時代は変る (ボブ・ディランの曲)

時代は変る」(じだいはかわる、原題: The Times They Are a-Changin' )は、ボブ・ディラン1964年にリリースされたアルバム『時代は変る』のタイトル・ナンバー。

時代は変る
ボブ・ディラン楽曲
収録アルバム時代は変る
リリースアメリカ合衆国の旗 1964年1月13日
規格12" アルバム
録音1963年10月24日
アメリカ合衆国の旗 ニューヨーク
コロムビア・レコーディング・スタジオ
ジャンルフォーク
時間3分15秒
レーベルコロムビア
作詞者ボブ・ディラン
作曲者ボブ・ディラン
プロデューストム・ウィルソン
時代は変る収録順
時代は変る
(1)
ホリス・ブラウンのバラッド
(2)
ミュージックビデオ
「he Times They Are a-Changin'」 - YouTube
時代は変る
The Times They Are a-Changin'
ボブ・ディランシングル
初出アルバム『時代は変る
B面 ワン・モア・チャンス
リリース
規格 7" シングル
ジャンル フォーク
時間
レーベル コロムビア
作詞・作曲 ボブ・ディラン
プロデュース トム・ウィルソン
チャート最高順位
  • イギリスの旗 9位(全英シングル・チャート)
ボブ・ディラン シングル 年表
風に吹かれて
b/w
くよくよするなよ
1963年
時代は変る
b/w
ワン・モア・チャンス
(1965年)
サブタレニアン・ホームシック・ブルース
b/w
シー・ビロングズ・トゥ・ミー
(1965年)
テンプレートを表示

ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500(2010年版)では59位にランクされている[1]ロックの殿堂の「ロックン・ロールの歴史500曲(500 Songs that Shaped Rock and Roll)」の1曲にも選出されている。

解説

編集

楽曲

編集

ケネディの大統領就任演説にヒントを得て作られたものとされ、ライターや議員・親たちに向って古い価値観が通用しなくなっていることを説く、典型的なメッセージソングである。民衆の生活感情を主体とした従来のフォークに対し、大学生を中心としたカレッジ・フォークの性格をよく示しており、ディランにその世代のスポークスマンというイメージを与える上で大きな力があった作品である。

曲についてディランは、「たぶん古いスコットランドフォーク・ソングだ。フォークのトラディショナルな曲さ」と発言している[2]アイルランドやスコットランドのバラッド "Come All Ye Bold Highway Men" や "Come All Ye Tender Hearted Maidens" といった曲をベースにしている[3]

レコーディング

編集

「時代は変る」は、1963年の9月から10月にかけて書かれ Witmark Music Publishing Company社への出版登録用にディランがピアノで演奏したデモ録音が『ブートレッグ・シリーズ第1〜3集』(1991年)に収録されている。その後、10月23日24日にレコーディングが行われ、ボブのサード・アルバムのタイトル曲となった。このセッション時の別テイクが、アルバム『ラヴ・アンド・セフト』(2001年)の初回盤に付属のボーナス・ディスクに収録されている。

収録アルバム

編集

スタジオ録音

編集

ライブ録音

編集

カバー・バージョン

編集

アルバム・シングル

編集

コンサート

編集

コンサートではザ・バーズマーク・ボランドン・ヘンリートレイシー・チャップマンブルース・スプリングスティーンジョン・クーガー・メレンキャンプトム・オデールエディ・ヴェダークリス・コーネルファースト・エイド・キットなどがカバーを行っている。

楽曲が使用された作品

編集

映画

編集

2009年に公開された映画『ウォッチメン』のオープニングシーンで使用された。

脚注

編集
  1. ^ Bob Dylan, 'The Times They Are A-Changin' | 500 Greatest Songs of All Time | Rolling Stone
  2. ^ Dylan 'reveals origin of anthem'”. BBC News (2004年4月11日). 2009年8月1日閲覧。
  3. ^ バイオグラフ』(1985年キャメロン・クロウによるライナー・ノート
  4. ^ Kelman, John (2010年6月21日). “Herbie Hancock: The Imagine Project”. All About Jazz. 2021年8月13日閲覧。

外部リンク

編集