普悠瑪号

台湾の特急列車

普悠瑪号(プユマごう)は、中華民国台湾鉄路管理局が運行する電車自強号(日本における特急に相当する)の愛称で、2012年に落成したTEMU2000型電車で運行される。正式名称は普悠瑪自強号列車繁体字中国語: 普悠瑪自強號列車)。宜蘭線北迴線と電化後の台東線で運行され、2013年2月6日に第一列車が正式に営業運転を開始し[1]、その後は太魯閣号とともに北廻線・宜蘭線、電化後の花東線における高速化・増便に貢献する。

普悠瑪号
普悠瑪号(樹林駅)
普悠瑪号(樹林駅)
運行者 台湾鉄路管理局
列車種別 自強号
運行区間 台東枋寮南港
斗六台北花蓮
樹林~花蓮・台東~新左営
花蓮~台東~新左営
経由線区 屏東線縦貫線南段台中線縦貫線北段宜蘭線北廻線台東線南廻線
使用車両 TEMU2000型車体傾斜式列車
運行開始 2013年2月6日
テンプレートを表示
普悠瑪号
各種表記
繁体字 普悠瑪號
簡体字 普悠玛号
拼音 Pǔyōumǎ hào
通用拼音 Pǔyoumǎ hào
注音符号 ㄆㄨˇ ㄧㄡㄇㄚˇ ㄏㄠˋ
発音: プーユーマー ハオ
台湾語白話字 Puyuma hō
日本語漢音読み ふゆうばごう
日本語慣用読み プユマごう
英文 Puyuma Express
テンプレートを表示
普悠瑪号運行路線図
西部幹線 松山駅
STR+l STRq STRq HSTq STRq STRq STR+r
南港駅 東部幹線
STR STR+l STRq HSTq HSTq STR+r STR
STR STR STR+l BHFq KBHFeq STR STR
台北駅
BHF-L BHF-M BHF-R STR STR
板橋駅
BHF-L BHF-M BHF-R HST-L HST-R
七堵駅
樹林駅
STR KBHFe STR HST-L HST-R
八堵駅 宜蘭線
縦貫線台中線
xABZgl STR+r SPLa HST STR
瑞芳駅
桃園駅
exHST HST vBHF-STR HST STR
頭城駅
中壢駅
exHST HST vSTR HST STR
礁渓駅
新竹駅
exHST HST vSTR-BHF HST STR
宜蘭駅
竹南駅
exHST STR SPLe HST-L HST-R
羅東駅
苗栗駅
exLSTR HST STR HST-L HST-R
北廻線
海岸線 後龍駅
exHST STR STR STR STR
南澳駅
通霄駅
exHST STR STR HST STR
新城(太魯閣)駅
苑裡駅
exHST STR STR STR+l ABZgr STR
大甲駅
exHST STR STR BHF-L KBHFe-M BHF-M KBHFa-R
花蓮駅 台東線
豊原駅
exLSTR HST STR HST HST-L HST-R
吉安駅
清水駅
exHST STR STR ABZgl STR+r STR STR
沙鹿駅
exHST STR STR HST-L KHSTe-R HST-L HST-R
志学駅
台中駅
exLSTR BHF-L BHF-R HST STR STR
林栄新光駅
exSTRl eABZg+r STR ABZgl STR+r STR STR
彰化駅
BHF STR HST-L KHSTe-R KHSTe BHF
寿豊駅
員林駅
HST STR leer ABZgl STR+r STR
田中駅
HST STR HST-L KHSTe-R HST
鳳林駅
斗六駅
KBHFe STR HST HST
光復駅
嘉義駅
leer HST HST HST
瑞穗駅
台南駅
leer BHF BHF BHF
玉里駅
新左営駅
KBHFa-L KBHFa-R STR leer HST BHF
富里駅
屏東線 高雄駅
BHF-L BHF-M BHF-R HST BHF
池上駅
鳳山駅
BHF STR HST HST BHF
関山駅
屏東駅
BHF-L BHF-M BHF-R HST BHF
鹿野駅
潮州駅
HST BHF-L BHF-R ABZgl STRfq STR+r STR
南州駅
HST STRg STR leer KBHFe-L KBHFa-M BHF-M BHF-R
台東駅 南廻線
林辺駅
HST STRg STR leer HST STRf BHF
知本駅
南廻線 枋寮駅
HST STR HST leer leer HST STRf HST
太麻里駅
STR STR STRl HSTq STRq STRr STR STR
STR STRl STRgq STRq STRgq STRq STRr STR
大武駅
STRl STRq STRq HSTq HSTq STRq STRq STRr
金崙駅

