メインメニューを開く

普津澤 画乃新(ふつざわ かくのしん、1985年4月13日 - )は、日本ゲームクリエイタースクウェア・エニックス所属。元漫画家秋田県大館市出身[1]

経歴編集

週刊少年ジャンプ』(集英社)の月例新人賞であるジャンプ十二傑新人漫画賞で2005年3月期の佳作を受賞した「JIKANGAE」が『赤マルジャンプ』2005SUMMERに掲載されデビュー。『週刊少年ジャンプ』には2007年39号に読切「ANAAKI'S」(第3回金未来杯ノミネート作品)、2012年8号に読切「DOPPELER」が掲載された[1]

その後、スクウェア・エニックスのCGムービー制作部門であるヴィジュアルワークス部に所属するが、『OCTOPATH TRAVELER』では漫画家だった経歴を買われ、主人公8人のうち3人分のシナリオを担当した[2]

主な作品編集

脚注編集

  1. ^ a b “新作漫画は母校がモデル”. 北鹿新聞 (秋田県大館市). (2012年1月19日) 
  2. ^ 【『オクトパストラベラー』インタビュー】1年弱かけて作ったシナリオを捨てる英断。そこから生まれた“ロールプレイ”の旅(1/2)”. ファミ通.com. Gzブレイン (2018年7月13日). 2018年7月22日閲覧。
  3. ^ 『ハッカドール THE あにめ~しょん』第10話は温泉回だが、何やら事件も起こるようで……?”. 電撃オンライン (2015年12月4日). 2018年7月26日閲覧。