時代 (中島みゆきの曲)

シンガーソングライター・中島みゆきの楽曲

時代」(じだい)は、中島みゆきが作詞・作曲した歌である。1975年に中島自身によって発表され、同年に中島の2作目のシングルとしてキャニオン・レコードからリリースされた。その後も別バージョンがたびたび作られ、アルバムやシングルに収録されている。また、他の多くの歌手によってもカバーされている。また、この曲は日本の歌百選に選ばれた。

概要編集

この曲は、1975年10月のヤマハ音楽振興会主催の『第10回ポピュラーソングコンテストつま恋本選会[1]、同年1975年11月16日の『第6回世界歌謡祭』にてグランプリを受賞した[2]。同年にシングルが発売され、20万枚のヒットとなった[3]

『第10回ポピュラーソングコンテストつま恋本選会』でグランプリ受賞後のアンコールで中島は、バックのオーケストラに耳打ちをした後に突如、ギター一本で「時代」を披露した。当時の『ポピュラーソングコンテスト』としては異例だったため、その後の新聞雑誌などでは、バッシングが相次いだ。これには理由があり、ヤマハの創設者である川上源一に「あなたはすごい詞を書く。将来、詞で勝負するようなアーティストに育ってほしい。できれば、大音量をバックにするよりも、ギター一本で歌ったほうが、あなたの詞が人々に伝わると思います」という言葉に中島が感銘を受けたからだという[4]

後年、卒業式で歌われたり、音楽の教科書に掲載されたりして親しまれ、2007年に「日本の歌百選」にも選ばれている。

2010年にはフジテレビ開局50周年記念ドラマ『わが家の歴史』のエンディングテーマとしても用いられた。

本作は44拍子で記譜すると三連符を多用せねばならないため、128拍子で記譜されることもある[5]

中島みゆきによる録音のバージョン編集

シングル『時代』(1975年)バージョン編集

時代
中島みゆきシングル
初出アルバム『私の声が聞こえますか(#1)』
A面 時代
B面 傷ついた翼
リリース
規格 7インチシングル盤
ジャンル ニューミュージック
時間
レーベル キャニオン・レコード
AARD-VARK
作詞・作曲 中島みゆき
チャート最高順位
中島みゆき シングル 年表
アザミ嬢の
ララバイ
1975年
時代
(1975年)
こんばんわ
1976年
収録アルバム私の声が聞こえますか
渚便り
(11)
時代
(アルバム・バージョン)
(12)
テンプレートを表示

オリジナルのシングルは、1975年12月21日キャニオン・レコードからリリースされた。編曲者の船山基紀は、後に薬師丸ひろ子のカバー版でも編曲を担当している。

このシングルにはジャケットが2種類存在し、世界歌謡祭の時にアコースティック・ギターを手にして唄う中島の写真を用いたものと、デビュー当時の中島が軌道を横断しようとしているものである。後者のジャケットの撮影場所は、江ノ島電鉄腰越駅付近。後者の方が稀少である。

オリコンチャートによると売上は16.4万枚と推定されている[6]

『時代』収録曲編集

  1. 時代
  2. 傷ついた翼
    1975年5月に『第9回ヤマハ・ポピュラーソングコンテストつま恋本選会』に初出場した際に歌われた曲。中島はこの曲で入賞した。

ベスト・アルバムへの収録(1975年版)編集

アルバム『私の声が聞こえますか』(1976年)バージョン編集

時代
中島みゆき楽曲
収録アルバム私の声が聞こえますか
リリース1976年4月25日
規格LP
CT
ジャンルニューミュージック
レーベルキャニオン・レコード
AARD-VARK
作詞者中島みゆき
作曲者中島みゆき
プロデュース川上源一YAMAHA
渚便り
(11)
時代
(12)

「時代」は、翌1976年リリースの1枚目のアルバム『私の声が聞こえますか』にも収録された。これは、中島自身のアコースティック・ギターのみの伴奏によるシンプルな別ヴァージョンである。

ベスト・アルバムへの収録(1976年版)編集

アルバム『時代-Time goes around-』(1993年)バージョン編集

時代
中島みゆき楽曲
収録アルバム時代-Time goes around-
リリース1993年10月21日
規格CD
APO
CT
ジャンルJ-POP
レーベルポニーキャニオン
AARD-VARK
作詞者中島みゆき
作曲者中島みゆき
プロデュース瀬尾一三、中島みゆき
時代
(1)
風の姿
(2)

中島は1993年に、アルバム『時代-Time goes around-』でセルフリメイクしている。編曲は瀬尾一三、ストリングス・アレンジはデヴィッド・キャンベルが手がけている。同年にシングル化もされている(後述)。

初期の代表曲とも言えるこの曲を再び取り上げた経緯について中島は、

卒業式で『時代』を使ってくれる学校が多いということを聞き、大変嬉しく思いました。しかし、だいぶ前に発表した作品なので、音が古いことが気になっていました。そこで、現代の音でもう一度この曲を作り直してみたくなったという気持ちがしました。

