昭和37年台風第7号

昭和37年台風第7号(しょうわ37ねんたいふうだい7ごう、国際名:Louise[1] / ルイーズ)は、1962年7月に紀伊半島に上陸した台風である。

台風第7号
Louise(ルイーズ)
カテゴリー1の タイフーン  (SSHS)
発生期間 1962年7月21日0時 - 7月28日0時 (UTC)
寿命 7日間
最低気圧 960 hPa
最大風速
(気象庁解析)
最大風速
(米海軍解析)
80 knot (1分間平均)
被害総額
死傷者数 死者13人・負傷者27人・行方不明者1人
被害地域 日本の旗 日本

概要編集

 
進路図

1962年7月21日に南鳥島の南東で台風7号が発生。台風は発達しながら北上して、27日13時頃に、中心気圧970hPa・最大瞬間風速33m/sの勢力で和歌山県周参見町に上陸し、奈良県滋賀県を通過。翌28日の朝に岐阜県の南部で消滅した[2]

影響・被害編集

台風の影響で、奈良県天川村山上ヶ岳では759mmもの雨が降り、 静岡県浜岡町湖西町で山崩れによって4人が死亡し、同県で27戸の家屋が全壊、21戸が半壊、60か所の道路が損壊、橋梁17か所が流失、1,151haの田畑が冠水したのをはじめとし、東海地方近畿地方四国地方の各地で13人が死亡、27人が負傷し、1人が行方不明となった[2]。また、住宅28棟が全壊、17棟が半壊、142棟が破損、2棟が流失、1,426棟が床上浸水、8,949棟が床下浸水、船舶7隻が沈没などの被害を受けた[2]

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集