の「政治の妖雲・穏田の行者」「『お鯉(こい)』事件」を収録。『昭和史発掘 特別篇』(2019年、文春学藝ライブラリー)として再刊。