メインメニューを開く

晋興郡(晉興郡、しんこう-ぐん)は、中国にかつて存在した晋代から南北朝時代にかけて、2カ所の晋興郡が立てられた。

広州晋興郡編集

本節では、現在の広西チワン族自治区南部に設置された晋興郡について述べる。318年大興元年)、鬱林郡が分割されて晋興郡が立てられた。晋興郡は広州に属し、郡治は晋興県に置かれた。

南朝宋のとき、晋興郡は晋興・熙注桂林增翊安広広鬱晋城鬱陽の8県を管轄した[1]

南朝斉のとき、晋興郡は晋興・熙注・桂林・增翊・安広・広鬱・晋城・鬱陽の8県を管轄した[2]

589年開皇9年)、南朝陳を滅ぼすと、晋興郡は廃止されて、尹州に編入された[3]

涼州晋興郡編集

本節では、現在の青海省民和回族トゥ族自治県一帯に設置された晋興郡について述べる。311年永嘉5年)、張軌により西平郡の境に晋興郡が置かれた。晋興郡は涼州に属し、晋興枹罕永固臨津臨障広昌大夏遂興罕唐左南などの県を管轄した[4]北魏のときに廃止された。

脚注編集

  1. ^ 宋書』州郡志四
  2. ^ 南斉書』州郡志上
  3. ^ 隋書』地理志下
  4. ^ 晋書』地理志上