昭和51年台風第17号

昭和51年台風第17号(しょうわ51ねんたいふうだい17ごう、国際名:フラン〔Fran〕)は、1976年(昭和51年)9月に発生し、日本全国に記録的な大雨をもたらした台風である。

台風第17号(Fran、フラン)
カテゴリー4の スーパー・タイフーンSSHWS
台風第17号
台風第17号
発生期間 1976年9月4日 15:00
9月14日 6:00
寿命 9日15時間
最低気圧 910 hPa
最大風速
(日気象庁解析)
60 m/s
最大風速
米海軍解析)
130 knot
被害総額
死傷者数 死者161名、行方不明10名、負傷者537名
被害地域 日本
プロジェクト:気象と気候プロジェクト:災害
テンプレートを表示

台風がもたらした降雨量の正式な統計は存在しないが、この台風の800億トンを超える降雨量は、おそらく歴代第1位とされる。

目次

概要編集

  • 1976年9月3日カロリン諸島東部に熱帯低気圧発生。
  • 9月4日トラック島の北西海上で台風17号となる。
  • 急速に発達し、9月8日に最盛期となる。中心気圧910hPa、最大風速60m/s。
  • 9月9日に南西諸島を通過後、9月10日から9月12日まで九州の南西海上でほとんど停滞。
  • 台風の長期間の停滞と、前線の関東から四国付近での停滞により、全国的に大雨となった。
  • 9月13日、長崎市付近に上陸した。
  • 台風がもたらした総雨量は、834億トンに達した。
  • 総雨量1000mm以上を観測した地点が岐阜三重奈良徳島香川愛媛鹿児島県など、全部で23ヶ所にのぼった。徳島県木頭村日早では、総雨量が2781mmに達した。また、香川県小豆島内海町では、1328mmに達した。
  • 岐阜県では、長良川の上流で1000mmを超える降水のため、安八郡安八町で堤防が決壊した。
  • 温帯低気圧にかわる直前、秋田県の沖合付近で南側にUターンという不思議な動きをした。
  • 9月13日、兵庫県一宮町(現:兵庫県宍粟市一宮)で山津波が発生。この時、9月8日からの降り始めからの降水量が637mmに達していた。6時50分に一次崩壊、9時20分に土砂が流出し20分後に泥流した土塊によって下三方小学校が60m流された。[1][2]

被害状況編集

  • 死者 - 161名、行方不明 - 10名、負傷者 - 537名
  • 住家全壊 - 1,669棟、住家半壊 - 3,674棟
  • 床上浸水 - 101,103棟、床下浸水 - 433,392棟
  • 耕地被害 - 80,304ha
  • 船舶被害 - 237隻

脚注編集

外部リンク編集