メインメニューを開く

昭節貴妃(しょうせつきひ、1017年 - 1086年)は、北宋仁宗の貴妃。姓は苗氏

生涯編集

仁宗の乳母許氏(後に粛成賢穆呉越国夫人となった)の次女として生まれた。父の苗継宗は、右班殿直に封ぜられた。姉の苗氏は、永安県君に封ぜられた。

初め仁寿郡君に授され、才人となり、昭容嬪、賢妃に進み、徳妃にいたった。趙昕と福康公主(荘孝明懿帝姫)を産んだ。

英宗が即位すると、貴妃に上った。元祐元年(1086年)、死去した。昭節とされた。

伝記資料編集

  • 『宋会要輯稿』