メインメニューを開く

晋州樹木園駅(チンジュスモグォンえき、진주수목원역)は、かつて大韓民国慶尚南道晋州市に存在した韓国鉄道公社(KORAIL)慶全線廃駅)である。2012年10月23日馬山 - 晋州間の複線化の際に廃止された。

晋州樹木園駅
진주수목원역
チンジュスモグォン
Jinju-sumogwon
◄*坪村 (5.8km)
(4.6km) *班城
所在地 大韓民国の旗慶尚南道晋州市二班城面龍岩里 226-1
位置座標
所属事業者 韓国鉄道公社(KORAIL)
駅種別 臨時乗降場
所属路線 慶全線
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 2007年10月19日
廃止年月日 2012年10月23日
備考 *廃止当時。
晋州樹木園駅
各種表記
ハングル 진주수목원역
漢字 晉州樹木園驛
平仮名
(日本語読み仮名)
しんしゅうじゅもくえんえき
片仮名
(現地語読み仮名)
チンジュスモグォンニョク
英語 Jinju-sumogwon Station
テンプレートを表示

近隣の慶尚南道樹木園朝鮮語版利用客の便宜のために、2007年10月19日から臨時乗降場の形で営業を開始したが、2012年10月23日馬山 - 晋州複線新線開通により、営業を開始してからわずか5年4日、1832日廃止された。慶全線開通以来最短の期間しか営業していなかったこととは裏腹に、この駅には臨時駅にありがちな鉄骨造り等の華奢なホームではないしっかりとしたホーム駅名標はもちろん、トイレまで完備していて、駅舎がない点を除けば基本的な駅機能が備わっていた。

普段は慶尚南道樹木園の開館時間から閉館時間まで1日10本のムグンファ号が停車したが、大型イベントがある場合には、馬山駅からこの駅を経て班城駅までの区間の延長運行をする形で増便運行する場合もあった。駅や近くの施設等では乗車券の取扱いをしていなかったため、乗車券は車内取り扱いであった。

歴史編集

  • 2007年10月19日:臨時乗降場として営業開始[1]
  • 2012年10月23日:慶全線馬山-晋州複線非電化開通により廃止。

脚注編集

  1. ^ 建設交通部告示第2007-420号、2007年10月11日。
[ヘルプ]