と語っている。

導入部分で聴かれるライブの音源は、前述の世界歌謡祭の受賞発表の様子で、受賞者・中島みゆきの名を日本語で発表しているのは司会の坂本九、続く英語通訳ジュディ・オングである(両名はこのアルバムの「スペシャル・サンクス」欄にクレジットされている)。

中島本人が出演する郵政省年賀はがきのCMで、1993年から2000年まで8年連続で使用された。

ベスト・アルバムへの収録(1993年アルバム版)編集

シングル『時代/最後の女神』(1993年)バージョン編集

アルバム『時代-Time goes around-』に収録された1993年録音版は、「最後の女神」とのカップリング(両A面扱い)でシングルカットされ、同年12月1日に『時代/最後の女神』として発売された。このシングルでは、冒頭のライブ音声がカットされている。

ベスト・アルバムへの収録(1993年シングル版)編集

シングル『恩知らず』(2012年)バージョン編集

時代 -ライヴ 2010〜11-
中島みゆき楽曲
収録アルバム恩知らず
リリース2012年10月10日
規格CD
ジャンルJ-POP
レーベルヤマハミュージックコミュニケーションズ
作詞者中島みゆき
作曲者中島みゆき
恩知らず収録順
恩知らず
(1)
時代 -ライヴ 2010〜11-
(2)
恩知らず(TV MIX
(3)

2012年のシングル『恩知らず』のカップリングには、「時代 -ライヴ 2010〜11-」として収録された。これは2010年から2011年にかけてのコンサートで披露されたライブテイクを収録したものである。

ベスト・アルバムへの収録(2012年版)編集

アルバム『中島みゆき ライブ リクエスト -歌旅・縁会・一会-』(2018年) バージョン編集

時代
中島みゆき楽曲
収録アルバム中島みゆき ライブ リクエスト -歌旅・縁会・一会-
リリース2018年12月19日
規格CD
ジャンルJ-POP
レーベルヤマハミュージックコミュニケーションズ
作詞者中島みゆき
作曲者中島みゆき
プロデュース瀬尾一三、中島みゆき

(3)
時代
(4)
愛だけを残せ
(5)

2018年に発売されたライブ・アルバム中島みゆき ライブ リクエスト -歌旅・縁会・一会-』には、2012年から2013年にかけてのコンサートツアー『中島みゆき「縁会」2012〜3』で披露された「時代」のライブ音源が収録された。

テーマソング・主題歌・挿入歌としての使用編集

中島みゆき歌唱版の使用編集

その他の使用例編集

シングル化されたカバー版の使用例については、カバー版の各節を参照。

  • 歓喜の歌北海道テレビ制作/テレビ朝日系列)
    エンディングで女声合唱による歌唱が使われた。
  • ミエルヒ(北海道テレビ制作/テレビ朝日系列)
    主題歌として使用。歌唱はコザック前田
  • 音楽の日2019(TBSテレビ系列)
    第1部の大トリ曲として、同番組出演アーティストの一部と同局系のバラエティ・情報番組の主要出演者有志による合唱企画が行われた。なお、中島は出演していない。

カバー編集

薬師丸ひろ子のシングル編集

時代
薬師丸ひろ子シングル
初出アルバム『Sincerely Yours
B面 花のささやき
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル 東芝EMI
作詞・作曲 中島みゆき
チャート最高順位
薬師丸ひろ子 シングル 年表
終楽章
(1988年)
時代
(1988年)
語りつぐ愛に
(1989年)
テンプレートを表示

薬師丸ひろ子による『時代』は、通算12枚目のシングルとして1988年7月29日に発売された。発売元は東芝EMI(現・EMIミュージック・ジャパン)である。

解説(薬師丸ひろ子版)編集

収録曲(薬師丸ひろ子版)編集

  1. 時代 
    作詞・作曲:中島みゆき、編曲:船山基紀
    • 映画『ダウンタウン・ヒーローズ』主題歌
    • CX系『なるほど!ザ・ワールド』エンディング・テーマ
  2. 花のささやき 
    作詞:松本隆、作曲:Wolfgang Amadeus Mozart、編曲:武部聡志

関連作品(薬師丸ひろ子版)編集

Geminiart High Qualityのシングル編集

時代
Geminiart High Qualityシングル
B面
  • BIRTH 01
  • 時代 (tad-mix version)
  • BIRTH 01 (tad-mix version)
リリース
ジャンル
レーベル キングレコード
作詞・作曲 中島みゆき
プロデュース 矢田部正
Geminiart High Quality シングル 年表
-時代
(2001年)
-
テンプレートを表示

