メインメニューを開く

時のわらし(ときの-)とは、兵庫県明石市マスコットキャラクターである。

時のわらし
対象
分類 市町村のマスコットキャラクター
デザイン 芝山努
指定日 1992年
指定者 明石市長
テンプレートを表示

概要編集

1991年に制作された同市のオリジナルアニメ『アニメ明石市史・明石と時のこどもたち』(但しアニメエンディングクレジットでは1992年3月と表記)の主人公として初登場。その愛らしい風貌が好評でそのまま明石市のマスコットとなる。2011年に制作された同市のオリジナルアニメ第2弾『明石と時の思い出』にも主人公として活躍した。

誕生日は1888年1月1日。この日は東経135度(子午線)が日本全国の標準時として施行された日である。つまり現在享受している日本の標準時が生まれたと同時に誕生した。

普段は古い時計の中に住んで明石の時間を守っているかわいい妖怪(妖精)で、手に持っているタイムマシンで明石の歴史ならどこへでも行くことができる。

アニメの劇中では毎回ではないものの「時!」という呪文のようなものを唱えることがあり、この呪文によってこどもたちとタイムトラベルを行なっていた。

また時のわらしが着用しているチャンチャンコの背中にはトンボが描かれているが、これは明石市人丸展望台にある標準時子午線の標柱にトンボがデザインされていることからきているもので、人丸展望台のトンボは時のわらしの親友である。

劇中での一人称は「おいら」。

キャラクターデザインは芝山努(エンディングクレジットでのキャラクターデザインは柳田義明、2011年版は山田みちしろ)。

声は杉山佳寿子が担当、1991年版のエンディングテーマ「へいきのへっ!」も歌っている。2011年版はイノサコイノコ(猪砂和世から改名)。

明石市内で行なわれる「時のウィーク」などのイベント会場に着ぐるみで登場している。

関連項目編集

外部リンク編集