本来の表記は「晋侯緡」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

晋侯緡(しんこうびん、生年不詳 - 紀元前679年)は、中国春秋時代の君主。姓は姫、名は緡。

晋侯 姫緡
王朝
在位期間 紀元前704年 - 紀元前679年
都城
姓・諱 姫緡
没年 紀元前679年
鄂侯

生涯編集

晋の鄂侯の子として生まれた。紀元前705年に甥の小子侯が殺害されると、翌年に緡が晋侯に擁立された[1]紀元前679年、曲沃の武公が翼の晋宗家を滅ぼし、晋侯緡も殺害された[2]。翌年、武公が晋の国君と認められた[3]

脚注編集

  1. ^ 史記』晋世家および『春秋左氏伝』桓公7、8年
  2. ^ 『史記』晋世家
  3. ^ 『春秋左氏伝』荘公16年
先代:
小子侯
君主
前704年 - 前679年
次代:
武公