時間よ止まれ (矢沢永吉の曲)

矢沢永吉の楽曲

時間よ止まれ」(じかんよとまれ)とは、矢沢永吉の楽曲で、5枚目のシングルである。1978年3月21日に発売。

時間よ止まれ
矢沢永吉シングル
初出アルバム『ゴールドラッシュ
B面 チャイナタウン(販売盤)
燃えるサンセット(資生堂販促盤)
リリース
録音 1978年1月7日[要出典]
レーベル CBSソニー
作詞・作曲 山川啓介(作詞)
矢沢永吉(作曲)
プロデュース 大森昭男ONアソシエイツ
田代勝彦
チャート最高順位
矢沢永吉 シングル 年表
黒く塗りつぶせ
(1977年)
時間よ止まれ
(1978年)
I SAY GOOD-BYE, SO GOOD-BYE
(1979年)
収録アルバムゴールドラッシュ
今日の雨
(7)
時間よ止まれ
(8)
ガラスの街
(9)
テンプレートを表示

解説編集

  • プロデューサーの酒井政利が、1977年に電通主催の「南太平洋・裸足の旅」に参加(阿久悠横尾忠則池田満寿夫浅井慎平らも参加)した際に、サモアで記録された「まるで時間が止まっているようだ」という発言から、「時間よ止まれ」というキャッチコピーが決定し、資生堂のキャンペーンソングを作ることになった。当時CBSソニーに所属していた矢沢のマネージャーからの打診もあり、矢沢に依頼することになった。まずは作詞家の山川啓介に詩を依頼し、その詞が完成したところ、矢沢から「人の詩は歌いたくない」と断られたが、何度も説得したら、「条件がある。矢沢、この歌は一生歌わないよ」と言われた[2]
  • シングルの累計売上はミリオンセラーを記録[3]
  • ザ・ベストテン』のランキングで、初のランクインを果たしたが、その際、出演を拒否した[4]
  • JOMO あの人の物語』で、名取裕子が出演した際、思い出のある楽曲として挙げている。
  • 1978年資生堂CMソングに採用された。また、2014年に再び資生堂のCMソングに再び採用されている[5]
  • レコーディングにはYMO坂本龍一高橋幸宏も参加。

収録曲編集

  1. 時間よ止まれ
  2. チャイナタウン

レコーディングメンバー編集

参加ミュージシャン編集

収録アルバム編集

カバー編集

時間よ止まれ
チャイナタウン

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 田家秀樹『みんなCM音楽を歌っていた 大森昭男ともうひとつのJ-POP』スタジオジブリ、2007年、068ページ。ISBN 978-4-19-862355-5
  2. ^ ヒットソングを創った男たち~歌謡曲黄金時代の仕掛人」濱口英樹 (著)、シンコーミュージック、2018年12月18日発行、53-54ページ。
  3. ^ 富澤一誠『フォーク名曲事典300曲〜「バラが咲いた」から「悪女」まで誕生秘話〜』ヤマハミュージックメディア、2007年、455頁。ISBN 978-4-636-82548-0
  4. ^ この時は、9週連続で、ランクインしている。
  5. ^ 矢沢永吉の楽曲“時間よ止まれ”、36年ぶりに資生堂CMソングに復活(RO69)
  6. ^ サントリーコーヒー「プライドオブボス」トミー・リー・ジョーンズ扮する宇宙人ジョーンズの地球調査シリーズ 第61弾 ボスブランド初代CMキャラクターの矢沢永吉さんも楽曲「時間よ止まれ」を提供 新TV-CM「ボスジャンの先輩」篇 9月5日(火)から全国オンエア開始”. サントリー食品インターナショナル「ニュースリリース」 (2017年8月30日). 2017年9月6日閲覧。
  7. ^ 矢沢永吉役は神尾楓珠「人生初リーゼントにも注目して」 『THE MUSIC DAY』特別ドラマ”. ORICON NEWS (2020年9月10日). 2020年9月13日閲覧。

外部リンク編集