時間領域反射率測定法

時間領域反射率測定法(time domain reflectometry:TDR)とは試料の特性インピーダンスを測定する手法。

概要編集

立ち上がりの速いステップ電圧を試料の両端に印加して、局所的に異なる比誘電率の組成の試料に加わる電圧の時間的変化から試料の内部構造を把握する[1]。計測には一般的にはネットワークアナライザが用いられるがアダプタを使用すればオシロスコープでも測定可能[2][3]。伝送線路上の任意の位置における特性インピーダンスがわかる[4]

用途編集


脚注編集

  1. ^ a b TDR によるケーブル測定の謎
  2. ^ “簡易タイム・ドメイン・ リフレクト・メータの製作”. 作りながら学ぶはじめての高周波回路. ISBN 9784789836432. http://www.cqpub.co.jp:80/hanbai/books/36/36431/36431_p167-169.pdf 
  3. ^ “シンプルなTDRアダプタの製作”. RFワールド (13). http://www.rf-world.jp/bn/RFW13/samples/p127-128.pdf. 
  4. ^ みなさん、TDRをご存知でしょうか?
  5. ^ TDR (時間領域反射率測定)による伝搬遅延の測定
  6. ^ TDRによる土壌水分多点同時計測技術の開発

関連項目編集

外部リンク編集