晋語(しんご、拼音: Jìnyǔ)は、シナ・チベット語族シナ語派言語の一つである。山西省陝西省の北部、河北省西部、内蒙古自治区の西部および河南省の一部で話される。太原語が晋語の代表とされる。1987年の調査によると話者は4500万人。官話方言(北方話)の一部とされることもあるが、官話からは独立した大方言区とすべきであるとの説もある。

晋語
繁体字 晉語
簡体字 晋语
漢語拼音Jìn Yǔ
発音記号
標準中国語
漢語拼音Jìn Yǔ
晋語
晋語/晋语
話される国 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
地域 山西省全域
内モンゴル自治区中部
河北省の一部
河南省の一部
陝西省の一部
話者数 4,500万人
話者数の順位 22
言語系統
表記体系 漢字
言語コード
ISO 639-3 cjy
Idioma jin.png
テンプレートを表示

命名編集

「晋語」の「晋」は山西省の略称であるが、方言区画としての「晋語区」は行政区画としての山西省=「晋」と同一ではない。「晋語区」の中心地域が、山西省即ち「晋」にあるゆえに、「晋語区」と命名された。[1]

下位方言編集

下位方言として以下の8個が挙げられる。

特徴編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 張 麟声「中国語における「晉方言」のイエス•ノー疑問文の構文パターンについて」

関連項目編集

外部リンク編集