愛称編集

太魯閣号の愛称公募に続いて、台湾鉄路管理局と台東県政府の主導で再度民間から公募された[2]。一次選考では一時「太麻里号」が優勢だったが、最終的に「普悠瑪号」がネット投票では8,778票の得票で選ばれ、専門家の協議を経て「普悠瑪号」は最終選考でも最多得票となった。[3] これに対して、太魯閣号を擁し、「新太魯閣号」が妥当と考えていた花蓮県住民は台東県住民の組織票の疑いがあると物言いをつけるなど、県長を巻き込んで物議を醸すことになった。[4]

列車名称の普悠瑪はプユマ語で「集合・団結」を表すとともに、プユマ族の英文表記の「Puyuma」と原住民集落の南王部落/普悠瑪部落(卑南郷に所在。現在は台東市に編入されている。)の呼称も兼ねている。

別名をつけることが恒例の台湾の鉄道ファンからは「赤いアヒル[5](紅面番鴨=ノバリケン)」「サル顔」などと呼ばれている[6]

案内上も従来型自強号とは区別される
   
駅の発車案内(台北駅) 券面の表記

使用列車編集

  • TEMU2000型:普悠瑪号専用のTEMU2000型電車は台鉄が導入する第二弾の振り子式列車であり、日本車輌製造が製造した。この列車は曲線上で非振り子式列車よりも高速通過可能な設計とされ、カーブの多い宜蘭線で大幅な時間短縮を可能にしている。最終的に8連19編成で152両となる。

事故編集

普悠瑪号は2012年10月25日に日本から台湾に輸送された初日、基隆臨港線から甲種輸送されたが、基隆駅で営業時には使用しないホーム端を通過する際に床下機器が接触する事故を起こした[7]。これは作業員が軌道の再敷設時にレールの緩和曲線部の半径の計算を勘違いしていたことによる。列車がカーブに差し掛かったときに床下制御機器の保護カバーとホーム末端部が接触し、擦り傷が発生した。事故後四名の作業部門の職員は職務規定違反により、台鉄より訓戒処分を受けた[8]

普悠瑪号の性能試験の結果、同様の事態が懸念される箇所(列車と曲線ホームの下部の間が近すぎる)について嵩上げ工事を決定し、基隆駅、暖暖駅牡丹駅貢寮駅和仁駅5駅についてホームのコンクリートを削り、彰化駅ではホーム下方にある通常時に駅員の昇降で利用する梯子が外された[9]

2018年10月21日午後4時50分ごろ、宜蘭県蘇澳鎮にある新馬駅付近で、新北市樹林台東行きの列車が脱線、18人が死亡、215人が負傷した[10]詳細)。

運行概況編集

  • 当列車の営業運転は初期は2013年春節期間から行われ、台鉄は太魯閣号とともに「新自強号」の名で運行している[11]
  • 適用運賃:自強号に準じている。(ただし、4・5号車のグループ席は4人分の運賃が必要)[12]
  • 太魯閣号と同じく、全車指定席(当日分販売を除いて立席乗車不可、悠遊カード等ICカード、定期券による乗車不可)指定券を持たずに乗車した場合、不正乗車として、正規運賃のほかに50%追徴金が課される。
    • 運行開始以来、春節などの多客輸送期を除いて長らく定員乗車の原則を維持していたが、2019年5月2日より1列車120枚限定で当日売りの無座票(立席券)を販売することになった。当初は駅窓口、その後駅の自動券売機および公式アプリも対応させる[13]ICでの無座利用は引き続き不可

