昭和61年豪雪(しょうわ61ねんごうせつ・61豪雪)は、1985年12月から1986年3月にかけて、南岸低気圧により日本で発生した大雪である。新潟県能生町(現・糸魚川市)では1月26日に雪崩が発生した(柵口雪崩災害)。また、3月23日には、関東地方などで「春の大雪」となった。栃木県日光山梨県河口湖で75cm、横浜で10cm、東京都心で9cmの最深積雪を記録した。吹雪による鉄塔倒壊で、50時間以上にもおよぶの停電断水などが発生し、約3,000,000人が影響を受けた。西武新宿線田無駅で、大雪によるブレーキ故障によるとみられる列車衝突の事故が発生し、204人が負傷するなど、鉄道の事故もあった[1]

各地点での積雪量編集

いずれも地名の後は積雪量(cm)を表す。

  • 2月18-19日 - 東京18 横浜37 千葉15 熊谷22 秩父25 館野22 水戸13 宇都宮18 日光41(降雪45) 前橋26 白河29 福島33 仙台17 石巻17(14) 大船渡21(19) 軽井沢28 松本33 諏訪25 飯田35 甲府46 河口湖32 広島15
  • 3月23日 - 東京9 横浜10 千葉2 熊谷10 秩父38 水戸8 館野7 宇都宮6 日光75 前橋16 軽井沢43 松本21 諏訪21 河口湖75

被害編集

  • 死者88人[2]
  • 負傷者504人
  • 住家全半壊・一部損壊119棟
  • 住家浸水165棟

大規模な雪崩があった新潟県では、死者41人・重傷者112人・軽傷者 83人の人的被害があった。

脚注編集

  1. ^ 関東地方で春の大雪(1986年3月23日) | 災害カレンダー” (日本語). Yahoo!天気・災害. 2021年3月7日閲覧。
  2. ^ 61豪雪” (日本語). ながおか防災ホームページ. 2021年3月7日閲覧。