昭和51年台風第17号

昭和51年台風第17号(しょうわ51ねんたいふうだい17ごう、国際名:フラン〔Fran〕)は、1976年(昭和51年)9月に発生し、日本全国に記録的な大雨をもたらした台風である。台風がもたらした降雨量の正式な統計は存在しないが、この台風の800億トンを超える降雨量は、おそらく歴代第1位とされる。

台風第17号(Fran、フラン)
カテゴリー4の スーパー・タイフーンSSHWS
台風第17号
台風第17号
発生期間 1976年9月4日 15:00
9月14日 6:00
寿命 9日15時間
最低気圧 910 hPa
最大風速
(日気象庁解析)
60 m/s
最大風速
米海軍解析)
130 knot
被害総額 2,080億円
平均速度 21.2 km/h
移動距離 4,952 km
上陸地点 長崎県長崎市付近
死傷者数 死者161名、行方不明10名、負傷者537名
被害地域 日本の旗 日本
プロジェクト : 気象と気候災害
テンプレートを表示

概要編集

 
進路図

1976年9月3日カロリン諸島東部に熱帯低気圧が発生し、4日にトラック島の北西海上で台風17号となる[1]。17号は北西に進みながら急速に発達し、8日に最盛期を迎える。最盛期の中心気圧910hPa、最大風速は60m/sであった。9日に南西諸島を通過後、10日から12日朝までの間は、九州の南西海上でほとんど停滞[1]。新聞では「のろま台風」として扱われた[2]。 13日1時40分頃、17号は長崎県長崎市付近に上陸した。その後は日本海を北東に進むが、14日朝に温帯低気圧に変わる直前、秋田県の沖合付近で南側にUターンするという不思議な動きをした。

被害編集

 
大規模な堤防の決壊が発生した長良川

台風の長期間の停滞と、前線の関東から四国付近での停滞によって全国的に大雨となり、土砂災害洪水などの被害が多発した。九州から中部地方にかけては、期間降水量が500~1,000mmに達し、四国地方では2,000mmに達した所もあり、台風がもたらした総雨量は、834億トンに達した。総雨量1000mm以上を観測した地点は岐阜三重奈良徳島香川愛媛鹿児島県など、全部で23ヶ所にのぼる。

徳島県木頭村日早では、総雨量が2781mmに達した。 香川県小豆島内海町では、1328mmに達した。島内では土石流が続発して海岸沿いの集落が孤立、海上から巡視船による救出活動が行われた[3]。 さらに岐阜県では、長良川の上流で1000mmを超える降水のため、安八郡安八町大森番場地内で右岸堤防が決壊、同町のほぼ全域が水没した。さらに水没地域は輪中内堤防を越えて隣の輪之内町墨俣町へと拡大した[4]

9月13日、兵庫県一宮町(現:兵庫県宍粟市一宮)で山津波が発生。この時、8日からの降り始めからの降水量が637mmに達していた。6時50分に一次崩壊、9時20分に土砂が流出し20分後に泥流した土塊によって下三方小学校が60m流された[5][6]

  • 死者 - 161名、行方不明 - 10名、負傷者 - 537名
  • 住家全壊 - 1,669棟、住家半壊 - 3,674棟
  • 床上浸水 - 101,103棟、床下浸水 - 433,392棟
  • 耕地被害 - 80,304ha
  • 船舶被害 - 237隻
大雨インパクト指数が大きい台風
順位 台風 国際名 大雨指数
1 平成23年台風第15号 Roke 2011年 10000
2 平成29年台風第21号 Lan 2017年 8527
3 平成30年台風第7号 Prapiroon 2018年 8491
4 平成16年台風第23号 Tokage 2004年 8427
5 昭和51年台風第17号 Fran 1976年 8366
6 平成17年台風第14号 Nabi 2005年 7885
7 平成2年台風第19号 Flo 1990年 7833
8 昭和54年台風第20号 Tip 1979年 7451
9 平成23年台風第12号 Talas 2011年 6863
10 平成19年台風第4号 Man-yi 2007年 6859
浸水被害が大きい台風(1951年以降)
順位 名称 国際名 浸水被害
1 狩野川台風(昭和33年台風第22号) Ida 1958年 521,715
2 昭和28年台風第13号 Tess 1953年 495,875
3 昭和51年台風第17号 Fran 1976年 442,317
4 第2室戸台風(昭和36年台風第18号) Nancy 1961年 384,120
5 伊勢湾台風(昭和34年台風第15号) Vera 1959年 363,611
6 昭和40年台風第24号 Trix 1965年 251,820
7 昭和29年台風第12号 June 1954年 181,380
8 昭和49年台風第8号 Gilda 1974年 148,934
9 昭和34年台風第7号 Georgia 1959年 148,607
10 昭和47年台風第20号 Helen 1972年 146,547
被害額が多い台風(日本)
順位 名称 国際名 被害額
1 昭和57年台風第10号 Bess 1982年 5,916億円
2 平成3年台風第19号 Mireille 1991年 5,735億円
3 昭和56年台風第15号 Thad 1981年 2,272億円
4 昭和51年台風第17号 Fran 1976年 2,080億円
5 平成5年台風第13号 Yancy 1993年 1,755億円
6 平成11年台風第18号 Bart 1999年 1,631億円
7 平成2年台風第19号 Flo 1990年 1,322億円
8 昭和60年台風第6号 Irma 1985年 1,303億円
9 平成16年台風第18号 Songda 2004年 1,262億円
10 昭和57年台風第18号 Judy 1982年 1,258億円

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 台風第17号 昭和51年(1976年) 9月8日~9月14日”. www.data.jma.go.jp. 2020年4月17日閲覧。
  2. ^ ジリジリのろま台風 豪雨被害、連日各地で 団地の道路水没『朝日新聞』1976年(昭和51年)9月11日夕刊、3版、9面
  3. ^ 山からは鉄砲水 死者・不明二十四人に 住民、巡視船で脱出『朝日新聞』1976年(昭和51年)9月13日朝刊、13版、22面
  4. ^ ふくれる濁流、堤防無力 電柱倒し、車ひとのみ 奈良らの水、町にうずまく『朝日新聞』1976年(昭和51年)9月13日朝刊、13版、23面
  5. ^ 地すべりの概要と復旧計画 兵庫”. 消防庁 . 2015年9月11日閲覧。
  6. ^ (061)一宮町 下三方地区『山津波(やまつなみ)』と『抜山(ぬけやま)”. 宍粟市 . 2015年9月11日閲覧。

外部リンク編集