昭淑貴妃(しょうしゅくきひ、1022年 - 1114年)は、北宋仁宗の側室。姓は周氏

生涯編集

開封の人。4歳から姑母と一緒に後宮に入った。のち侍女を務め、わずかに年下の張貴妃(温成皇后)と「母娘」の契りを結んだ。仁宗と関係して安定郡君となり、皇十女(令徳景行帝姫中国語版)と皇十二女(懿穆帝姫中国語版)を産んだ。才人となり、美人、婕妤婉容(嬪)にうつった。

仁宗が崩じた後は、一日一食菜食し、一室に引きこもって仏書を誦する生活を送った。神宗時代に賢妃に進み、徽宗時代に貴妃にいたった。93歳で薨去し、昭淑とされた。

伝記資料編集