昭和34年台風第7号

1959年の台風7号

昭和34年台風第7号(しょうわ34ねんたいふうだい7ごう、国際名:ジョージア / Georgia)は、1959年8月静岡県に上陸し、近畿地方東海地方甲信地方等に甚大な被害をもたらした台風である[1]ジョージア台風とも呼ばれる[2]

昭和34年台風第7号
ジョージア台風
カテゴリー3の タイフーン  (SSHS)
発生期間 1959年8月12日0時(UTC)〜8月14日18時(UTC)
寿命 2.7日間(66時間)
最低気圧 960 hPa
最大風速
(気象庁解析)
最大風速
(米海軍解析)
110 kt(1分間平均)
被害総額
移動距離 2,563 km(平均移動速度:38.8 km/h)
死傷者数 死者188人・行方不明者47人・負傷者1,528人
被害地域 日本の旗 日本 (近畿~東北、特に甲信)

概要編集

 
進路図

1959年8月12日9時、2日前にマリアナ諸島の東に発生した熱帯低気圧が北西に移動し、硫黄島の南東海上で台風7号に変わった[3][4][1]。7号は勢力を強めながら速い速度で北上して、14日の6時30分頃に、駿河湾を抜けて時速60 kmの速さで静岡県の富士川河口付近に上陸[5][1][6]。その後も北進を続けて、10時には新潟県上越市付近を通って日本海へ進み、15日には弱い熱帯低気圧に変わって沿海州に再上陸した[1]

被害編集

消防白書によると、この台風による被害は、死者188人・行方不明者47人・負傷者1,528人に加え、住家全壊4,089棟・住家半壊10,139棟・床上浸水32,298棟・床下浸水116,309棟となっている[1]。1951年の統計開始以降では、死者・行方不明者数が8番目に、負傷者数が6番目に、被害を受けた住家数が10番目に、浸水被害の件数が9番目にそれぞれ多い台風となり、日本における台風の歴史の中でも記録的な被害となった。

この台風では、強い風の範囲は狭かったものの、移動速度が速かったことから中心付近では風が非常に強く、山梨県甲府市最大風速33.9 m/s(最大瞬間風速43.2 m/s)、静岡県石廊崎で48.8 m/s(同64.0 m/s)を記録した[7][1][5]。 山梨県や長野県など甲信地方の各地では、住家の倒壊や果樹の落下、河川の氾濫や土石流等の被害が甚大であった[5][8]。 また、近畿地方から関東地方にかけて200 mmを超える大雨が降り、山間部では600~800 mmに達した。岐阜県では、集中豪雨により牧田川が氾濫するなどした。7号が襲来する前の8月8日から10日にかけて、台風6号前線による大雨があったため、その直後に台風が再来したことが引き金で、甲信地方をはじめ近畿地方や東海地方などではさらに大きな被害となった[1]。これに加えて、同年9月には後に伊勢湾台風と名付けられる台風15号が襲来したため、無防備状態が続く被災地に追い討ちをかけるように暴風雨が起こり、さらに被害を拡大させる結果に至った[7]。ちなみに、1959年は台風7号と伊勢湾台風により各地で甚大な被害が出たことから、その被災地である山梨県等ではこれらをまとめて「昭和34年災害」とも呼んでいる[9][10][11][12][13]