現在の運行路線編集

2020年12月23日改正ダイヤに基づく[14][15][16][17][18][19]

南迴線・西部幹線
2020年12月23日改正後(定期列車)
列車番号\駅 南廻線 屏東線 縦貫線 備考
台東駅 枋寮駅 潮州駅 屏東駅 高雄駅 台南駅 嘉義駅 台中駅 新竹駅 桃園駅 板橋駅 台北駅 松山駅 南港駅
110 知本・太麻里・大武・鳳山にも停車
136、111
127
東部幹線・南迴線
2020年12月23日改正(定期列車)
列車番号\駅 縦貫線 宜蘭線 北迴線 台東線 南迴線 備考
樹林駅 板橋駅 台北駅 松山駅 南港駅 七堵駅 八堵駅 瑞芳駅 頭城駅 礁渓駅 宜蘭駅 羅東駅 新城駅 花蓮駅 吉安駅 志学駅 寿豊駅 豊田駅 林栄新光駅 鳳林駅 光復駅 瑞穂駅 玉里駅 富里駅 池上駅 関山駅 鹿野駅 台東駅 知本駅 枋寮駅 潮州駅 屏東駅 高雄駅 新左営駅
202 月土日運転
206
218
222
228、238
232
236 日曜運転
252
256
203
211、217
213 土曜運転
223
225
229 南澳・蘇澳新にも停車
233 日曜運転
237 金曜運転
247
406
412
422
438
326 太麻里・金崙・大武・林辺・南州・鳳山にも停車
303 鳳山にも停車
401
425
431
445
西部幹線・東部幹線
2020年12月23日改正(定期列車)
列車番号\駅 縦貫線・台中線 宜蘭線・北迴線 台東線 備考
斗六駅 田中駅 員林駅 彰化駅 台中駅 豊原駅 苗栗駅 新竹駅 中壢駅 桃園駅 板橋駅 台北駅 松山駅 七堵駅 宜蘭駅 羅東駅 花蓮駅 吉安駅 志学駅 寿豊駅
280
273、282
271、288
283

