メインメニューを開く

井田 是政(いだこれまさ)は、日本武士であり、地名に残る開拓を行った領主北条氏照家臣であり、主君自害後に現在の東京都府中市是政の地(古くは「横山村」)を開拓し村を開いた。この功績により、この地に名が付いた。

 
井田是政
時代 戦国時代 - 江戸時代
別名 井田摂津守是政
墓所 府中市日吉町 東京競馬場内(東京都指定文化財
主君 北条氏照
氏族 畠山重忠
父母 井田政能

東京競馬場第3コーナー付近の通称「大欅」のところに井田一族の墓(是政塚)があり、この墓からは鎌倉・室町時代の板碑が出土している。

開拓された地の地名は「是政」と付けられた。武蔵国多摩郡是政村(江戸時代 - 1899年)、多磨村是政(1899年 - 1954年)となり、府中市施行によりこの多磨村は府中町府中駅)や西府村と合併、府中市是政となった。

資料編集

関連項目編集