昭懿貴妃 (宋仁宗)

昭懿貴妃(しょういきひ、? - 1104年)は、北宋仁宗の貴妃(側室)。姓は張氏温成皇后張氏(生前は貴妃)とは別人。

生涯編集

後宮に入って延安郡君となった。後、賢懿恭穆帝姫(充媛董氏の次女)の養育を任された。熙寧9年(1076年)11月、養女の結婚の頃、正四品美人にいたった。哲宗が即位すると、婕妤に上った。徽宗の時、充儀に進み、賢妃にいたった。

崇寧3年(1104年)、薨去した。昭懿とされた。

伝記資料編集

  • 『宋会要輯稿』