過去の運行路線編集

  • 新自強202 樹林05:49→08:15花蓮
  • 新自強5208 樹林09:20→11:50花蓮(不定期) 2月6日の一番列車はこの列車となる。
  • 新自強5226 樹林12:40→15:05花蓮(不定期)
  • 新自強248 樹林19:09→21:35花蓮
  • 新自強211 花蓮08:45→11:10樹林
  • 新自強223 花蓮15:30→17:55樹林
  • 新自強255 花蓮22:20→00:47樹林
おおむね毎日3往復の計56本[20]。(2編成のうち1編成を運用する。)
  • 2013年2月下旬以降:北廻線、宜蘭線(樹林-花蓮)。
    • 2012年1月に埔心駅南側での幸福水泥踏切事故(Zh:臺鐵埔心平交道事故)でTEMU1000型の廃車とそれに伴うタロコ号の減便を補完する目的で増便された。
金-月曜日の休日前後に3往復[21]
  • 新自強202 樹林05:49→花蓮08:15
  • 新自強226 樹林12:40→花蓮14:59
  • 新自強248 樹林19:09→花蓮21:35
  • 新自強211 花蓮08:45→樹林11:10
  • 新自強223 花蓮15:30→樹林17:55
  • 新自強255 花蓮22:20→樹林00:47
(2編成とも運用)
  • 2013年5月以降:北廻線、宜蘭線(樹林-花蓮)を週28本。
金-月曜日の休日前後に3往復
  • 新自強202 樹林05:49→花蓮08:15
  • 新自強226 樹林12:40→花蓮14:59
  • 新自強248 樹林19:09→花蓮21:35
  • 新自強211 花蓮08:45→樹林11:10
  • 新自強223 花蓮15:30→樹林17:55
  • 新自強255 花蓮22:20→樹林00:47
火-木曜日に1往復[22]
  • 新自強226 樹林12:40→花蓮14:59
  • 新自強223 花蓮15:30→樹林17:55
(4編成とも運用)
  • 2013年7月19日-9月1日:夏季ダイヤとして週74本[23]
  • 新自強202 樹林05:49→花蓮08:15 毎日
  • 新自強5262 樹林07:29→花蓮09:59 金土
  • 新自強5264 樹林09:29→花蓮11:59 毎日
  • 新自強226 樹林12:40→花蓮14:59 毎日
  • 新自強5266 樹林15:39→花蓮18:09 毎日
  • 新自強5268 樹林17:39→花蓮20:09 金土曜日
  • 新自強248 樹林19:09→花蓮21:35 金土日曜日
  • 新自強211 花蓮08:45→樹林11:10 毎日
  • 新自強5263 花蓮11:20→樹林1347 金土曜日
  • 新自強5265 花蓮13:30→樹林15:47 毎日
  • 新自強223 花蓮15:30→樹林17:55 毎日
  • 新自強5267 花蓮18:45→樹林20:52 月-木曜日
  • 新自強241 花蓮19:30→樹林21:57 金土曜日
  • 新自強5269 花蓮20:55→樹林23:21 金土曜日
  • 新自強255 花蓮22:20→樹林00:47 金土日曜日
  • 2013年9月25日以降:ダイヤ改正により週108本に増発[24]
    • 台北駅-花蓮駅間を途中、松山駅のみ停車し、1時間59分で結ぶ直達列車が2往復設定されるほか、
大半は松山・宜蘭・羅東に停車し、所要2時間5分で結ぶ半直達列車になる[25]
タロコ号と合わせてこの区間の振り子式/車体傾斜式列車は概ね1時間ごとの運転となる。
他の形式などと合わせたこの区間の自強列車は概ね平日40分未満ごと、休日30分ごととなる。
  • 2014年7月16日:東部幹線全線電化(7月1日)に伴い台東延伸[26]
  • 2015年
    • 3月24日改正で2往復が知本駅発着となる[27]
    • 10月15日ダイヤ改正:高架化事業に伴い高床ホーム化される台中線のタロコ号を海線経由として普悠瑪号に置き換え[28]。また、知本駅発着の普悠瑪号をタロコ号に置き換え。
  • 2016年
    • 2月6日 - 2月7日:台湾南部地震により台湾高速鉄道の台南地区が、電車線設備故障による不通となったため台鉄は1編成を振替輸送のために送り込み、8727次および8724次普悠瑪自強号として、途中停車駅を台北、板橋、台中、新烏日、彰化、台南、高雄、屏東、潮州に絞った臨時列車を運行した[29]
    • 4月21日のダイヤ改正で松山駅 - 潮州駅間を結び、台北高雄間を3時間30分台で走破する西部幹線系統が1往復設定された[30]
    • 10月20日のダイヤ改正で南港駅 - 潮州駅間を結び、台北高雄間を3時間30分台で走破する西部幹線系統が週末に1往復増発[31]
  • 2017年4月:西部幹線系統が毎日運行となる[32]
  • 2019年12月20日より電化区間が延伸された屏東線枋寮までの乗り入れを開始した[33]
  • 2020年12月23日より台東・枋寮発着便を延伸する形で全線電化された南廻線への運行を拡大した[34]

