晏 弱(あん じゃく、? - 紀元前556年)は、中国春秋時代の政治家。の夷維(現在の山東省濰坊市高密市)の人[1]。子は晏嬰(晏平仲)。斉の頃公の時期、が主催した断道の会にて拘留されたが、苗賁皇の計らいにより、後に帰還した[2]。斉の霊公に東方の萊の攻略を命じられ、紀元前567年にこれを果たした[3]紀元前556年に逝去。晏桓子と称された。

晏弱を題材にした小説編集

関連項目編集

出典・脚注編集

  1. ^ 史記』「管晏列伝」
  2. ^ 春秋左氏伝』「宣公」
  3. ^ 春秋左氏伝』「襄公」