死者・行方不明者が多い台風(1951年以降)
順位 名称 国際名 死者・行方不明者数
1 伊勢湾台風(昭和34年台風第15号) Vera 1959年 5,098
2 洞爺丸台風(昭和29年台風第15号) Marie 1954年 1,761
3 狩野川台風(昭和33年台風第22号) Ida 1958年 1,269
4 ルース台風(昭和26年台風第15号) Ruth 1951年 943
5 昭和28年台風第13号 Tess 1953年 478
6 昭和41年台風第24号 Helen 1966年 318
昭和41年台風第26号 Ida 1966年
8 昭和34年台風第7号 Georgia 1959年 235
9 昭和40年台風第29号 Carmen 1965年  209
10 第2室戸台風(昭和36年台風第18号) Nancy 1961年 202
負傷者が多い台風(1951年以降)
順位 名称 国際名 負傷者数
1 伊勢湾台風(昭和34年台風第15号) Vera 1959年 38,921
2 第2室戸台風(昭和36年台風第18号) Nancy 1961年 4,972
3 ルース台風(昭和26年台風第15号) Ruth 1951年 2,644
4 昭和28年台風第13号 Tess 1953年 2,559
5 洞爺丸台風(昭和29年台風第15号) Marie 1954年 1,601
6 昭和34年台風第7号 Georgia 1959年 1,528
7 平成3年台風第19号 Mireille 1991年  1,499
8 平成16年台風第18号 Songda 2004年  1,364
9 狩野川台風(昭和33年台風第22号) Ida 1958年  1,138
10 平成11年台風第18号 Bart 1999年 1,077
日本の住家被害が大きい台風(日本1951年以降)[14][15]
順位 名称 国際名 住家被害
1 伊勢湾台風(昭和34年台風第15号) Vera 1959年 833,965
2 第2室戸台風(昭和36年台風第18号) Nancy 1961年 499,444
3 ルース台風(昭和26年台風第15号) Ruth 1951年 221,118
4 洞爺丸台風(昭和29年台風第15号) Marie 1954年 207,542
5 平成3年台風第19号 Mireille 1991年 170,447
6 平成30年台風第21号 Jebi 2018年 97,910
7 昭和28年台風第13号 Tess 1966年 86,398
8 昭和30年台風第22号 Louise 1955年 85,554
9 令和元年房総半島台風(令和元年台風第15号) Faxai 2019年  76,874
10 昭和34年台風第7号 Georgia 1959年 76,199
浸水被害が大きい台風(1951年以降)
順位 名称 国際名 浸水被害
1 狩野川台風(昭和33年台風第22号) Ida 1958年 521,715
2 昭和28年台風第13号 Tess 1953年 495,875
3 昭和51年台風第17号 Fran 1976年 442,317
4 第2室戸台風(昭和36年台風第18号) Nancy 1961年 384,120
5 伊勢湾台風(昭和34年台風第15号) Vera 1959年 363,611
6 昭和40年台風第24号 Trix 1965年 251,820
7 昭和29年台風第12号 June 1954年 181,380
8 昭和49年台風第8号 Gilda 1974年 148,934
9 昭和34年台風第7号 Georgia 1959年 148,607
10 昭和47年台風第20号 Helen 1972年 146,547

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g 台風第7号 昭和34年(1959年) 8月12日~8月14日”. www.data.jma.go.jp. 2020年4月6日閲覧。
  2. ^ IX.その他の資料 横浜市、2020年4月15日閲覧
  3. ^ 昭和34年災害の記録 | 富士川砂防事務所 | 国土交通省 関東地方整備局”. www.ktr.mlit.go.jp. 2020年4月6日閲覧。
  4. ^ デジタル台風:台風195907号 (GEORGIA) - 総合情報(気圧・経路図)”. agora.ex.nii.ac.jp. 2020年4月6日閲覧。
  5. ^ a b c 昭和34年台風7号(1959年8月14日) | 災害カレンダー” (日本語). Yahoo!天気・災害. 2020年4月6日閲覧。
  6. ^ みんなの山梨アルバム「台風被災地・釜無川流域(武川・祖母石)」”. www.mmdb.net. 2020年4月6日閲覧。
  7. ^ a b 災害史年表 | 甲府市防災情報WEB” (jp). 2020年4月6日閲覧。
  8. ^ 山梨の災害史”. 2020年4月6日閲覧。
  9. ^ あれから50年 あの日を忘れない”. www.sannichi-ybs.co.jp. 2020年4月6日閲覧。
  10. ^ 「昭和34年の台風災害」60年 被災現場で教訓学ぶ 富士川 /山梨” (日本語). 毎日新聞. 2020年4月6日閲覧。
  11. ^ 昭和34年災害60年 専門家が防災講演 甲府 /山梨” (日本語). 毎日新聞. 2020年4月6日閲覧。
  12. ^ 昭和34年災害の記録 | 富士川砂防事務所 | 国土交通省 関東地方整備局”. www.ktr.mlit.go.jp. 2020年4月6日閲覧。
  13. ^ 山梨)60年前の大雨災害のパネル展 県内を巡回:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2020年4月6日閲覧。
  14. ^ 北本朝展 (定期更新 (アーカイブ版は2016年05月22日更新)). “デジタル台風:台風被害リスト”. 国立情報学研究所. 2020年10月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月11日閲覧。
  15. ^ 台風による災害の例: 日本に大きな被害を与えた台風の一覧”. 国土交通省気象庁 (定期更新 (アーカイブ版は2021年更新)). 2021年4月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月27日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集