Geminiart High Qualityによる『時代』は、唯一のシングルとして2001年7月25日に発売された。発売元はキングレコード

解説(Geminiart High Quality版)編集

収録曲(Geminiart High Quality版)編集

  • 全編曲:Geminiart High Quality
  1. 時代
    作詞・作曲:中島みゆき
  2. BIRTH 01
    作曲:Geminiart High Quality
  3. 時代 (tad-mix version)
  4. BIRTH 01 (tad-mix version)

德永英明のシングル編集

時代
德永英明シングル
初出アルバム『VOCALIST
B面
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP
レーベル ユニバーサルシグマ
作詞・作曲 中島みゆき
チャート最高順位
德永英明 シングル 年表
My Life
(2004年)
時代
(2005年)
SAYONARAの理由/ボクニデキルコト
(2006年)
テンプレートを表示

德永英明による『時代』は34枚目のシングルとして2005年8月31日に発売された。

解説(德永英明版)編集

収録曲(德永英明版)編集

  1. 時代
    作詞・作曲:中島みゆき
  2. 秋桜
    作詞・作曲:さだまさし
  3. 卒業写真
    作詞・作曲:荒井由実
  4. 時代 (instrumental)
  5. 秋桜 (instrumental)
  6. 卒業写真 (instrumental)

一青窈のシングル編集

時代
一青窈配信限定シングル
収録アルバム歌窈曲
リリース2011年12月1日
規格配信限定シングル
ジャンルJ-POP
レーベルフォーライフミュージックエンタテイメント
作詞者中島みゆき
作曲者中島みゆき
一青窈 年表
冬めく/花のあと
(2010年)
時代
(2011年)
Lesson
(2012年)

一青窈による『時代』は、2011年に配信限定シングルとして発売された。

解説(一青窈版)編集

シングルとしては2010年の『冬めく/花のあと』より約1年9か月振りとなり、一青としては初の配信限定シングルとなる。また、本作はデビュー10周年を迎えたことにあたり、10か月連続配信企画の第1弾となる楽曲にもなっている[11]

一青は本作に関して「この曲はレコーディングの際、イントロ部分のストリングスパートの辺りは訪れた情景を思い出しつつ、出会った子供達の笑顔と、涙を流してくれた親御さん達を思い浮かべながら歌わせて頂きました。この曲は「時間が解決してくれる」と言う慰めだけに留まらず、もっともっと根幹を成す自力で立ち上がろうと言うそもそもの人間の持つ本来ある底力に強い信頼を寄せた力強さのある楽曲だと思っています。中島みゆきさんがこの曲を作った当初に描き出した風景とは形は異なるかもしれませんが、私なりに解釈した気持ちと風景を込めて大切に歌い継いで行きたいと思う曲ですね。」と語っている[11]

収録曲(一青窈版)編集

  1. 時代
    作詞・作曲:中島みゆき / 編曲:小林武史

収録アルバム(一青窈版)編集

時代

その他のカバー編集

時代

傷ついた翼

  • 八神純子(2012年、アルバム『VREATH 〜My Favorite Cocky Pop〜』収録)

脚注編集

  1. ^ 第10回 ポピュラーソングコンテスト”. ヤマハ音楽振興会. 2021年8月28日閲覧。
  2. ^ 第6回 世界歌謡祭”. ヤマハ音楽振興会. 2021年8月28日閲覧。
  3. ^ 富澤一誠『フォーク名曲事典300曲〜「バラが咲いた」から「悪女」まで誕生秘話〜』ヤマハミュージックメディ、2007年、361頁。ISBN 978-4-636-82548-0
  4. ^ 大バッシング ギター1本の「時代」に秘めた思い”. 歌っていいな. 日刊スポーツ (2021年1月10日). 2021年11月15日閲覧。
  5. ^ 「ピアノ弾き語り 中島みゆき Best Selection」,シンコーミュージック2012年2月28日, ISBN 978-4-401-02592-3
  6. ^ a b 『オリコン チャート・ブック 昭和43年-昭和62年(20年)アーティスト編 全シングル作品』オリコン、1988年9月、228頁。ISBN 4-87131-021-3 
  7. ^ “山田涼介主演「記憶屋」 中島みゆきが歌う「時代」が主題歌に 75年リリース以来初”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2019年12月10日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/12/10/kiji/20191210s00041000318000c.html 2019年12月11日閲覧。 
  8. ^ a b 『オリコン・シングル・チャートブック(完全版):1968 - 2010』オリコン・エンタテインメント、2012年2月、802頁。ISBN 978-4-87131-088-8 
  9. ^ 山田修爾 『ザ・ベストテン』ソニー・マガジンズ、2008年、341頁。ISBN 978-4-78-973372-4 
  10. ^ 時代|Geminiart High Quality”. ORICON STYLE. 株式会社oricon ME. 2021年8月21日閲覧。
  11. ^ a b 一青窈が10カ月連続配信、第1弾は中島みゆき「時代」カバー”. 2021年4月30日閲覧。

外部リンク編集