メインメニューを開く

時代おくれ」(じだいおくれ)は、河島英五シングルレコードである。1986年8月27日発売。発売元はCBS・ソニーレコード品番は07SH-1804。

時代おくれ
河島英五シングル
リリース
ジャンル 歌謡曲
時間
レーベル CBS・ソニー
チャート最高順位
ゴールドディスク
  • 日本有線大賞 - 特別賞
  • テンプレートを表示


    解説編集

    河島英五のCBS・ソニー移籍第1弾として発表されたシングル盤である。オリコン誌でのチャート・アクションは目立った記録を残してはいないが、同年の『日本有線大賞』では「特別賞」を受賞した。

    その表題曲「時代おくれ」は白鶴酒造コマーシャルソングに起用された楽曲で、酒場を舞台に、自身の生き様を静かに見つめ考える男性の心情を描いている。発売年である1986年は、のちにバブル景気などと呼ばれる空前の好景気の入口にあたり[1]、流行を追った「トレンド」なる言葉がはやりつつあった時代のさなか[2]、「時代おくれの男になりたい」とあえて綴られた歌詞が特徴のひとつとして挙げられる。作詞阿久悠作曲森田公一によるもので、1972年に発表された和田アキ子の「あの鐘を鳴らすのはあなた」を手がけたコンビでもある。後年、森田公一が音楽ユニット「森田公一とトップギャランII」名義でセルフカバーをした(1991年11月21日発売:VIDL-10178)。

    1986年の発売当時は4万枚程度の売上にとどまったが[3]、1991年6月15日、NHK総合で放送された特別番組『阿久悠 歌は時代を語り続けた[4]』では、河島英五によって「時代おくれ」が披露された。その後、レコード会社への問い合わせの電話が1日に何本もかかるようになり[3]、反響の多さから同年9月21日にシングルが再発売され(カップリング曲は「自分のことをどのくらい知ってますか」に変更)、『第42回NHK紅白歌合戦』の出場歌手として選出されるに至った。当日は第1部の白組トリで、ピアノを弾きながら歌われている。尚、その紅白が放送された1991年バブル景気の終焉と定義される年である。

    酒と泪と男と女」と並び、河島英五の代表曲のひとつになっている。河島の急逝後に行われたイベントでは、山崎まさよしカバーした(未CD化)。

    2017年8月27日に放送された24時間テレビ40「愛は地球を救う」ドラマスペシャル時代をつくった男 阿久悠物語』では、物語終盤、ヒット曲に恵まれなくなったうえに盟友の上村一夫(1986年1月11日死去、演:田中圭)にも先立たれた阿久(演:亀梨和也)による「時代おくれ」の制作過程が描かれた。

    収録曲編集

    1986年盤
    1. 時代おくれ
    2. 人生
    1991年盤
    1. 時代おくれ
    2. 自分のことをどのくらい知ってますか

    カバーした主な歌手編集

    「時代おくれ」は、現在も多くのおやじ世代にカラオケで歌われており、松本人志朝青龍山本浩二久保竜彦らも愛唱歌としている。

    関連項目編集

    脚注編集

    1. ^ 1986年は、東証出来高23億株の史上最高記録(8月12日)や、東京地価上昇率53.9%と、当時の最高記録を次々更新した。
    2. ^ 1987年に、『日経トレンディ』(日本経済新聞社刊)なる月刊誌も創刊された。
    3. ^ a b 「時代おくれがなぜかはやり」『日経流通新聞』1991年9月12日付、27頁。
    4. ^ NHKアーカイブス『阿久悠 歌は時代を語り続けた』 - 2010年7月2日閲覧
    5. ^ 涼風真世、壮一帆ら総勢12人の元宝塚トップスターが「男唄」をカバー!レコーディング風景をダイジェスト公開!”. シアタークリップ (2015年12月23日). 2015年12月25日閲覧。