出典編集

  1. ^ (繁体字中国語)“試乘普悠瑪號 立委:和太魯閣號一樣晃”. 聯合新聞網. (2012年12月20日). http://udn.com/NEWS/LIFE/LIF1/7579526.shtml 2013年1月3日閲覧。 
  2. ^ (繁体字中国語)“台鐵新車命名熱絡 張惠妹入列”. 中央広播電台. (2012年6月28日). http://news.rti.org.tw/index_newsContent.aspx?nid=362850&id=2&id2=1 2013年1月3日閲覧。 
  3. ^ “東部線投入予定の日本製振子電車、愛称は「プユマ」”. フォーカス台湾. (2012年7月26日). https://japan.cna.com.tw/Detail.aspx?Type=Classify&NewsID=201207260007 
  4. ^ (繁体字中国語)“把台鐵「普悠瑪號」想成普拿疼! 花蓮議員言論鬧笑話”. 今日新聞 (Yahoo奇摩). (2012年7月30日). https://tw.news.yahoo.com/%E6%8A%8A%E5%8F%B0%E9%90%B5-%E6%99%AE%E6%82%A0%E7%91%AA%E8%99%9F-%E6%83%B3%E6%88%90%E6%99%AE%E6%8B%BF%E7%96%BC-%E8%8A%B1%E8%93%AE%E8%AD%B0%E5%93%A1%E8%A8%80%E8%AB%96%E9%AC%A7%E7%AC%91%E8%A9%B1-030415888.html 
  5. ^ (繁体字中国語)“台鐵普悠瑪還沒抵台 紅面番鴨綽號已取好”. 自由時報. (2012年10月20日). https://news.ltn.com.tw/news/life/paper/623982 
  6. ^ “台湾鉄道の新車両「プユマ号」、愛称は“サル顔”!?”. フォーカス台湾. (2012年11月26日). https://japan.cna.com.tw/Detail.aspx?Type=Classify&NewsID=201211260003 
  7. ^ “日本から購入の特急車両、基隆駅で一時立ち往生”. フォーカス台湾. (2012年10月26日). https://japan.cna.com.tw/news/atra/201210260003.aspx 
  8. ^ (繁体字中国語)“普悠瑪抵台!車身「卡卡」 鑿月台脫困”. TVBS. (2012年10月25日). http://www.tvbs.com.tw/news/news_list.asp?no=yehmin20121025155641l 2013年1月3日閲覧。 
  9. ^ (繁体字中国語)“防普悠瑪「卡」車 五車站敲掉月台”. 自由電子報. (2012年11月19日). https://news.ltn.com.tw/news/focus/paper/631681 
  10. ^ INC., SANKEI DIGITAL (2018年10月22日). “台湾北東部で特急脱線、18人死亡 175人負傷 日本人の被害情報なし” (日本語). 産経ニュース. https://www.sankei.com/world/news/181021/wor1810210031-n1.html 2018年10月22日閲覧。 
  11. ^ “增加疏運!台鐵新自強號5/2起全線賣站票”. 台視 (Youtube). (2019年4月29日). https://www.youtube.com/watch?v=B1GcoAkg9P4 
  12. ^ (繁体字中国語)“體驗普悠瑪要注意!怕尷尬 桌型座椅一次要訂4張票”. 今日新聞 (Yahoo奇摩). (2013年1月15日). https://tw.news.yahoo.com/%E9%AB%94%E9%A9%97%E6%99%AE%E6%82%A0%E7%91%AA%E8%A6%81%E6%B3%A8%E6%84%8F-%E6%80%95%E5%B0%B7%E5%B0%AC-%E6%A1%8C%E5%9E%8B%E5%BA%A7%E6%A4%85-%E6%AC%A1%E8%A6%81%E8%A8%824%E5%BC%B5%E7%A5%A8-094409206.html 
  13. ^ (繁体字中国語) (英語)TRA Sets to Begin Selling Standing Tickets on May 2 “普悠瑪.太魯閣號5/2起賣站票 限當天購買”. 公共電視. (2019年5月1日). https://news.pts.org.tw/article/430483 TRA Sets to Begin Selling Standing Tickets on May 2 
  14. ^ 臺灣鐵路南迴線列車時刻表 South Link Line 新左營→枋寮→臺東 Xinzuoying→Fangliao→Taitung”. 台湾鉄路管理局 (2020年12月1日). 2020年12月20日閲覧。
