メインメニューを開く

晴野 まゆみ(はるの まゆみ、1957年 - )は、日本のフリーライター。東京都出身。

略歴編集

1971年福岡市へ転居。西南学院大学文学部外国語学科英語専攻卒業後、出版社に入社。1988年勤務先を解雇され、フリーライターとして独立。主に情報誌、企業広報誌、雑誌などに執筆。

1989年に元職場の上司に対する福岡セクシュアルハラスメント裁判を福岡地裁に提訴。日本初のセクシュアルハラスメント裁判だった。1992年全面勝訴し、当時の上司、会社に165万円の支払命令が出た。今日のセクハラ防止ガイドラインが生まれる起爆剤にもなった裁判。しかし、法廷で被告側証人に過去の恋愛関係を暴露され、支援者とも考えの食い違いが生じるなど、彼女にとっては「原告A子」であることが大きな苦痛になっていった。法廷ではプライバシー保護のため、当事者の名前を読み上げない異例の措置が取られた。「匿名の『原告A子』となって、全国の女性に自分自身の問題と意識してもらえたが、個人的な感情を表に出せなくなった」という。1996年に実名公表。2001年に裁判の経過を著した「さらば、原告A子-福岡セクシュアル・ハラスメント裁判手記」を出版した。

2015年時点では、株式会社チームふらっとの代表として地域情報誌の出版を行っている[1]

脚注編集