晋侯燮(しんこうしょう、生没年不詳)は、中国西周時代のの君主。姓は姫、名は燮父。

晋侯燮
王朝
都城
姓・諱 姫燮父
唐叔虞

生涯編集

唐叔虞の子として生まれた。唐叔虞の死後にその後を嗣いだ[1]。居所が晋水のほとりにあったことから、晋侯と改めた[2]。晋侯燮が死去すると、子の武侯が晋侯となった[1]

脚注編集

  1. ^ a b 史記』晋世家
  2. ^ 史記正義』晋世家所引の『括地志』は『毛詩譜』を引いて、「叔虞の子の燮父は堯墟の南に晋水があることから、改めて晋侯といった」という。
先代:
唐叔虞
君主
次代:
武侯