  15. ^ 臺灣鐵路南迴線列車時刻表 South Link Line 台東→枋寮→新左營 Taitung→Fangliao→Xinzuoying”. 台湾鉄路管理局 (2020年12月1日). 2020年12月20日閲覧。
  16. ^ 臺灣鐵路西部幹線對號快車時刻表 Western Mainline Line 基隆 → 潮州 Keelung – Chaozhou”. 台湾鉄路管理局 (2020年12月1日). 2020年12月20日閲覧。
  17. ^ 臺灣鐵路西部幹線對號快車時刻表 Western Mainline Line 潮州 →基隆 Chaozhou – Keelung”. 台湾鉄路管理局 (2020年12月1日). 2020年12月20日閲覧。
  18. ^ 臺灣鐵路東部幹線對號快車時刻表 Eastern Mainline Line 樹林→台東 Shulin→Taitung”. 台湾鉄路管理局 (2020年12月1日). 2020年12月20日閲覧。
  19. ^ 臺灣鐵路東部幹線對號快車時刻表 Eastern Mainline Line 台東→樹林 Taitung→Shulin”. 台湾鉄路管理局 (2020年12月1日). 2020年12月20日閲覧。
  20. ^ “来月運行の台鉄プユマ号、コーヒー販売など飲食充実”. フォーカス台湾. (2013年1月13日). https://japan.cna.com.tw/news/aall/201301130006.aspx 
  21. ^ “台鉄特急プユマ号、来月台湾東部幹線に投入”. フォーカス台湾. (2013年1月3日). https://japan.cna.com.tw/news/aall/201301030008.aspx 
  22. ^ “第2陣の日本製振り子式特急車両、26日台湾入り”. フォーカス台湾. (2013年4月26日). https://japan.cna.com.tw/news/aall/201304260009.aspx 
  23. ^ (繁体字中国語)因應暑假人潮 臺鐵局新自強號(普悠瑪)再加開(台湾鉄路管理局最新消息-2013.7.19)
  24. ^ (繁体字中国語)臺鐵局自102年9月25日起部分班次時刻微幅調整(台湾鉄路管理局最新消息-2013.7.23)
  25. ^ (繁体字中国語)“普悠瑪號9月增班 台北─花蓮 只要2小時”. 中国時報. (2013年7月24日). https://www.chinatimes.com/newspapers/20130724000389-260114?chdtv 
  26. ^ “台鐵東部大改點 16日上路”. 中央通訊社 (Taiwan News). (2014年7月15日). https://www.taiwannews.com.tw/ch/news/2527679 
  27. ^ “3/24起 普悠瑪開到知本”. 中央通訊社 (Taiwan News). (2015年3月9日). https://www.taiwannews.com.tw/ch/news/2699143 
  28. ^ “滷蛋變紅番鴨 普悠瑪接棒跑北高”. 中国時報 (好房網). (2015年10月14日). https://news.housefun.com.tw/news/article/412986109718.html 
  29. ^ “為何震央在高雄 卻是台南災情最慘重?”. Taiwan news. (2016年2月6日). https://www.taiwannews.com.tw/ch/news/2879243 
  30. ^ “屏東縣潮州到台北 首班普悠瑪今啟程”. 自由時報. (2016年4月21日). https://news.ltn.com.tw/news/local/paper/981621 
  31. ^ (繁体字中国語)“台鐵大改點 假日增開南港-潮州普悠瑪”. 自由時報. (2016年9月20日). https://news.ltn.com.tw/news/life/breakingnews/1831844 
  32. ^ “屏東增開普悠瑪號 4月起每天行駛”. TVBS. (2017年3月14日). https://news.tvbs.com.tw/life/713309 
  33. ^ “普悠瑪20日延駛到枋寮 一票難求”. 中国時報. (2019年12月19日). https://www.chinatimes.com/realtimenews/20191219000938-260405 
  34. ^ “南廻線全線電化開業、蔡・総統も穴場スポット公開”. RTI 台湾国際放送. (2020年12月21日). https://jp.rti.org.tw/news/view/id/93159 

関連項目編集

外部リンク編集