昭和37年台風第9号

昭和37年台風第9号(しょうわ37ねんたいふうだい9ごう、国際名:Nora / ノラ)は、1962年8月に北海道に上陸した台風である。

台風第9号
Nora・ノラ
カテゴリー1の タイフーン  (SSHS)
発生期間 1962年7月29日6時 - 8月3日18時(UTC
寿命 5日12時間
最低気圧 968 hPa
最大風速
(気象庁解析)
最大風速
(米海軍解析)
75 knot(1分間平均)
被害総額 758億8313万円(一部台風10号による被害含む)
死傷者数 死者・行方不明者35人・負傷者39人
被害地域 日本の旗 日本

概要編集

 
進路図

1962年7月29日に沖ノ鳥島の南西で発生した台風9号は、発達しながら北上して、8月1日早朝に中心気圧968hPa・最大風速35m/sの最盛期勢力で沖縄を通過[1]東シナ海を北上し、2日夜から3日朝にかけて朝鮮半島を横断した[2]。その後前線を伴いながら日本海を北東に進み、衰弱しながら4日未明に北海道寿都町に上陸。渡島半島を通過し日高沖に抜けて温帯低気圧に変わった[2][1]

影響・被害編集

北海道では、台風の影響で道央道南を中心に大雨となった。渡島半島南部に停滞していた梅雨前線の活動が活発化し[3]、 2日夜から4日朝にかけての北海道での雨量は200mmを超え、石狩川千歳川十勝川などが氾濫[1]根室本線狩勝新内駅間で10万㎥の土砂が流されて線路が約80mにわたって宙づりになった[1]。2日から3日にかけての降水量は、倶知安で276.6mm(3日は180.9mmで8月史上1位)、小樽で234.6mm(3日は161.0mmで8月史上1位)、岩見沢で211.2mmであった。3日の降水量は札幌で155.9mm(8月史上3位)、浦河で145.6mm、帯広で117mmなどとなった[2]後志空知上川十勝胆振や日高管内などで大きな被害となった[2]。またそれ以前に、九州宮崎県鹿児島県などにも被害がもたらされた。

この台風により、死者・行方不明者35人、負傷者39人、全壊家屋163棟、流失375棟、半壊1,358棟、床上浸水16,373棟、床下浸水32,372棟の被害となった[2]。また、田畑被害240,909haのほか、河川2,712ヶ所、道路1,072ヶ所、橋564カ所がそれぞれ欠壊、漁船40隻が被害を受け、漁港施設も104件が被災した[2]

また8月10日には、台風10号から変わった温帯低気圧が北海道に上陸し、再び被害をもたらした[1]

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集