メインメニューを開く

昭王(卲王、しょうおう)は周朝の第4代王。

昭王 姫瑕
第4代王
王朝
在位期間 前995年 - 前977年
都城 鎬京
姓・諱 姫瑕
生年 前1027年
没年 前977年
康王
后妃 房后

即位後、淮夷の反乱が発生したがこれを平定した。積極的な南方遠征で東夷26邦を従わせ、さらにへの遠征を実施するが、遠征途中に行方不明となった。楚軍の攻撃により戦死したと言われている。

史記』の周本紀によると、南方を巡狩(視察)して戻ってくることなく死に、その死は諸侯にも知らされなかった。一方、同書の斉太公世家によると、桓公が諸侯を率いて楚を破った。そのとき楚の成王への問責の一つに、300年前昭王が南方の巡狩から帰ってこなかったことをあげている。昭王が楚王の先祖との戦いで戦死したことは、諸侯のあいだで周知であったとみえる。