昭和幻燈館

東京都青梅市にある博物館

昭和幻燈館(しょうわげんとうかん)は、東京都青梅市にある博物館である。

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 昭和幻橙館
昭和幻燈館.jpg
昭和幻橙館
施設情報
専門分野 昭和の商品
館長 横川秀利
開館 2005年4月29日
所在地 東京都青梅市住江町9
位置 北緯35度47分19.7秒 東経139度15分41.0秒 / 北緯35.788806度 東経139.261389度 / 35.788806; 139.261389
アクセス JR青梅線青梅駅から徒歩6分
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

概要編集

2005年平成17年4月29日に開館[1]昭和レトロをテーマとした,昭和レトロ商品博物館青梅赤塚不二夫会館2020年3月に閉館)に次いで,3館目の展示施設である。館長は横川秀利。昭和の看板だけではなく,猫をテーマとしたグッズが展示されている。墨絵作家の有田ひろみのガラス絵や、ぬいぐるみ作家の有田ちゃぼのぬいぐるみ作品が展示されている。また,ジオラマ作家の山本高樹による昭和30年ころの青梅の街並みを再現したジオラマが展示されている。

展示スペースの他にお土産コーナーが併設されている。

入場料編集

  • 大人200円、小・中学生100円

ジオラマ展示リスト編集

  • 電気キネマ館
  • 妖しの見世物小屋
  • 隠れ里の温泉
  • サムライ商会
  • ガード下パラダイス
  • 坂の上の遊郭
  • 雪国の市
  • 冬支度
  • 墨東の色町
  • 荷風と額縁ショウ
  • 凌雲閣の怪人
  • 駄菓子屋

注釈編集

  1. ^ 丹青研究所 (2006年). “Museum Data”. Museum Data No.70: p.14. 

関連項目編集

外部リンク編集